FC2ブログ

花長 天ぷら 大鳥居


11DSCF9871.jpg

家のお墓は、江戸の場末、大森にある。
一応、墓参りは、年に4回くらい行く。
墓参りをすると、運転はするしお線香に火は点けるし墓掃除はするしで、腹が減る。
帰りには供養もかねて、昼ご飯を食べていく。
で、地元の叔父さんに、大鳥居に美味い天ぷら屋があるよ、と教わり昼飯を食いに行った。
なんだ、休みではないか。
墓参りは大体土日祝日の午前中に行くのだが、そこが定休日だった。
で、出張帰りの羽田空港からの帰路に、夜、大鳥居で降りてみた。
駅を降りて、品川寄りに渡る。
花長と書いて、はなちょう、という店だ。




22DSCF9875.jpg

では、天ぷらコース、6,000円ので。
まずはビールでつまんで待っていると内暖簾の奥からご主人登場。
ポツリポツリと話す以外、黙々と、天ぷらを揚げる。
実直な職人さんと言う感じ。




33DSCF9877.jpg

まずは、車海老。
香りが良くサラッとした天ぷらだ。
しっかりと揚がっている。
海老の甘みが心地よい。




44DSCF9879.jpg

キス。
愛のある魚だ。
大振りなキスだ。
この魚、ホクホクふんわりとした食感と甘みのある白身が心地よい。
軽くて何枚も食べられる。
活きも良く、キスの真骨頂だ。





55DSCF9880.jpg

植物だ。
専門外なので詳しいことは分からない。
ご主人がボソボソっと説明していたような気もする。
たぶん、百合根とソラマメ。
野菜には愛がないのでパス。




66DSCF9881.jpg

日本酒にするか。
八海山。
スッキリ系の美味しい酒だ。
いくらでも飲めちゃうのが玉に瑕。
って、全然瑕じゃないじゃないか。





77DSCF9882.jpg

いつも食べているカニ蒲鉾ではない。
本物のズワイガニそのものである。
蟹の天ぷらは美味いが、風味がイマイチ。
蟹はやっぱりゆでたヤツを、山葵醤油で食いたいな。





88DSCF9883.jpg

メゴチ。
と呼ばれているものである。
正式な和名は、ネズッポ科のネズミゴチやトビヌメリなどで、これらを総称してメゴチと言っている。「メゴチ」という魚も本当にいるが、コチ科の別種。

コクがあって美味い魚だが、僕は淡白なキスのほうが好き。
亭主淡白留守が良い。
メゴチの天ぷらは、独特の松葉の形をしている。
中骨を境に両側の身を切り分けるのだが、これを松葉おろしという。
これの下ろし方を間違えたものを松葉崩しという。
嘘である。




99DSCF9884.jpg

また、苦手の植物である。
舞茸と獅子唐か。
キノコは植物ではないな。




1010DSCF9887.jpg

掻き揚げ。
芝海老だ。
海老で美味いのは、車海老とこれ。
コレには手はつけない。





1111DSCF9889.jpg

こうやって天汁に浸してな。






1212DSCF9891.jpg

仕上げの掻き揚げ丼に。
なめこの赤出汁も美味しい。
コスパも良く、満足でした。






1313DSCF9895.jpg
店主退場。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック