FC2ブログ

金目の煮付け 磯自慢大吟醸純米

金目鯛は大好物である。
そもそも昔は、刺身では食べなかった。
漁師町ではともかく、鮮度を保つのが難しかったのだろうか、東京では大抵は煮付けだった。
また、西京漬けなども美味しかった。

その後、保冷技術の発達に伴ってか、どこでも金目の刺身が食べられるようになった。
脂の乗った金目の刺身は美味い。
特に、伊豆の稲取から新島の沖で取れた50cmくらいのでっぷりしたものは最高である。

でも、三つ子の魂100まで。
僕にとっては、やはり煮付けもかかせない。



画像1
s-P2010020.jpg
で、勝浦産が手に入った。
煮てみた。
濃い口の醤油を控えめに味醂と酒でだ。
どちらかというと薄味でさっぱり目。



画像2
5 P6200116磯自慢大吟醸純米
酒はコレだ。
静岡県焼津市の磯自慢酒蔵が送り出す逸品、酒蔵好適米山田錦を50%まで磨き上げた「磯自慢」大吟醸純米である。
山間からの地下水が大量に湧き出る焼津市。
その水から作られた薫り高い柔らかで上品な酒だ。
磯自慢の酒は、安いものでもバナナのような香りがするが、これはメロンに近いかもしれない。
しかし、甘ったるさは微塵も無く、実に爽やかである。

香りはあるのに、魚の旨味を邪魔するわけでなく、むしろ逆に洗練したものに仕立て上げる。
そんな酒だ。

この至福の一時に乾杯。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック