FC2ブログ

菊乃井本店 京都東山 懐石料理

00P7180391_20171209222329a63.jpg

京都と言えば、人それぞれ思い浮かべるものは違うだろう。
寺社仏閣、紅葉、舞妓はん、鴨川、修学旅行、薩長新選組、中国人(どこにでもいるか)、夏暑くて冬寒い(家もだ)、心霊スポット多し、などなど出るわ出るわ。
僕なんぞは、食いしん坊なので、懐石、鱧、鮎、ちりめんじゃこ、おばんざい、漬物、京野菜などの食い物しか浮かばない。
ということで、八坂神社の脇を抜けて、料亭「菊乃井」に向かった。




11P7180518.jpg

「菊乃井」と言えば、大正元年創業の老舗料亭だ。
料亭と言えば、敷居が高いような気もするが、ちょっとした人生の節目の記念日などに、ちょいとお洒落をして、家族や彼女と会食なんていいもんだ。
京都には、たまにはいいかと、気軽に来られる美味しい料亭が多く羨ましい。
ここは、ミシュランなんちゃら星とかのお店で、タイヤ屋さんが評価しているくらいなんで大したことはないと思うが、そんなことはなく、昼なら最低ランクの一万円でも素晴らしい懐石コースが食べられるのだ。
では、さっそく堂々とした玄関から、気後れすることなく堂々と入る。
仲居さんの「おこしやすぅ、ようこそぉ」という柔らかい京都弁がたまらんなー。
ちなみに、「おいでやす」は一見の客に対して言うもので、僕のようなお馴染みさんには「おこしやす」なのである。
というか、予約客だからだ。それも3か月も前にだ。




22P7180515.jpg
仲居さんの案内で、こういった感じの、庭の見える個室が続く廊下を案内されて進む。




33P7180511.jpg

通された部屋はこんな感じ。
庭がきれいだ。
この部屋だけでも、十分満足だ。
さて、帰るか、って帰ってはいけない。
まだ、飯食ってない。酒飲んでない。




44P7180398.jpg

まずは、ようこそ、とお茶が出る。
ちょっと、一息だ。
いきなり、「とりあえず、ビール!」なんてセッカチなことを言ってはいけない。
ここで、仲居さんに心付けを渡す。
心付けをしたからといってサービスが変わるわけじゃないし、サービス料は別に取られるし、いらないんじゃないのってな無粋はなし。お互い気持ちよければいいじゃないっすか。





55P7180406.jpg

さて、時は7月、本日のお献立。
高々五万円のコースである。(税・サービス料別)
嘘である。
こんだけ出て、一万円かー。
こりゃいい。
しかも、今回の目的である、鱧、鮎、そして鯛にぐじ(甘鯛)。
やったね。





66P7180409.jpg

おーっ、八寸である。
普段僕らが普通に食べている八寸は、季節感のある食材が普通の皿に盛ってあるものだが、これは由緒正しい方の八寸。
一辺が八寸(約24㎝)の杉の木で作られたお盆に、酒のつまみとなる山海の幸が盛りつけられている。
嬉しいねえ。
そして、中には金杯に注がれたお酒と、木の盆に盛られた料理が。
美しい。




77P7180411.jpg

上から下がって左側へ。
利休麩と青瓜の雷干しの胡麻味噌和え。
利休麩とは、生麩を醤油で煮てから揚げたもの。
これで、味に一本芯が通る。
雷干しは、DNAみたいにクルンクルンと切った瓜を塩漬けして干したもの。
一つ一つに味のついた素材が奏でるハーモニーである。
手がかかっている。
鱧寿司。
大好物。
タレは案外しっかりしているが、肉厚でコクのある鱧は、これに負けていない。
とこぶし。
お見事。
とこぶしファンの僕も唸る。
甘くなく辛くもなく、なんていいお味。
ぐじ水玉胡瓜。
水玉胡瓜とは、芯を残して桂剥きした胡瓜をねじり広げたもの。
そこに蒸したぐじをロールした。
包丁技一つをとっても、嬉しくなる。
サフラン生姜は彩。
川海老は、甘く煮たもの。
でも、甘くないという手加減。



88P7180417.jpg

では、と言うことで、お酒を。
進むなあ。
酒は、伏見の澤屋まつもと。
すっきりはしているが、味わいの深いお酒だ。
食中酒としてはうってつけで、決してつまみの邪魔はしない。




99P7180418.jpg

この松葉は何を意味するのか。
そこの君、変なことを想像してはいけない。
お酒が垂れても、お猪口の底が浸からないように敷いてあるのである。
こういう配慮はさすが。




1010P7180425.jpg

向付。
膳の向こう側につける料理なので向付というが、二番目に出す料理のことでもある。
刺身を用いることが多い。
で、明石鯛と梅肉和えでと鱧の落とし。
鯛はこの時期脂が乗り、鱧はコクがあって甘い。
美味しいね。
良いものはいいし、旬のものはさらにいい。





1111P7180427.jpg

僕の造る刺身とは雲泥の差で、美味しいだけではなく、美しい。
日本料理の奥深さだねえ。



1212P7180436.jpg

緑色の饅頭に隠元が乗っている餡掛け。
なんじゃこれは。




1313P7180438.jpg

冬瓜饅頭で餡子は海老と真薯。
葛餡に木の芽を散らした逸品だ。
餡の出汁はとにかく素晴らしい。
丁寧な仕事を感じさせる澄んだ味の鰹と昆布出汁が効いて、絶妙の味わいだ。




1414P7180442.jpg

おっ、こりゃなんじゃ。





1515P7180449.jpg

お口直しのトウモロコシのシャーベット。
トウモロコシの風味と香りの、甘さを抑えたシャーベット。
驚きの組み合わせだ。
いやー、参った。
こりゃ美味しい。





1616P7180450.jpg

鮎である。
僕の大好物。
塩焼きを蓼酢でいただく。






1717P7180451.jpg

蓼食う虫も好き好き、ではなく、こりゃ好きにならずにはいられない。
プレスリーもびっくり。
琵琶湖産天然の小鮎である。
確かに、小さいくせに顔が精悍だ。
これ。子供の鮎ではない。
琵琶湖の鮎は、成魚でも10センチを超えることはない。
で、小鮎。子鮎ではない。
琵琶湖にだけ生息する鮎とのことである。
プランクトンだけを食べるという餌に因るところが大きいらしく、これを他の河川に放流したり養殖されたりすると大きく成長する。
しかし、身の締まりがある一方で、脂の乗りは素晴らしく、本当に美味い。
香ばしい脂でホッペが落ちるほどである。
浅学にして琵琶湖の天然小鮎は初めて食べたが、絶品だ。




1818P7180460.jpg

海胆豆腐。
和布を使った餡である。





1919P7180465.jpg

上に乗ったジュレも爽やか。
幾重にも違った味の波が寄せては返すような感触だ。
うーん、手が込んでるな。





2020P7180469.jpg

ちょっと一休み。
庭の様子。
こんな庭を眺めながら、美味いもんを食べて美味い酒を堪能する。
いいねえ。





2121P7180477.jpg

おっ、スィーツか。
しかし、よく見ると、白い餡の上に乗っているのは、和辛子ではないか。







2222P7180479.jpg

中身は豚の角煮。
臭みが全くない。
豚肉を、箸でほぐれるまで柔らかく味わい深く煮込んである。
餡はジャガイモ。
マッシュポテト味わい。
青ずいきが添えてある。
これも、ドイツとかオーストリアで食べるような素材を、見事に和に昇華した逸品だ。




2323P7180482.jpg

では、〆のごはん。
ご飯とお椀と香物である。
香物は胡瓜と茄子。





2424P7180486.jpg

鱧の炊き込みご飯に木の芽を添えたもの。
鱧のコクと木の芽のさっぱり感、ご飯の美味しさ、素晴らしいハーモニーを奏でる。
ガツガツ食えるが、お替りは我慢した。





2425P7180488.jpg

このお椀は、新牛蒡のすり流し。
実は僕は品と育ちが良いので、土臭い牛蒡は好きではない。
また、牛蒡を食べるとどうもただでさえ弱い腸がグルグルして嫌なのだ。
しかし。
これって、牛蒡などに火を通し、ミキサーで撹拌したものに、出汁を加えて鍋にかけたものだと思うが、あっさりしていて、まったく土臭くなく良い風味。
いやー美味い。
何杯でも行けるね。





2526P7180499.jpg

水物。
葛切りである。
これまた黒蜜のシャーベットが爽やかな涼味を演出してくれて美味。
美味しい。



2627P7180502.jpg

本当の締めにお抹茶。
抹茶の水羊羹と白いのは蓮根か?
実に面白い組み合わせの食感。
始め枝豆かと思ったんだが、このミミックの素晴らしさ。
眼でも楽しめるのを実感しました。
恐るべし、日本料理。






2728P7180470.jpg

とにかく、いつも自分が食べているものと一段も二段も違う食べ物だった。
本当に美味しいものをいただいた後の満足感。
食べて見て楽しんで一万円という、この金額なら、年に何度も来たいな。
と思ったが、税・サービス料を入れて、澤屋まつもとを次々とお替りすると二万円近くにはなる。
しかし、料理・部屋・庭・雰囲気、すべて合わせて二万円以上の価値は間違いなくある。
誇るべし、日本料理。
本当に素晴らしい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック