FC2ブログ

安兵衛 ラーメン 三島

11P8160330.jpg
三島っていう街は、なかなか趣のある水の都であり、落ち着いた良い街である。
夜は、人はあまり歩いていないが、飲み屋は多い。
みんな、店に入って飲んでいるからだろうか。
中心地は、三島駅周辺ではなく、伊豆箱根鉄道で一駅行った三島広小路駅周辺である。
そこの外れにこんな店があった。
大衆酒場であり、「究極の三島ラーメン」を出す店のようである。
究極の三島ラーメン?





22P8160334.jpg
店に入る。
ここは、通称「白雪通り」と言うらしいのだが、白雪姫ならぬ、奥さんがお一人でやっていた。
先客は、おじさんと若い白雪姫のカップル。
間違っても親子ではない雰囲気で、しかも常連と見た。
親しげにボトルの焼酎を飲みながら、盛り上がっている。
他人とはいえ、手本にしたい人生である。




33P8160333.jpg
まずはビールで乾杯。
散々飲んだ後だし、もう酒はいい。
ビールは、お茶代わりだが、たくさん飲めばそれなりに酔う。
でも、飲まずにはいられない。
〆のラーメンを食いに来たのではないか。
また、やってしもた。
飲んだ後のラーメン。





44P8160340.jpg
ラーメンが来た。
いわゆる中華そば。
濃い口の醤油ラーメンだ。
醤油の香りは良く、鶏がらと魚介のスープは美味しい。
ただ、化調は強く、この辺は好みの分かれるところか。

昔は、僕は化調入りのラーメンが苦手で、避けて通ってきた。
しかし、寄る年波で、大抵のことは許せたり我慢したり、ドーでも好くなってきた。
人間ができてきたというか、めんどくさくなってきたかのどちらかである。
で、最近は、化調だけで味のつけてあるような代物はともかく、どこのラーメンも大抵食べている。
そもそも場末の江戸は大森の出身でもあり、子供のころから慣れ親しんだ化調に回帰したのであった。
そもそも頭が良くなると言われて、味の素を舐め過ぎて気持ち悪くなって吐いたこともあった。
馬鹿である。



55P8160342.jpg
麺は縮れた中太麺。
これが良くスープと絡んでいい。
麺自体も美味しくて、シャワシャワと食べてしまった。
叉焼は、肩ロースか。
味が染みていて柔らかくて美味しい。
その他、ワカメが特徴的といえば特徴的。

ラーメンを食べている間に何人かお客さんが入ってきた。
遅くまでやっているので地元の方には重宝している店なんだろうなと思う。
こういう店は近所に一軒ほしいな。

酒の〆 夜中のラーメン 今は過去
なんてことは、当分ない。




6
6P8160346.jpg


食べログへ
安兵衛

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:居酒屋 | 三島広小路駅三島田町駅三島駅


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック