FC2ブログ

阿綜麺線 台北 忠孝復興 麺線

11aaP6150552-2.jpg
台湾に行ってきた。
閉所暗所恐怖症なので、長い時間飛行機に乗るのは無理だ。
降りたい!!!!!とパニックを起こしても、ハイどうぞ♪と簡単に降ろしてもらえるような状態にないことがえらーく怖い。
で、近場で昼便。
この病気?になってからの最長飛行記録が石垣島なので、何とか台湾ならと。
念のため、金持ちなので、ゆったりビジネスクラスで閉所感の緩和をし、万全の体制で渡台した。
ちなみに帰りの便のチケット。





22bb2P6150556.jpg
チケットでお分かりの通り、帰りはキティちゃん号だった。





33cc4P6150561.jpg
機内の枕もキティちゃんだった。
この癒し感で、完全に暗所閉所恐怖症は中国大陸の彼方に飛んで行ってしまった。
本当は、中国と韓国が大嫌いなので、台湾にしたのだった。






44ddP6140417.jpg
で、台北はMRT(Middle Range Transport)の忠孝復興駅近くに「そごう」がある。
僕の住んでいる横浜にもあるデパートだ。
台北では、「太平洋SOGO」と呼ばれている。
もともとは、日本の「そごう」と台湾の「太平洋建設」の合弁会社だったらしい。
ここで、お土産なんぞ選んで出たら、その隣にある店で人だかりしていた。
麺類の店らしい。
テイクアウトをしていたバイクのお兄さんに、美味いか?と日本語で聞いたら、ベリー・フェイマス!!!と返ってきた。
会話になっていないようでなっているような、微妙な会話だ。





55ee2P6140420.jpg
ここ、西門町というところで「麺線」を食べさせる「阿宗麺線」という有名店の支店なのであった。
アーツォンミェンシェン。
メニューを見たら、店の名前と同じではないか。
小が50元。
160円くらい。
130元の辛そうなのもあったが、いきなり応用編にチャレンジする自信はなかったので、入門編から行ってみた。





66ff4P6140424.jpg
これだ。
小だけど、結構量がある。
大にしなくて良かった。
先ずはスープを飲んでみる。
えらく鰹出汁が主張する。
コクととろみがあり、ピリッとする。
香菜やニンニクの香りがいい。
具は豚の大腸。
臭みもなく柔らかく良く味が浸みている。
こりゃ美味いし、クセになる。



77fg5P6140425.jpg
麺は細い。
そうめんといった感じか。
柔らかい。
手作りだそうで、煮崩れしない。
驚いたことにこれをスプーンで食べる。
すくうと、ズルズルズルッとカップに戻ってしまう。
食い難いことこの上ない。
しかし、ものすごく熱いので、この程度の量になった方が食べやすいか。
その辺を計算しているとは思えないが。
風味のある美味しい麺だ。

食べていると、次から次へとテイクアウトの客が来る。
また、店内では、若い女性やお兄さんが気軽な感じで一人で食べている。
若い女性はみんな美人じゃないけ。
二人しかいないが。
これ、ニンニク臭いぞ。
恐るべし台湾。
世の中には美味いもんがあるなあ。




88ooP6140414.jpg
近くにあった、家系ラーメン屋。
台北で頑張っているんだな。




99P6140422.jpg




1010P6150562.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック