FC2ブログ

つじ半 日本橋 海鮮丼

11P6040002.jpg

安くて量があって美味しい丼モンを食わせる店があるという。
誘われていってみた。
そもそも丼モンなんて、僕が子供の頃は、白い飯に醤油をかけて食べる醤油丼、煮魚の骨に残った身をこそぎ落として汁とともに飯に書ける煮汁丼なんてぇのを食べていた。
どんな貧乏してんだ。
と改めて自分の人生を振り返ってみた。
さて、来て見ると何とこんなに並んでいるじゃないですか。





22P6040019.jpg

近所のデパート、といっても高島屋だが、デパ地下で高級日本酒とホヤの干物を買って来て、立ち飲みしながら並ぶことにした。
高級日本酒と言っても、たかが「獺祭」だが。






34P6040005.jpg

酒も飲んだし、つまみも美味しかったので、さて、帰ろうかと思ったが、ここまで並んで悔しいので、待つことにした。
しかし、口寂しい。
ということで、近くにある和菓子の名店、「長門」でくず桜を買ってデザートにした。
さて、帰るか。
帰ってはいけない。
4P6040008.jpg





55P6040011.jpg

ぜいたく丼。
990円。
だと。
醤油丼とか煮汁丼とかは、けして「ぜいたく丼」とは言わないと思うので、これは期待できる。
しかしだな、醤油丼だって煎餅の原料みたいなもんだし、煮汁丼だって鰻のタレと言えなくもないので、食えないものではないのだ。
念のため。





66P6040023.jpg

グレードがある。
酒もあるではないか。
こりゃ天国だ。
と思ったが、すでにデザートも食べているような気がする。
何を食べたかは忘れたが、食べたことはかろうじて覚えていた。





77P6040027.jpg

つじ半という。
実は、つけ麺の『めん徳 二代目 つじ田』と、天丼の『金子半之助』がコラボした店だとか。
そういえば、双方あちこちにあるが、確かに日本橋界隈にもあるな。
店名のつけ方の構造からすれば、つじ田と金子で、キンタでも良さそうだが、大冒険的でもあり、お下品だしなんとなく高級感ないからな。
88P6040028.jpg






99P6040031.jpg

まずは、酔い覚ましのビールで。






1010P6040032.jpg

山盛りだ。
いろんな魚の切れっ端といくらだ。
イナダの刺身もついている。
1111P6040034.jpg




1212P6040041.jpg

山盛で食べにくいので、まずは潰す。
これに、黄身を溶かした醤油をかける。
醤油かけご飯よりも高級だな。
おーっ、こりゃ美味しい。
パクパク食べてしまった。
こういう混沌としたものは美味しいんだよね。
食のカオス。
冷や飯に、刻み海苔とゴマと鰹節を振り掛けて、卵の黄身を落とし、熱々の玉葱の味噌汁をぶっかけてグジュグジュにかき混ぜ、薬味に茗荷と長ネギを添える。
こりゃ美味いだろう、と。
で、あっという間に食べちゃった。





1313P6040044.jpg

そしたら、空の丼をくれといわれた。
何だ、セルフサービスだったのか、と思ったが違った。
これに新たにご飯と出汁を入れてくれる。
ご飯の量もいってくださいね、と言われたが、今更大盛りというのも気恥ずかしいので不通に、と心にもないことを言ってしまった。






1414P6040046.jpg

で、京都は祇園の黒七味を加えるのだ。
だんだん、刻み海苔ゴマ鰹節黄身乗せ玉葱の味噌汁ぶっかけ・茗荷・長ネギ風味ご飯に近づいてきた。






1515P6040037.jpg

取り出したるはイナダの刺身である。
かつて、国会のイナダは失言も度重なり活きも悪かったが、これグー。
普通に山葵醤油で食べて美味しいのだが、味噌ダレがかかっている。






1616P6040045.jpg

では、出し茶漬けに。
エクセレント。
いやー、毎日でも食べたい。
深みのある味わいと甘みとコク。
イナダのサクシャキッとした食感と旨み。
いいねえ。






1717P6040007.jpg

いやー、満足して店を出ると、まだ並んでいるではないか。
たまには、遊びがてらに並んで、路上立ち飲みしてスイーツ食べて満腹になるのもいいなあ。
立ち飲み中のトイレはどうするって?






1818P6040029.jpg

店の前にある看板のこれか。
こんなとこで、小便していくヤツがいるんだな。
本当は、トイレは近くに山梨県のアンテナショップが入っているビルがあるのでそこでね。
時々ワインの試飲もやっているので、その時ゃラッキー。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック