FC2ブログ

鮨大前 寿司 有楽町

11DSCF0243.jpg
有楽町に飲み物持ち込みOKの寿司屋があるという。
それもガード下にあるという。
揺れながら寿司を食って酒を飲んだら、酔いも早く回るかもしれない。
で、東京駅は「はせがわ酒店」で美味しい日本酒を仕入れていそいそと向った。
あった。
確かにガード下。
しかし、こざっぱりとした綺麗な店だ。



22DSCF0245.jpg
カウンターだけの小さな店だな。
予約でいっぱいらしく、ここに座ってと、ど真ん中を指示される。
望むところである。
って、喧嘩をしにいくのではない。
で、料理はお任せで。
で、大豆の塩茹でにちょいと味を利かせた突き出しが出る。



33DSCF0246.jpg
有楽町のヨドバシカメラで買ってきたビールを飲む。
プレモレ…美味いなあ。
ビールはちゃんと店で冷やしておいてくれる。
店主が酒を飲まないので、酒はあることはあるが客の好きなものを持って来いとのことなのだ。
しかも、持ち込み料などというケチなことを言わない。



44DSCF0248.jpg
で、刺身が出てきた。
左が真鯖で右がゴマ鯖。
軽く〆てある。
右側は、帆立貝に甘海老に、鮪の頭の身と鯛。
鯖は、種類と産地の違うものを食べ比べてみろという趣向か。
食べたのは初夏。
真鯖がこんなに脂が乗っているんだなと驚き。
日本は縦に長い国だからこういうことが出来るのかな。
すべて美味しく食べられた。



55DSCF0249.jpg
じゃあ、日本酒。
醸人九平次。
大好きな静岡県の酒で、若い経営者が頑張っている蔵だ。
これ、山田錦の純米大吟醸。
EAU DU DESIR…希望の和泉…という変な名前が付いている。
失礼しました。
精米歩合50%。
う~ん、美味い。
すっきりしながら、なんとも言えない旨みと香り。
持込ならではの贅沢だねえ。



66DSCF0250.jpg
これはアイナメ。
炙りにしてある。
夏のアイナメは美味しい。
上品な脂と甘みと。
江戸前の真骨頂だ。



77DSCF0251.jpg
シシャモ。
普段我々が食べているヒシャモは、キュウリと呼ばれる別物。
これが本当のシシャモで、ちゃんと買うと目の玉が飛び出るほど高い。
味は深みがあり、脂が乗って実に美味い。
贅沢だ。



88DSCF0253.jpg
岩牡蠣。
夏が旬の牡蠣だ。
口に含むと一杯に広がる磯の香り。
海の美味しいところをすべて閉じ込めた味は濃厚だ。



99DSCF0254.jpg
鰹である。
厚切りにしてある。
夏の鰹でこれだけ脂があると嬉しくて気を失ってしまう。
そのくらい美味い。
それも、嬉しいことに腹側である。
もう、この年になったら放射線など関係ないので、復興のためにもバンバン三陸沖の美味い鰹を食いつくしたい。
ただ、痛風には悪いので考え物ではある。
苦しみながら長生きはしたくはない。



1010DSCF0255.jpg
では、磯自慢の大吟醸だ。
もう醸し人九平次は飲んでしまった。
でも、まだ真打が控えていたのだ。
大好きな磯自慢だ。
こりゃたまらんぞ。
メロンのような香りでフルーティで、かといって軟弱さはなく、スッキリだがコクがある素晴らしい酒だ。
この辺から段々と記憶があいまいになりつつある。



1111DSCF0257.jpg
鯨があるという。
ミンクだ。
ネットリと舌に絡みつき、鯨の独特の香りが口の中に広がる。
だが、鯨は、尾の身とベーコン以外、そんなに好きではない。
でも、たまに生姜を和えた竜田揚げが懐かしくなる。
懐かしの給食だ。
古いな。



1212DSCF0261.jpg
寿司が出た。
よく考えたらここは寿司屋だった。
鰯に小肌にバラ寿司のネタみたいな鮪との混ぜ合わせの鉄火巻き。
普通に食べられる。



1313DSCF0262.jpg
〆は甘海老の頭の入った、お味噌汁。
すごい飲んだ。
事実上、720mlの日本酒を二本飲んだ。




1414DSCF0263.jpg
で、最後にちょっと口寂しくて。
雲丹を握ってもらった。
美味い。実に美味い。

ここ、酒は持込で持ち込み料はないし、魚の活きもいい。
結構満足なんだけど、何か物足りないんだよな。

多分、ネタで食わせるけど、もっと仕事のした寿司を食いたいということかもしれない。
新鮮だけならなんでも言い訳ではないから。
って、贅沢だよね。


食べログへ
鮨大前

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:寿司 | 日比谷駅有楽町駅銀座駅


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック