FC2ブログ

ウーヴァ ラーラ  横浜駅西口 イタリアン

11ウーヴァ ラーラ  横浜 イタリアン140111
横浜の相鉄ジョイナスの地下2階にあるイタリアンである。
どうせ、外食系プロデュースのどっかのチェーン店かと見向きもしなかったのだが、半分そうで半分そうではなかった。

また、ララさんという婆さんがやっている店なのではなく、あの三笠会館の経営であった。
そう、ちょっと高級なレストランチェーン店だ。
三笠会館には、昔法事でお世話になったこともあるな。
銀座数寄屋橋には、和洋中なんでもござれの本店ビルがある。
そういえば、昨日鵠沼店の前を通りかかったなあ。
そこの横浜版イタリアンなのだ。





22P1060001040111.jpg
では、まずビールだ。
まずいビールではない。
言わば、イタリアの麒麟麦酒のようなものだ。
イタリアのシェアNo.1、ペローニ社がおくるアルコール度数5.1%のプレミアムラガー。
オーッ、風味が良く香ばしいが、ちともったい。
ナストロ・アズーロとあるが、青いリボンの意味らしく、でラベルにそれがデザインされている。
イタリア産トウモロコシを使っているらしい。




33P1060003040111.jpg
では、やまと豚のロースト ローズマリー風味。
500円だ。
煮豚のような感じだが、ロースト。
こういうのをつまみながら、ビールを飲むのは美味しい。





44P1060004040111.jpg
緑野菜とツナの唐辛子&ガーリックオイル和え。
これも500円だ。
日頃からの野菜嫌いには、緑が目に染みる。
茹でた野菜をツナなどとガーリックオイルで和えたものだ。
読んで字の如しか。
これなら家でも簡単に作れるな。





55P1060008040111.jpg
チーズ盛り合わせだ。
カビのやつは大好物なのだ。
乾燥イチヂクなどもつまみながら、まったりとやる。
このパンで、けっこうお腹も満足だが、まだまだ脳と舌は満たされていない。
アンシンクロニシティ。
造語だが。






66P1060005040111.jpg
ワイン。
これ、三笠会館のオリジナルだ。
イタリア中央部アブルッツォ州で生産される赤ワインであるモンテプルチアーノ・ダブルッツォ(Montepulciano d'Abruzzo、)だ。
このブランドは、ピンからキリまであるが、モンテプルチアーノ種を使用した緋赤色で、ブルーベリーのような香りを持つ。
酸味もバランスよく、コクもある。
この値段にしては美味しい。






77P1060012040111.jpg
ミラノ風カツレツ。
細かいパン粉を肉にまぶす。
揚げるというより、バターの風味を加えた油でじっくり焼き上げるといった感じのものだ。
パルメザンチーズの香りがいい。






88P1060014040111.jpg
骨付き仔羊肉の炭火焼き 香草風味。
この料理、ここのシェフの得意料理らしい。







99P1060017040111.jpg
塩・胡椒が絶妙だ。
「三笠会館東銀座店」でキャリアを積み、数々の賞を獲った実力派のベテランシェフが、必ずコンクールで作る料理とのこと。
¥2,400は惜しくないぞ。






1010P1060021040111.jpg
さて、仕上げだ。
シンプルな完熟トマトソースのスパゲッティーニ、¥1,260。
本当にシンプルだ。
雑味の無いトマトの香りと甘み。
毎日食べても飽きないスパゲティといったらこれだろうな。

たまには寿司も天ぷらもしゃぶしゃぶも食べたくなるので毎日は食べないが。
素材の良さをきちんと出した逸品。

ここ、値段はそれなりだが、禁煙だし、通路とも遮断されているし、落ち着いてゆっくりと飲んで食べられる店だ。
横浜で、じっくり話をして飲みたいとかいう時にはここでしょ。



食べログへ
オステリア ウーヴァ・ラーラ 横浜相鉄JOINUS店

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:イタリアン | 横浜駅新高島駅平沼橋駅


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック