FC2ブログ

ほうちゃん ホルモン・串揚げ 山手

横浜で山手といえば、高級住宅街。
その昔、かのユーミンが山手のドルフィンでソーダ水を飲んで有名になったところだ。

しかし、高級住宅街は、外人墓地から山元町を経て根岸の競馬場跡へ続く尾根道や、立野方面に上がる丘などの高いところにある。
馬鹿と何とかは高いところに…が唯一当てはまらないところだ。
そして、下界は至って庶民の町なのだ。

山手駅周辺は、これでもか、というほど焼き鳥屋の密度が高い。
30m間隔である。
焼き鳥屋のショーケースだ。
好い店も多い。
これをとっても、どういう町なのかよく分かることと思う。

30年くらい前、まだ、カラオケは演歌や歌謡曲全盛の頃、山手駅そばに、「ゴールデン・ガール」という洋楽専門のカラオケバーがあった。

店名とは異なり、金髪の女の子はいなかったが、マスターがフィリピンで買い付けてくるテープで、ボズ・スキャッグスやストーンズなどを歌ったものだった。
当時の十八番は、マスターとのデュオでの、エバリーブラザースならぬサイモンとガーファンクル仕様の バイ・バイ・ラブ。
”完璧のハモリ”とか言われて調子に乗り、ハーパーを毎晩1本飲んでいた時代だった。

さて、月は地球を地球は太陽を幾度も回り、すっかりおじさんになった。

この辺は、外からの来訪者があまりなく、地元の方々に愛されている店が多い。
わざわざ、山手で電車を降りて飲みに行く酔狂な人はいない。
僕くらいかも。
それゆえ、美味しくないと生き残れない。
さらに、地域柄、舌の肥えている人も多いのかもしれない。

       

画像1
1 0806170020
が、今回は、ホルモン焼き屋で行ってみたい。

ほうちゃん

という。

たまたま、行こうと思っていた焼き鳥屋が休みだった。
前から気になっていたので入ってみた。
JR山手駅から、本牧通りに向かって3分ほど歩いた右側にある。
当たり。
その後、お気に入りとなってしまった。

          

画像2
2 P6170021
まずは、黙っててもキャベツが出てくる。
これかじって、ビールなどを飲む。
付け味噌がなかなか美味い。

          

画像3
3 シロ P6170031
まずはシロ。
ちょっとモゾモゾしていて、僕の好きなタイプのシロではないが、東京の有名店と比べてもそんなに遜色はない。
タレは辛め。
酒を飲むにはこれがいい。

          

画像4
4 ホルポンP6170024
これはホルポンという。
牛のホルモン、大腸をスープ仕立てにしてある。
これをポン酢につけて食べるのだ。
だからホルポン。
ハラミをつけるとハラポン。

こりゃ美味い。
まず、ホルモンの掃除の程度がいい。
脂がしっかりついているが、まったく臭くなく。ミルキーな味だ。
こりゃ、かなりのレベルだぞ。
      
このスープも牛の旨味が出て美味しい。
残ったら、ポン酢をちょっと入れて飲んでも良い。



画像5
5 P6170033
この店には、ホッピーもある。
値段はやや高。
でも、ホルモンにはホッピーだろうな。
あくまでも健康上の理由だが。

          

画像6
6 葱味噌ホルモン P6170027
これは、葱味噌ホルモンである。
ホルモン自体が美味いし、この葱と味噌がホルモンの旨味に溶け合ってなんともいえない味である。
やや脂っこいが、これじゃ酒は止められないでしょ。

          

画像7
7 シビレ P6170028
これは、シビレという。
牛の胸腺も含んだ膵臓 。
これがまた、クチュクチュ、チュルチュルして美味しい。
品物がいいから、いい味を出している。

       

画像8
8 和牛ホルモン 0806260003
本日お薦め、特選和牛ホルモン。
塩とレモン汁で食べる。
美味しさがダイレクトに伝わる逸品だ。
600円と、やや高いが十分価格に勝るお味だ。

          

画像9
9 P6170034
牛の内臓を食べてきたので、お乳も飲むことにした。
嘘である。
マッコリである。
米を原料とした乳酸菌発酵の酒である。
甘いがさっぱりとしていて、脂っこい料理や肉類の料理に合う。
僕は、毎朝、これを飲んでトイレに行って出勤したいほど大好きだ。

          

画像10
10 ウインナ・ネキ P6170036
さて、ここにはもう一つの売りの串揚げがある。
大好きなウインナと玉葱の串揚げ。
ウインナ揚げは、子どもの頃から大好物だった。
部活の後、腹を減らして肉屋さんで買って食べたのが忘れられない。
みんなはソースをつけてもらうのだが、僕だけ醤油だった。
いまだに、アジフライも牡蠣フライも醤油、
が、トンカツだけはソース。
根拠はない。

          

画像11
11 ハムカツ・レバフライ・ヒレカツ・ホタテ P6260006
まだまだ続く、ハムカツ、レバフライ、ヒレカツ、ホタテ。
ハムカツは、やや厚めのサクサクとしたチープなやつだ。
好きだな。
レバフライは、月島で食べたのよりはるかに美味い。
ヒレも品物がよく美味しい肉だ。
ホタテは甘い。
浸してあるソースも、スパイシーで香が良い。
甘くなく、かといって辛くもないよいソースである。

ということで、大好きなホルモンと串揚げの食べられる至福の店である。
いつ行っても混んでいる。
人気があるのはもっともだと思う。

山手の印象は変るが、二つだけ。

いつも言うが、異常に煙草を吸う客が多い。
いつかカウンターで、僕以外全員スパスパやっていた。
椅子を引いて、ひたすら扇子で扇ぎ続けた。

あと、若いヤンキーの兄ちゃんも多い。
声はでかいし騒ぐし。

ベロベロに酔っ払って、倒れ掛かってきたやつもいた。
とっさに肘で避けたら、顔面肘打ちをしてしまって相手がぶっ倒れた。
一瞬ヤンキー軍団と一戦交えるかと思ったら、えらく恐縮されて、全員に丁寧に謝られた。
まだまだ若い者も、すてたもんじゃない。


食べログへ↓

串焼ホルモンほうちゃん 串焼き / 山手駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最初にキャベツが出てくるのは、じゃんじゃん横町(大阪)の串カツ屋と同じですね。あそこは、共用のソース入れを使うので「二度漬け禁止!」です。小皿でタレが付いてくるとは、さすがお上品な土地柄...、かな?

Re: No title

じゃんじゃん横町は飲み歩きましたよぉ。
ソースは、タバコ吸いながら大声で喋っているオヤジの前にあって、灰と唾が良い塩梅に混じっていたと思います。(笑)

この店、ホルモンが主流なので、共用のソース入れは邪魔なのでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゴールデンガール。。。

つい2年くらい前に行ったらマスターお元気でしたよ。
あいかわらず髭生やしていて、スリムでかっこよかったです。
店名はエンジェル・クラブ?というライブバーになっていました。
どっちにしても、店名はヤバイです。(笑)

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック