FC2ブログ

熊野 橿原神宮前 居酒屋

11DSCF0427.jpg
奈良県に出張に行った。
泊りは、橿原神宮前駅というところだった。
ここには、橿原神宮がある。
もし、なかったら詐欺みたいなものである。
「日本書紀」に、初代天皇である神武天皇がここで即位したという記述があり、これに基づいて、明治23年(1890)に建てられたものだ。
祭神は神武天皇と皇后の媛蹈韛五十鈴媛。
皇后は、読めない。
「ひめたたらいすずひめ」らしい。
それで、夜、ちょいと飲み足らないので、街に繰り出した。
雨の中、「熊野」にたどり着いた。



22DSCF0430.jpg
ホテルの居酒屋紹介に載っていたし、雨でそんなに遠くに行く気がしなかったので決めた。
まずは、ビールに筍煮。
辛くなく甘くなく濃くなく、美味しいぞ。
店内は、入って左側が座敷、右側がカウンターで、カウンターの奥が厨房のようだ。



3まるまるま
大和肉鶏の焼き物。
この鶏、シャモ、名古屋コーチン、ニューハンプシャーの3種交配種だ。
普通ブロイラーは、2カ月くらいで出荷するらしいが、これはその2倍の120日をかけるらしい。
そうすると肉の締まりが良くなる。
噛むと口の中に広がる旨味がウリらしい。
確かに、歯ごたえがある。
噛めば噛むほど旨みが広がるぞ。
普通の鶏かと舐めてかかると、顎をやられる。



44DSCF0439.jpg
では、酒を。
倭という。
ヤマト。
奈良県橿原市御坊町の地酒、喜多酒造株式会社がおくる純米酒だ。
バランスの良い、口当たりの軽い酒だ。
淡麗辛口。
やはり地元に来たら地元の酒だなあ、と思ったが、まあまあというところか。
梅乃宿か篠峯が飲みたかった。



55DSCF0432.jpg
次は旬の鱧。
僕は、これが大好物である。
骨切りしたものを湯引きにして氷水でさらす。
梅肉をつけて食べる。
口の中に鱧の濃厚な旨みと梅の爽やかな香りが広がる。
噛めば噛むほど旨みは増し、品の良い脂が口の中に広がる。
こんな美味いもんはなかなかない。
が、ちょいと生臭かったかな。




66DSCF0436.jpg
鮎の活き造りがあると言う。
初めて食べる。
僕は実は川魚はあまり好きではない。
何故かっていうと、海の香りがしない。
当たり前だ。
しかし、どういう訳か、鰻と鮎は大好物だ。
当たり前だ。
どちらも海で育つではないか。
あっ、そうだったのか。



77DSCF0437.jpg
アイナメという海の魚がいる。
名前の由来は、そういうエッチな理由からではない。
鮎並みに美味しいからだ、という説がある。
アユナミ…どうも眉唾臭い。
オヤジギャグではないか。
刺身で出て来た鮎は、どちらかと言うと鱚っぽい感じだ。
さっきまで生きていたので、身はシャキシャキだが辺に柔らかかったり堅かったりということはない。
淡白で美味しいぞ。
夏の涼風が通り抜けるようだ。



88DSCF0444.jpg
おっ、オコゼの唐揚げだ。
オニオコゼという。
顔は悪いが、上品な白身で、薄造りにしてポン酢で食べたり、唐揚げにしたりすると絶品である。
美人ばかりが女ではないぞと実感できる美味い魚だ。
かっこいいイケメン男ばかりが男ではないぞと返された。
ちょっと揚げ過ぎの感じはあるが、旨みや風味があって良い。

二人で行ったのだが、わりと高めだった。
良いものばかり食べたので高かったと思うだろうが、食べ物はそう高くはない。
300ccの酒を6本も飲んだことが、敗因であった。



99●DSCF0470
樫原神宮本殿。


食べログへ
ろばた焼熊野

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ろばた焼き | 橿原神宮前駅


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック