FC2ブログ

ウミウシロールケーキ

15P8040063.jpg
ウミウシという生き物は、嫌いな人にとっては気持ち悪いものの代表の一つかも知れない。
基本的には「色のついたナメクジ」と表現して差し支えないからだ。
しかし、好きな人にとっては、食べちゃいたいくらい綺麗で可愛く愛おしいのである。
昭和天皇だって、ウミウシの仲間を酢の物で召し上がっておられるんだぞ。
なんて、突っ張ってもしょうがない。

大瀬崎のダイビングショップ「海の案内人ちびすけ」は、変な名前のダイビングショップだが、かわちゃんとゆいちゃんの夫婦によるウミウシガイドは最高である。
次から次へと超レアなものやらマニアックなものやらゴミのようなものまで見せてくれる。
ウミウシ好きの方は是非。


で、奥さんのゆいちゃんの作ったウミウシロールケーキ。
本物だったら、吐くところだが、ちゃんとお菓子である。





21P8040067.jpg
これはシロウミウシバージョン。
大瀬崎ではわりかしレアだが、葉山には山ほどいるウミウシだ。
右上のものは不明だ。




32シロウミウシup 葉山・権太郎岩 110130DSCF0022
これが、生きてるシロウミウシ。
実物も美味そうではないか。
そう思うのは僕だけか。
ホルスタインではありません。




33P8040065.jpg
これはシロタスキウミウシバージョン。
けっこうレアなウミウシだ。




44シロタスキウミウシup 大瀬崎一本松 16P6110116
これが実物。
和菓子の餡のようで美味しそうではないか。
そう思うのは僕だけか。

ウミウシは海の宝石ともよばれており(いったい誰が呼んでいるのかは不明である。)、その姿、形、色は多種多彩。
エサの入手などが困難なため、水族館でもあまり見かけない。
ぜひ、本屋でウミウシ図鑑でも立ち見して、その煌びやかな世界を味わってください。
決して、ナメクジではありません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック