FC2ブログ

熊の茶屋 居酒屋 和田町

11P2210016.jpg
森の熊さんが、ある日三浦半島は佐島港で散歩をしていたら、美味しい魚に出遭った。(出遭った~)
そこで、熊さんは魚を買って和田町で商売してみたのが、この店である。
熊の茶屋だが、酒を出す。
熊さんが和田町で商売をして、25年になる居酒屋。
釣り好きのマスターとママがやっている店だ。



22P2210019.jpg
所狭しとメニューが並ぶ。
越の寒梅が一杯600円。
いか納豆丼が550円か。
食べたことはないが。



33P2210020.jpg
本日は、料理はお任せでお願いした。
まずは、ホッケの干物。
実によい色合いではありませんか。
干物ってこういう色じゃなきゃいけないや。
僕は、ホッケとか鰊とかシシャモとかコマイとか、ああいうアクのある北の魚の干物が大好物だ。
人間としてはアクはない。
酒が進むねえ。



44P2210017.jpg
で、越乃寒梅が来た。
これはお任せではないので、別料金。
今日は3人で宴会だ。
お皿までこぼれた寒梅をズズッとやる。
やはり、寒梅はそれなりに美味しい。
スッキリとしていてくどくなく、いくらでも飲めちゃう酒だ。
が、後が怖い酒だ。
出来れば、こういうタイプの女性とは関わりにならない方がいい。



55P2210023.jpg
はい、刺身の盛り合わせ行ってみよう。
上から下へ、左から右へ。
イサキの活き造り。
イサキって魚は本当においしい。
いつか、西伊豆の雲見で、船頭と二人で手釣りで1束ずつ釣ったことを思い出す。
あの時は、冷凍したものも含めて、1カ月かけてイサキを食いつくした。
しかし、未だに好きな魚だ。
どういうわけか卵焼き。
巨人大鵬卵焼き。
僕は、大鵬より柏戸の方が好きだった。
母の故郷、山形県出身だからであるというローカルな理由によるものだ。
鯵の刺身。
活きの良い鯵だ。
堪能した。
ホウボウ。
モッチリしていて上品で淡白すぎて、下品な僕としては、そんなに刺身として好んでは食べない魚だ。
頭や骨で出汁を取って、お椀ダネにして食べるのは好き。



66P2210031.jpg
まあ、どうぞ、とおかみさんに酒を注いでもらった。
酔っぱらっていて、なんという酒か失念したが、美味かった。
三百年たっても思い出せない。
ここ、なかなか良い日本酒が揃っている。
しかし、値段もそれなりだなあ。
横国大生割引とかあるんだから、ダイバー割引とかやってくれないかなあ。



77P2210028.jpg
魚だけでなく、焼き鳥もある。
といっても、鶏と豚の混成チームだ。
専門外?なんだろうが、これもなかなか美味かった。
タレの味も良く、パクパク行ってしまった。



88P2210029.jpg
鯵の唐揚げの南蛮漬け。
大好物である。
これはどこでもあれば必ず頼むほどである。
頭からバリバリと、中骨もバリバリと。
これで骨粗鬆症も怖くない。
毎日食べていればだが。
代りにグルコサミンを毎日飲んでいる。



99P2210024.jpg
〆はおしんこ。
手作りみたいだ。

この店、酒をガバガバ飲み過ぎたせいか、料理お任せ2,000円のわりには高かった。
当たり前だ。
良い日本酒をガバガバ飲んで安かったためしはない。
しかし、和田町に行ったら、お勧めの店の一つではある。
ただ、普通わざわざ滅多には行かないかなあ。

食べログへ
相模湾の魚 熊の茶屋(和田町商店街)

夜総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 和田町駅上星川駅星川駅


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック