FC2ブログ

椿 野毛 宮川町 小料理

僕の不出来の部下が、一杯いかがですか?と誘ってきた。
馬鹿者め、日頃の不出来は飲み屋の一:軒程度じゃご破算にはできんぞ。
と思いつつ、外面はいいので、おっ!いいねぇ♪と軽く応じてしまった。



画像1
1P5020014.jpg
で、彼の馴染みの店へ。
野毛は宮川町にある「椿」という20年来通っているという店だ。
店の存在は知っていたが、僕は今回が初めてだ。
だって、看板もメニューも外にはない。
また、僕は脛にいくつも傷があるので、総合探偵社の看板があるというのも、入りづらかった理由の一つだ。



画像2
2P5020002.jpg
入ると左にカウンター、右にテーブル、奥が座敷だ。
わが親愛なる部下はオヤジさんに、ただいま~と挨拶をしている。
馬鹿者、ここでそんなことを言っている暇があるなら早く家に帰ってただいまと言ってやれ、と気が弱いので心の中で毒づいた。
まずはビールときんぴらのお通し。



画像3
3P5020006.jpg
お次は、筍を中心とした炊き合わせだ。
当然、ちゃんとそれぞれを分けて、丁寧に煮てある。
こうしないと野菜の個性を引き出す味にはならない。
安い店に行くと出てくるのは、ごっちゃ煮というごった煮。



画像4
4P5020007.jpg
鮪のぬた。
大好物だ。
酸っぱ過ぎず甘すぎず、良い塩梅だ。
鮪は普通。



画像5
5P5020012.jpg
「椿」という名のここの店とたまたま同名の焼酎かと思っていた。
野毛には、一ノ蔵という店もある。
すっきりしてよい酒だ。
どうも、あとで調べたらこんな焼酎はないみたいだ。
オリジナルラベルらしい。
聞いてみると、多の常連客の名を冠したラベルの焼酎もあるらしい。
別に、Miles Davisであってもかまわないということだ。



画像6
6P55020003.jpg
刺身だ。
スルメイカ、イナダ、カツオだ。
イカは普通。
イナダは新鮮。
カツオはニンニクがなくてもよろし。
それより生姜くれ、生姜。



画像7
7P5020009.jpg
ギンダラの西京漬とナスの煮浸しにタマゴ焼き。
昔、ギンダラなんぞ工場のまかないの定番だったのだが,いつのまにか高級魚になってしまった。
トロトロとした脂が下品だ、と昔の食通だった人たちは言うが、食べ慣れてみると、それなりに美味い。
僕はそんなに嫌いではない。



画像8
8P5020011.jpg
〆にかき揚。
僕はカリカリサクサクの天麩羅はあまり好きじゃない。
ちょっと中まで火を通しすぎたか。
まあ、専門店でもないので、一応マアマアか。

以上お任せで、5,000円。
これもマアマアか。
落ち着いて気軽に飲める良い店だと思う。

食べログへ↓

食事処 椿 居酒屋 / 桜木町駅日ノ出町駅関内駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック