FC2ブログ

やまとなでしこ 逗子 居酒屋

11DSCF0293.jpg
逗子駅は、ちょっと暗がりな道を逗子警察方面に向かって歩く。
ここで、暴漢や痴漢に襲われても、逗子警察はかなり遠いので助けはまず来ない。
というほど、寂しくはない。
この辺、ちらほらとお店も増え、ちょっとしたグルメスポットになってきた。
その道の京急逗子線踏切の手前、右側にこの店はある。



22DSCF0297.jpg
「やまとなでしこ」という。
昔、キョンキョンが「ヤマトナデシコ七変化」という曲を歌っていたな。
恥ずかしながら、ずっとファンであったが、確かに見る目はあった。
今、聖子よりも上品に年を取っているではないか。
絶対に整形だと言ってたやつがいるが、そんなことはないと信じきっている。
この先崩れるかもしれないが。
そしたらまた整形すればいいではないか。
しかし、この店の中は上品とは言えない、値札のディスプレイであった。



33DSCF0097.jpg
付きだしだ。
玉丼の具である。
美味いではないか。
ご飯が欲しい。
いかん、まだ乾杯もしていない。



44DSCF0299.jpg
イカの黒造り。
塩辛である。
墨を入れた方が、気のせいか、コクが増すような。
こういうのを肴にするときは、日本酒がいい。



55DSCF0300.jpg
では、焼き物を。
太刀魚である。
大きく脂が乗っている。
活きも良く、美味いぞ。

この魚、中層で体を縦にして立ち泳ぎをする。
それでタチウオとついたいう説もある。
上を向いていて、餌である上層を泳ぐイワシなどの小魚を待ち構え、見つけると一気に襲う。
歯はギザギザと細かい鋭いもので、指でちょっとでもひっかけるものなら、サーッと切れて血が出る。
太刀魚の頭で絶対に遊んではいけない。
って、普通遊ばない。



66DSCF0099.jpg
こうなると、日本酒が飲みたい。
山形県酒田市は東北銘醸株式会社がおくる「初孫」吟醸の生である。
山形の酒は一番好きだが、その中でも優しい。
こういう酒を置いてくれると嬉しい。
鶴とか鹿とかだと、一気に機嫌が悪くなる。
何で、美味い酒を置いてくれない店が多いのだろう。



77DSCF0302.jpg
では、〆だ。
ここ、ラーメンも出す。
これは、つけ麺。
専門店には及ばないが、出汁がユニークだ。
具もそうなのだが、つけ汁に鮪を使っている。



88鮪ラーメンDSCF0303
けっこう美味いのだ。
鮪の旨みがすっきりとしていて、いくらでも食べられそうだ。
麺は普通。
まだまだ工夫の余地はある。
素人の上手な人が丁寧に作ったという感じだが、大化けしそうな感じはあるぞ。


910DSCF0105.jpg
また、カレーも美味い。
実に野菜が溶け込んでいて、まろやかな美味しいカレーだ。
飲んだ後に食べると太るので、これをつまみに飲んだ。
結局は同じことなのだが。



1011DSCF0295.jpg
酔い覚ましに甘いカクテルもある。
あらゆるニーズに応えてくれる居酒屋なのだ。
ただし、料理は当たり外れがある。

あるとき食べたジャガバターは、芋が堅かった。
あるとき食べた叉焼は味が浸みていず、出来損ないのハムのようだった。

店主が料理の好きな方のようで、バラエティとしては楽しめる。
そんなことで、たまに行く。
当たりのつまみを探すのも、それなりに面白い。


1112DSCF0306.jpg
杏仁豆腐なんてあったりして。

食べログへ
やまとなでしこ

夜総合点★★☆☆☆ 2.5



関連ランキング:居酒屋 | 新逗子駅逗子駅


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック