FC2ブログ

紀川 三浦海岸 寿司

11P4290152.jpg
たまに三崎口にダイビングに行く。
三崎に近い「海の学校」という施設なのだが、セルフダイビングができる。
しかも、浅いので、10Lタンク1本で2本行ける。
1本のロングダイビングでもいいのだが、寒い時期は年寄りなのでおしっこが持たない。
また、一本なので、ふところにも温かい。
で、帰りは、反省会を兼ねて、必ずここで一杯やっていく。
わざわざ三浦海岸で途中下車して立ち寄る「紀川」だ。



22P5210109.jpg
では、まずはビールで。
反省はやはりビールでなくてはならない。
乾いた空気を吸い続けてきたので、喉が渇いているのである。
減圧症防止のためには水分を取らなくてはならない。
しかし、ビールは利尿作用があるので効果はない。
「海の学校」は浅いので、減圧症の心配はあまりないが。
「横浜づくり」とは嬉しいではないか。
ちなみに、三浦は横浜ナンバーであるな。



3
3P5210111.jpg
では、刺身。
本鮪の赤身、真鯛、鯵、ダルマイカ。
新鮮で美味い。
ここ、結構お気に入りの寿司屋さんなのだ。



44P4290116.jpg
刺身お替り。
トロ、鯵、勘八。
もちろん、天然である。
勘八の魚ッ喰い特有のワイルドな味がガツーンと来る。
トロはもちろん三崎の本鮪。
と言っても三崎で獲れるわけではない。
口の中で溶けていく。
しかし、年寄りなので二切れも食べれば宜し。



55P4290125.jpg
じゃ、酒にするか。
これは浦霞。
一応有名どころの良酒がある。



66P5210115.jpg
焼き物行ってみよう。
今日はメバルの良いのがあるという。
さっき、海の中でよだれを垂らしながら見てきたばかりのメバルが皿に乗っている。
魚の旨みと磯の香り、皿だけでなく脂も乗って美味い。
煮ても良いが、塩焼きも美味い。



77P5210118.jpg
これ、鯛の鯛と言われている骨。
ちょうど胸鰭を動かす骨の部分で、付いた筋肉を綺麗に食べると出てくる。
鯛の鯛と言われてはいるが、これは鯛に形が似ているからであって、メバルでもアジでも鯛の鯛は鯛の鯛。
メバルのメバル、なんてことは言わない。



88P4290120.jpg
寿司くうぞ。
まずは、鰯の〆たやつ。
甘くなくさっぱりとした味わいだ。
実は、酢の物はあんまり脂のないものが好きなので、これくらいの鰯がちょうどいい。
おーっ、また新子の季節だなあ。
コハダのちっこいやつで、7月が時期。
寿司屋でまともに食べたらべらぼうに高い。
手間賃だな。



99P5210123.jpg
 では、お好みで。
トロ、ダルマイカ、鯵、鰯。
玉子はおまけ。
酢飯もさっぱりとしていていい。



1010P4290129.jpg
 やっぱり三浦に来たからには鮪だ。
しつこいが三崎で獲れるわけではないが。
メジやキハダくらいなら獲れそうか。
中トロと赤身。
僕は何だかんだと言っているが、本当は魚は何が好きなのかと考えてしまう。
確かに、鮪は五本指に入るかな。
鮪と言っても、本鮪、メジ、インド、マカジキか。
要はマグロが好きなんである。
そして、ヒラメ、鰹、金目、アナゴ、新子、カスゴ。
普通の真鯛はそんなに積極的には食べない。
魚じゃないが、車海老、蝦蛄、アオリイカ、ケンサキイカ、ヤリイカ、スミイカ、赤貝、平貝、煮蛤、雲丹ってとこか。
いつも、行きつけの寿司屋じゃ決まったモンばかり食べてるな。
多分、ちゃんとした寿司屋でこんだけ食べたら、五万円だな。




1111P4290140.jpg
この中トロ、たまりませんな。
よだれが出てきちゃいます。



1212P4290144.jpg
〆は、鉄火とカッパ。
いったい何人で食っとるのか。
ちなみにこれらは、三回分をまとめたものです。

この店、鮪は美味いし、他の魚も地の近海物。
京急のマグロ切符で来るカップルとかウォーキングの爺さん婆さんの群れとよく遭遇する。
普通種だな。
しかし、こっちは喰ってガバガバ飲んでいるので、長っ尻だ。
飲み過ぎ?
だって、肴が美味いんだもん、仕方ねえや。



紀川



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 三浦海岸駅




関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。コメント失礼いたします。
鮮やかなマグロの色が深夜の食欲をそそり、読み進めるのが辛かったです(笑)
一見さんにはハードルが高そうですが、いつかお邪魔したいです(^-^)

Re: タイトルなし

こんばんは。
コメントありがとうございます。
深夜に鮪でご飯!!!
酒の肴程度にしてください。
二日酔い必至。(笑)

京急のマグロ切符参加店ですので、決して敷居は高くないです。
ぜひ、いらしてください。

> こんばんは。コメント失礼いたします。
> 鮮やかなマグロの色が深夜の食欲をそそり、読み進めるのが辛かったです(笑)
> 一見さんにはハードルが高そうですが、いつかお邪魔したいです(^-^)
プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック