FC2ブログ

ソムタム タイ料理 阪東橋

画像1
1ソムタム(阪東橋)0703260010
僕のお気に入りのタイ料理屋だ。
何がお気に入りかというと、取り立ててはないが、特徴的な点を言うと、

カラオケがない。
タイの若いお姉さん方の歌はなかなか捨てがたいものもあるが、これに日本人のオヤジが絡むと最悪である。
オジサマの歌は聴きたくない。(ん?自分は?)

あと、空調が効きすぎていない。
僕は、原始人なのでクーラーのいる場所に長時間いると、駆逐される。
つまり、すぐに風邪をひく。
だから、真夏でも上着を持ち歩いている。
ここは、ノースリーブの女性にとってはいいが、そういう人とは行ったことがない。

逆に、気に入らないのが、煙草を吸うタイ人の客が多いこと。
総じて、タイ人はよく煙草を吸うし、だいたいタイ人の若い娘にくっついている日本人のオヤジの多くもよく煙草を吸う。

料理は、総じてもの凄く辛い。
これは、言えば調整してくれる。
"本場の味"なので、辛いのは仕方ないが、体調が悪いと拷問である。
また、体調がよくても、翌日はたいていお尻から火が出る。

             

画像2
2P2280052ヤムウンセン
ヤムウンセン。
春雨のサラダである。
これは、鳥の挽肉を使ったバージョンだ。
ニョクマムで香りを付けて食べる。
えらく辛い。
青唐辛子は、中の種はできるだけ取り去ってから食べる。
この種が激辛なのである。
かつて八丈島で島唐辛子の種を食べて死にかけたことがあったが、それに継ぐ辛さである。

          

画像3
3ソムタム(海鮮春雨)0703260022
何だ、これもヤムウンセンか。
微妙に違う。
これは、海鮮春雨

気持ち、海老の量が多い。
イカも入っている。
皿も違う。

             

画像4
4ソムタム(シンハービール)0703260012
ビールが進む。
当然、タイビール。
シンハー。
サンスクリット語で「獅子」のこと。
初め、伝説の麒麟だと疑わなかった。
わりと飲みやすく、アジアのビールでは美味い方だと思う。
東南アジアの麒麟麦酒か。

          

画像5
5カシューナッツ炒め0703100025
どういうわけだか、中華もある。
これは、鳥とカシューナッツの炒め物。
シャンツァイがパラパラとばらまいてあるところがタイらしい。
でも、台湾料理でもやるな。
まあ、日本で、ラーメンや焼き飯があるようなモンだ。
これ、エスニックでなかなか美味い。

          

画像6
アサリの炒め物。
6ソムタム(アサリの炒め物)0701010025
アサリが冷凍であるため、ちょっとボソボソしているのは残念。
味付けは大変美味しい。
牡蛎ソースのような調味料を使っている。
辛さもちょうど良く、ビールが進む。

          

画像7
7P2280047ワイン
ビールばかり飲んでいても、腹が膨れるばかりだ。
最近、すっかりワイン党になっている。
味はロクスポわからないので何でもいい。
この店には、いつも違うワインが置いてある。
ないと、店のお兄さんが、近所のスーパーに買いに行く。
何を飲んでも、3,000円。
酒は総じて高い。

          

画像8
8P2280050茄子のカレー煮
そうすると、ちょっとコッテリ目がいい。
茄子のカレー煮。
こりゃ美味い。
こりゃ辛い。
レッドカレーの粉のような味。
結構気に入った。

          

画像9
9P2280045焼きそば
さて、本日の〆だ。
タイ焼きそば。
これにニョクマムをかけて食べるのだ。
美味い。
やめられない、タイ料理。



画像10
10海老チャーハン0710310031
何が〆だ。
これも美味しいエビチャーハン。



画像11
11ソムタム・(蟻んこサラダ)0703260013
こんなのもある。
アリンコサラダ。
食ったことはない。
今後食う気もない。



画像12
12ソムタム・(タイの唐揚げ)0703260016
こんなんもある。
これ、タイの蒸し物。
写真は、どう見てもタイじゃなくてイサキだろ。
鯛の蒸し物ではなくて、タイという国の蒸し物ということか。
そんなわけはない。




画像13
13ソムタム(像の織物)0703260028
横浜のタイ料理屋のいい加減さで、どこでも何でも料理一皿、だいたい1,000円。
だから、なるべく量があって、みんなで食べられるものにしている。
けして、一人で食べたのではない。
くれぐれも誤解のないように。


食べログへ↓

ソムタム タイ料理 / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック