FC2ブログ

ラストワルツ 横浜 バー

11PC260125.jpg
この店、「ラストワルツ」という。
もちろん、ザ・バンドが1976年に行った解散ライブアルバムのタイトルから来ているのだろうと思う。
このアルバム、ザ・バンドよりもゲストアーチストの方が良くて、そっちばかり聞いていたな。
サラダというが、サラダが脇役の、戸塚は「アンダンテ」のチキンサラダのチキンのような存在だ。

そんなことで、ご機嫌なアメリカン・サウンドを聴かせるバーなのである。
しかも、禁煙。
ジミヘンやツェッペリン大好きな暗い暗い僕にでさえも、居心地の良い素晴らしい店だ。





“裏横浜”と呼ばれる、横浜東口万里橋を渡った先にある。






22PC260129.jpg
ポスターはイーグルスの1979年のツアーのもので、温度計はジャック・ダニエルズか。
いいねえ。






僕の音楽の趣味については、このブログのあちこちに書いている。
しかし、思い付きとかその時の精神状態で書いているので、取りとめも一貫性もないものになっている。

要は、雑食系で、目覚めはジミヘンで嫌でも目覚め、朝食時にモーツァルトに紅茶、通勤はツェッペリンで速足と忍び足に、昼休みにニール・ヤングでまったりして、オスカー・ピーターソンやソニー・ロリンズを聴きながら溜まった決裁をし、ローリング・ストーンズで走って跳ねて退勤。馴染みの飲み屋で坂本冬美と美空ひばりを歌い、家に帰ってパヴァロッティを聴きながら厳かに晩飯食って、風呂で広沢虎造や柳家三亀松を唸って就寝。子守唄にはドビュッシーとキース・ジャレットの日替わりと来たもんだ。























33PC260137.jpg
仕事では気は合わないが、音楽では気が合う仲間と乾杯だ。
当然、ここに至るまで、死ぬ一歩手前まで飲んでいる。
話題は、イーグルスのコンサートに行った回数を競ったり(酔っぱらいは無意味に自慢したがるものなのだ)、ジャクソン・ブラウンのコンサートに独りで行ったやつは”暗い”といじられ、学生時代に付き合っていた彼女がジョニ・ミッチェルが好きで未だにこれを聴くと発情するとか、ニール・ヤングによく似たおっさんが近くの飯場に住んでいたとか、そういうアホなことばかりだ。
その中で「恋するフォーチュンクッキー」を待ち受けにしているやつの話でどっちらけた。(嫌いじゃないが)

で、みんな年なので、なかなかアーチストの名前が出てこない。
一つのテーマで、30分はゆうにかかっている。
あれだよ、あれ、とか言って考えていると、いたずらに時間が過ぎる。
隣の見知らぬ同年輩のグループから、そりゃリトル・リバー・バンドだよ、などと助け舟が出る。
なんだ、オージーバンドではないか。
我らはオジードランカーだ。
うるさい集団なのだ。








44PC260136.jpg
十分食べて飲んできたのだが、ポリポリとナッツを貪り食う。
やはり、わいわい飲るには、ウイスキーとナッツがいいな。
って、ジン・ライムなんて飲んでいたが。
飲み過ぎなので、酔い覚ましなのだ。
さあ、酔いも醒めたので、ジャック・ダニエルズ行くか。





55PC260133.jpg
そろそろ時間だ。
記憶もあいまいになってきた。
カウボーイに促されて帰るか。
ラインストーン・カーボーイたちは、家路に急ぐ。







たべろぐへ
ラストワルツ

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:バー | 横浜駅新高島駅高島町駅






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック