FC2ブログ

ラグーン 川崎 洋食 -贅沢な病院食-

画像1

川崎駅東口を下りて、さいか屋が面する大通りを海方面に向かう。
新川橋交差点の左角にある病院が「総合新川橋病院」である。
ギリシャ神殿ではない。
病院の食堂というと、たいていは味気なくそんなに美味しくはない。
また、学食や会社の食堂を思い出してしまう。
あまり良い想い出はなかった。
しかし、驚くなかれ。
この病院の食堂は、見晴らしの良い最上階8階にある、安くて美味いフレンチレストランなのだ。
“食堂”と言ってはいけない。

画像2       

さて、本日のランチ。
1,050円が、黒豚のロースト、ローズマリー風のソースである。
1,575円が、オキタカベのポアレ、トマトのなんちゃらソースである。
スープはコーンポタージュ。
デザートは、桃のムースだ。

画像3       

突き当りには庭園もある通路を抜けて店内へ。
さすが、病院。
手すりやスロープが設置してある。
もうすぐお世話になる。
スロープの脇には、ワインが無造作に箱に入っていた。

画像4       

では、サラダ。
手作りドレッシングがさわやかだ。
野菜がみずみずしい。

画像5       

コーンスープ。
懐かしいシンプルな味だ。
あまり僕はコーンスープは好んでは食べないが、これなら美味しい。
後味が良い。

画像6       

これが豚さん。
ローストした豚のコクにはトマトか。
リブ肉は脂もあって、良い肉で美味しい。
トマトソースがさわやかだぞ。

画像7       

これは、オキタカベだそうな。
ウメイロのことである。
伊豆七島などでは良く獲れる魚だ。
淡白な白身で、刺身にもなる。
ただ、ソースなどの味で食べたほうが風味があって美味しい。
絶妙のソースだ。
トマトとハーブが絡み合って、素敵なハーモニー。
骨ファンの方には申し訳ないガ、食べた後の残骸は割愛させていただく。

画像8       

ランチなので、一応デザートがつく。
桃のババロア。
桃の餡も美味しい。
僕は、野菜ともに果物は滅多に食べないが、宮古島産完熟アップルマンゴー、木で熟してもいだ佐藤錦、そして、福島産の腐りかけの桃は満腹でも食べる。
何?贅沢?
ミカンはすっぱいし、コタツもないので滅多に食べない。

食べログへ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック