FC2ブログ

桐のや水産 野毛 宮川町 立ち飲み

11DSCF0029.jpg
宮川町の立ち飲み屋である。
以前は、隣の「桐のや」という、銚子の魚を食わせる店が昼間やっていた魚屋さんだった。
魚屋としては普通の魚屋だったが、いつの間にか立ち飲み屋になっていた。
いつも酔っぱらっているので、まだ隣に「桐のや」があるのかどうかわからないが、ここは「桐のや水産」という立ち飲み屋であることは間違いない。
まだ、明るい。




22DSCF0020.jpg
ここの店は、大抵は0.5軒目(1軒目に行く前の景気づけと時間調整で行く店のことである。)か、酔っぱらって重いものを食うにはしんどいか、何かちょっと食って飲みたいか、でも長居はしたくないし、という時にぴったりの店なのである。
では、飲み足らない意地汚い奴の日本酒と、酔い覚ましの品のある奴のビールで乾杯。
品性がまだあるビールが僕である。




33PA220150.jpg
つまみは、平目を揚げて、南蛮漬けにしたもの。
青身の魚ではよくやるが、平目では初めて。
もったいないが。
しかし、刺身の残り物だろう。
僕だったらそうする。





44DSCF0017.jpg
酒飲むか。
何が、酔い覚ましだ。
追撃ではないか。
風の森。
奈良県御所市の創業享保4年(1719年)の蔵元、油長酒造がおくる純米無濾過の生酒だ。
風の森ブランドは、すべて手造りでまったく濾過せず割り水も行わないという生原酒なのだ。
良く冷えていて、フレッシュな感じの若い酒だ。
上品な甘みと酸味が心地よい。





55PA220149.jpg
つまみは、鯵を味噌と鰹節で叩いたもの。
まあまあか。
新鮮ならもっと美味いかな。
しかし、鰹節は良いアクセントになるな。
今度作ってみようと思う。




66DSCF0027.jpg
紀土の純米。
和歌山県は海南市の平和酒造がおくる酒だ。
山田錦55%の爽やかな酒だ。
純米ならではの米の味がする。
温カンのが美味いかも。
紀州の土に育まれたKidというところか。




77DSCF0023.jpg
平目の刺身。
まあまあ。
平目は、…ねえ。




88PA220148.jpg
さて、大好きな酒だ。
食べ物を邪魔しない、さりとて、個性がないわけではない。
旨みがあって爽やかだがコクがあって、食中酒としては僕的には一番だと思う酒だ。
澤屋まつもと。
以前ご紹介した記事だ。
最近お邪魔していないが、今度行ってみようかな。





99DSCF0028_20141019220223586.jpg
では、乾杯。
うーん、美味い。
好きな酒だな。
なんて言うか、ミルキーなんだよね。
何杯でも行けちゃうところがやばい。





1010DSCF0025フエ
鯵の氷膾。
味噌と葱で和えた鯵を氷で混ぜる。
これ、温かいご飯にお茶漬けのようにかけたら美味しいんだよね。
夏ならではのつまみだ。





1111PA220146.jpg
〆はレモン杯。
もう、日本酒は飲めないくらいに飲んだぞ。
水替わりにまたまた酔い覚ましだ。

飲んできた上にさらにこんなに飲んでしまった。
すべて美味い日本酒のせいだ。






1212PA220152.jpg
明日が辛い。
暗くなったと思ったが、まだ20:30だ。
帰るには早すぎる。
もう一軒行くには飲み過ぎた。
僕はどうしたらよいのでしょうか。

食べログへ
桐のや水産

夜総合点★★★☆☆ 3.0

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 日ノ出町駅桜木町駅関内駅


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック