FC2ブログ

芳すし 関内 寿司

関内駅の程近く、関内駅前第一ビルというのがある。
2階から上は、市の教育委員会が入っているのだが、地下は、なんと飲み屋街なのである。
学校の先生はストレスが溜まるので、福利厚生やカウンセリングの一環でこうなっているのかと思う。



11P3260079.jpg

この飲み屋街の一角に「芳すし」がある。
この店、ランチの寿司が安くて盛りが良いことで有名だ。
昼間は大行列が出来ているらしい。
また、ここは安くてそこそこのつまみがあるので、夜もいつも混んでいてなかなか入れない。
だから、ここで飲むときは必ず予約を入れる。
しかし、当日だと予約が取れないことも多い人気店だ。



22P3260080.jpg

では、まずはビールで乾杯。
僕は、ひ弱な体質なので、病原菌とかに極めて弱い。
生ビールのサーバーがちゃんと掃除されていないと死んでしまう可能性がある。
だから、生ビールは飲まない。
ビールは瓶だろう。
しかも、大瓶だろう。
とか考えながらトイレに行ってたら、生を既に頼まれていた。
これを書いているので、黴菌にはやられなかったらしい。



33P3260082.jpg

ここのつきだしは、おでんである。
おでん好きの僕としては嬉しい。
大根はよく味が浸みているし、さつま揚げは柔らかく、ダンゴはお替りをしたくなるほど美味い。
縁にへばりついている赤いのは「かんずり」という。
新潟は妙高高原の(有)かんずりの登録商標だ。

雪にさらした唐辛子を、4年ほどかけて熟成醗酵させて作るそうだ。
雪にさらすと、唐辛子のアクが抜けるそうな。
柚子胡椒とかんずりは、僕んちには欠かせない調味料だ。



44P2120005.jpg

では、焼酎いってみよう。
薩摩の芋焼酎「さつま若潮」。
黄金千貫というさつま芋があるらしいが、それを100%使用の芋焼酎だそうだ。
しかし、凄い名前だ。
芋が黄金にかなうわけがないだろうが。
例えだとしても、誇大広告で摘発は免れないのではないかと心配だ。
が、イモの男子が寄ってたかって飲むにはちょうど良い。



55P2120008.jpg

では、コップでお湯割りと行こう。
やわらかな口あたりだが、すっきりとして美味いぞ。
コップは宝海だな。
なんと韓国のものではないか。
しかも、甲類だ。
入れ物と中身が全然違うものは多い。
これは中身が良いからいいか。



66P2120010.jpg

つまみは、鰯の味醂干し。
こんなのをつまみに飲るのはたまらんな。
味醂干しって、甘いが、好き。



77P3260085.jpg

では、鯖の味醂干し。
こんなのをつまみに飲るのはたまらんな。
味醂干しって、甘いが、好き。
脂もあるし、美味しい。




88P3260081.jpg

次はこれだ。
白玉の露。
甘みはあるが、スッキリとしている。
市販価格は安いらしいが、実にコスパがよろしい。
芋の香りも鼻につかず、こういう酒はいくらでも飲めるところが危険だ。



99P3260084.jpg

では、乾杯。
また、宝海ではないか。
どうも、韓国とか中国は嫌いだ。
北朝鮮の方が可愛いと思うこともあるくらいだ。
しかし、韓国のコップで薩摩焼酎を飲み、中華街で美味い美味いと飯を食う。
どうも、信条と行動が一致していない弱さがあることは否めない。
まあ、酒の上の話ということで勘弁してほしい。



1010P3260083.jpg

刺身行ってみよう。
上から下へ、左から右へ。
これ、一人前である。
実に大盛り。
これ、800円もしない。
人気店であるわけだ。
玉子は自家製。
鮪はバチの赤身。
蛸は地蛸のようだ。
烏賊はスルメで、烏賊蛸人間は大喜びだ。
平目は食べごろか。
青柳は甘みがあって宜しい。
蒲鉾は愛嬌か。



1111P3260086.jpg

刺身が足りないので、蛍烏賊。
この烏賊、当たり外れがあるから頼むのも躊躇する。
結論から言うと、これは今二。
甘みとコクが足りないかな。



1212P3260089.jpg

この店で必ず頼むのはこれである。
大好物の蟹コロッケ。
これの美味い店はそんなにない。
しかし、ここのは必ず頼む。



1313P3260090.jpg

ご覧のとおりクリーミー。
ちゃんと蟹の味がする蟹コロッケだ。
当たり前か。
でも、カニの味のしないカニコロッケは山ほどあるぞ。
それからすき焼きの味のしないすき焼きふりかけ。
僕は好きだが。
これ、5ケは食べられる。


1414P3260091.jpg

お決まりの日本酒である。
ビールから今焼酎を辿り、ついにここに行きついた。
八海山である。
ここの日本酒は美味しい。
日本酒は生き物なので、封を切ったらすぐに飲まないと劣化して、香りも口当たりも風味も極端に落ちる。
ここは、一升瓶でとっても、開けたら、すぐ飲めとうるさい。
儲けのためではなく、そういうこだわりは嬉しい。



1515P2120012.jpg

では、3色巻である。
鉄火に沢庵に干瓢。
これつまみでも結構行ける。
僕は鉄火巻の次に干瓢巻が好きだ。
沢庵巻は好きじゃない。
必然的に、まずは鮪から食べて行く。
沢庵ばかり残しやがってと嫌われる。



1616P3260092.jpg

では、本業の寿司に。
上左から右に。
鯖は半生の〆で、程よく脂が乗って美味い。
小肌は、酢の加減も甘すぎず、スッキリと仕上がっている。
赤貝と蝦蛄は普通。
これじゃ食い足りないぞ。



1717P2120013.jpg

トロと帆立と蝦蛄。
何だ、普通と言っておきながら、また蝦蛄を食うのか。
大好物なのである。




1818P3260087.jpg

煙草を吸いたいと言うので、カウンターから追い出した。
今日は珍しく空いている。
で、他の席に移動しての喫煙。
「寿司屋で煙草は吸わないで」って歌があったな。
ありゃベッドか。


食べログへ
div>芳すし

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:寿司 | 関内駅伊勢佐木長者町駅日本大通り駅


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
匍匐前進の日々 (3)
今日の料理 酒の肴 (21)
旅・街歩き・散達 (7)
自然観察 (6)
it`s only Rock`n Roll (1)
食べ歩き (231)
野毛・桜木町・日ノ出町・戸部  (36)
関内   (29)
石川町・中華街・山手・新杉田   (18)
葉山・逗子   (18)
阪東橋・吉野町・井土ヶ谷・弘明寺・上大岡・港南中央     (20)
伊勢佐木町   (20)
神奈川~鶴見   (5)
横浜   (8)
戸塚・東戸塚     (6)
相鉄線   (3)
鎌倉・大船  (8)
金沢・横須賀・三浦 (8)
川崎   (2)
湘南 (4)
伊豆 ・静岡県 (7)
奄美大島   (2)
沖縄本島  (7)
宮古島  (5)
石垣島  (4)
その他の地域・国 (21)
東京 (23)
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック