FC2ブログ

今津屋 南伊豆 子浦 

11DSCF0579.jpg
南伊豆の西側。
入り組んだ入り江に子浦海岸がある。
伊豆急下田から車で40分。
波の静かな海岸で砂地があり、海水浴もできる。
のんびりと静かな海を味わいたい向きにはお勧めのところだ。
しかし、本当に何もない。





22DSCF0537.jpg
このように波に侵食された奇石が点在する。
海岸をのんびり散策するのも楽しい。
さすがにここまで来ると本当に静かだ。
夏でも、交通の便が良くないためか、ゆっくりゆったりと時間が流れる。
ここの入り江は、プライベートビーチみたいなもんで、夏でも人は多くない。
僕のとっておきのスノーケルポイントでもある。












33DSCF0551.jpg
散歩をすると腹が減る。
では、今津屋さんを訪れる。
手こね寿司を看板にしている地元の魚を使った料理屋さんだ。
手こね寿司とは、魚のそぎ身を醤油ダレに漬けて、大葉や海苔や胡麻などと酢飯にあわせたもの。
忙しい船上で、釣った鰹などをそぎ身にし、醤油につけてご飯に手でこねて混ぜた漁師料理だったものである。




44DSCF0555.jpg
景色がいいぞ。
広い畳の席でのんびり飯が食える。
ここ、色々な芸能人の写真や色紙が飾ってある。
番組の取材のものもあれば、プライベートで来たと思われるものもある。
僕は、芸能人は美空ひばりと石原裕次郎くらいしか知らないので、誰のものかはわからなかったが、友人がクワタ夫妻がいる、と言っていた。





55DSCF0557.jpg
では、黒ムツの手こね寿司。
まあ、豪華。
イクラが乗っているではありませんか。
これは全然地魚じゃないな。
しかし、ムツは美味いぞ。
脂のある魚ではあるが、これは小ぶりなのかそんなに脂はない。
しかし、活きが良い。
この魚特有の甘みのある旨みが口に広がる。





66DSCF0568.jpg
鯵の手こね寿司。
こりゃ美味い。
活きが良いといっても生簀から出したてのようなコリコリではない。
身に弾力はあるがしっかりと旨味と甘みが湧き出るような歯ざわりだ。
こういう味は、漁港ならではのもんだな。





77DSCF0560.jpg
手こね寿司の定食はこんな感じ。
本日は、ひじきの煮たの…もちろん中国産ではない、
自家製のお新香…なんとゴーヤもある、
若布のおみおつけ…岩海苔が良かったな、
が付く。
デザートは、多分そのへんに成っている蜜柑…甘くて美味かった。





88DSCF0562.jpg
では、金目の手こね寿司。
ここのお店は、本日仕入れた魚で手こね寿司を作ってくれる。
魚を教えてもらってその中から選ぶ。
値段はそれぞれで、今日この中では一番金目が高い。
僕は何を注文したかって?
秘密じゃ。





99DSCF0572.jpg
脂がのって実に美味い。
醤油ダレは漬けすぎずサッと合わせただけのようだ。
甘すぎずさっぱりとしているが旨みのあるタレだ。
大葉も海苔も、そして意外や意外、イクラも良いアクセント。
ご飯の上にもタレはかかっていて、思わずかっ込んでしまった。
美味しくいただきました。
いつか、この素晴らしい景色と美味い魚で、じっくりと一杯飲りたいな。
素晴らしい場所の素晴らしいお店である。





1010DSCF0534.jpg


食べログへ
今津屋

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 松崎町その他




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

手こね寿司おいしそうです。
悪い時間に見てしまいました。
お腹がぐうぐう ほんとに音してます。情けない。

私ならば・・・アジがいいな。
プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック