FC2ブログ

ウーナ・ジョルナータ イタリアン 逗子

11P4030126.jpg
逗子にある美味しいイタリアンのお店だ。
ここ好きで、ダイビング帰りにたまにランチに寄る。
居酒屋に飽きた夜は、美味しいものをリーズナブルな値段で食べて飲める。
こりゃ変な居酒屋や寿司屋に行くよりはるかに良い。
ちなみに、2階は、シミ・タルミ・シワなどを取ってくれるボディ・ケア・ショップだ。
イタリアンをたらふく食べて2階を見ると考えさせられるものはある。



22P4030127自家製セージ
では、まずは自家製ソーセージだという。
駅前の立飲み屋で引っ掛けてきたわけではないので、ビールを飲みたい。
で、ソーセージが良いかと。
超粗引きタイプの肉の味が、ゴツゴツとダイレクトに伝わるシンプルなものだ。
美味い。
クレソンを頬張り、ヒヨコマメをつまみ、粒マスタードをつける。



33P4030128.jpg
だからビールは止められない。
尿酸値なんて糞くらえだ。
って、痛風は本当に痛い。
前兆でムズムズっていうのが来るので、そのときに酒とかレバーとか控えればいいと暴飲暴食を繰り返してきた。
今度出たら、断酒・断モツか。
ちなみに、コレ、ハッピーアワーで、630円が500円。
痛風なんて怖くない♪
怖くないったら怖くない♪



44P4030129白アスパラガスの生ハム巻きソテー
ホワイトアスパラの生ハム巻きのソテー。
イタリアンもフレンチも、ホワイトアスパラを好んで使うシェフは多い。
季節季節にはそのときの食材を使いたいものだ。
アスパラの甘みと香りに、香ばしい生ハムがマッチしている。



55P4030130.jpg
さて、今夜のワインだ。
イタリアはトスカーナの代表的なワイン、ブルネッロ ディ モンタルチーノ。
モンタルチーノは、イタリアはトスカーナ州シエーナ県にある地名だ。
そこで産する、それこそブルネロ ディ モンタルチーノというブドウ品種で、最低2年という長い熟成期間だとかオークの樽だとかもっとも厳格な基準により造られるワインである。
大田区に住む大田さんみたいな名前だ。
値段もそこそこに高い。
今日は給料日だ。




66P4030131.jpg
熟成感のある、ゆーっくりと広がる香りとゆっくりと着地するような落ち着きのある感覚だ。
さらに、空気に触れていくと、どんどんと香りに深みが出てくる。
残り香もフルーテイで、しかも軽すぎず、久々に美味しいワインを飲んだな。
って言うほどワインの味は分からないんだが。
日本酒なら分かるぞ日本酒なら。



77P4030132マダイのグリルのスープ仕立て
真鯛のグリルのスープ仕立て。
焼いた真鯛をブイヤベース仕立てのスープでさっと煮込んだもの。
このスープ、真鯛の旨みが出ている。
そもそもマダイなんていうのは捨てるところがない魚だ。
身は刺身でも焼いても良し。
頭は兜煮。
骨は出汁だ。
美味しい。



88P4030134仔牛のカツレツ
仔牛のカツレツ。
牛肉はカツレツにするならば、やはり柔らかい子牛に限る。
どうしても牛が食いたかった。



99P4030135.jpg
さっと切れる。
肉は柔らかくジューシーだ。
遠慮がちの牛の匂いがたまらん。
しっかり下味が付いていて、このままで十分。
こりゃ、どっしりとしたワインと合うなあ。




1010P4030136ズワイガニとウニのトマトクリームパスタ
〆だ。
メニューになかったのだが、ズワイガニのトマトクリームバスタが食いたいといったら作ってくれた。
こりゃ美味いぞ。
トマトの爽やかさとクリームの濃厚さがマッチしている。
全然しつこくないがコクがある。
火の通し方が良いから、カニの風味も消えていない。
バケツ一杯は食える。

しかし、2階に行かなくてはならなくなるので、止めておいた。
ここ、本当に美味しい。
次々と、予約の地元のお客さんが現れる。
全然気取らずに、街中の食堂みたいな使い勝手なのだが、味は抜群である。
店を出た後に、すぐまた行きたくなる店の一つである。
二階の灯が恨めしい。


食べログへ
ウーナジョルナータ

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:イタリアン | 逗子駅新逗子駅


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック