FC2ブログ

すむばり 宮古島 食堂

宮古島の北、西平安名崎(にしへんなざき)近くにある食堂である。
変な食堂なのではない。
「すむばり」というのは、この辺の地名だそうな。
観光バスもやってくる、宮古では有名な店である。
雪塩の工場と池間島に行く途中で腹が減ったので立ち寄った。

      

画像1
1P1190498.jpg
見るからに、沖縄の食堂である。
なんと地域のビヤホールでもある。
こういう店は好きなタイプだ。
中に入るとこんな感じ。

       

画像2
2P1190501.jpg
右側が入り口、テーブル一つに小上がりがある。
突き当たりがトイレで、その右が厨房、その左にも小上がりがある。
さすがビアホールだけあって外観に比べて驚くほど広い。
ちなみに、右のスーツ姿のおじさん、大神島から一緒。
女性と二人連れで来ていた。
大神島の山頂で、デカイ声を出して祝詞のようなものを唱えていた。
摩訶不思議な変な人たちだったが、気の良い人だった。
タコの化身ではない。
ちなみに、今彼女はトイレに行っている模様。

       

画像3
3P1190503.jpg
これがタコ丼。
さっきのおじさんではない。
ここの名物料理だそうだ。
この店は、狩俣さんという女将がやっているのだが、タコは、譜久村さんというお爺さんの漁師さんが獲ってくるそうな。
このお店のHPでも、「わしが獲ってくるタコは絶品。食べればわかるさ~」とお茶目なコメントをしている。
丼に味噌汁、もずく、パパイヤらしきものの漬物で、700円だった。

       

画像4
4P1190508.jpg
これがパパイヤらしきもの。
シャリシャリしていて美味しかった。
コレで一杯飲める。
残念、レンタカーだった。
パパイヤ定食というメニューもある。

       

画像5
5P1190507.jpg
もずく。
バカウマ。
こういう香りの良いモズクはなかなかこっちじゃ食べられない。
これで一杯飲める。
無念、車だった。

       

画像6
6P1190505.jpg
これがタコ丼だ。
くどいようだが、さっきのおじさんではない、
江ノ島や葉山で食べられる、サザエ丼のような感じ。
タコと葱と青菜を卵でとじたものだ。
タコと卵の他人丼である。
絶賛するほどではないが、普通に美味い。
タコは柔らかいし味はある。
ただ、東京湾や相模湾の地ダコを食べているとねえ…

       

画像7
7P1190506.jpg
せっかくだからとおつゆ代わりに食べたそば。
こっちは美味かった。
スープの香りが良い。
珍しく魚介の突出しないスープだ。
それでいて複雑な出汁が出ている。
これは好き。
具もしつこくなく、美味しく出来ている。

       

画像8
8P1190512.jpg
そして、麺が美味い。
僕は、あまり、”すば”は好きではないのだが、この食感と旨みは気に入った。
タコよりお奨めはそばかな。
腹膨れた。

       

画像9
9P1190513.jpg
しかし、最後の残ったスープにコレをかけ入れる。
メチャ美味い。
これ、あんまり美味いんで、すぐに飲み干してしまう。
こーれ、すーぐ、飲んじゃうんだよねー。
コーレグースという。
島唐辛子を、数週間ほど泡盛に漬け込んだものだ。

しまった、車だった。


食べログへ↓

お食事処 すむばり 沖縄料理 / 宮古島市)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック