FC2ブログ

村田家 野毛 居酒屋

11PB280074.jpg
野毛の老舗の一つである。
新入社員の頃から上司に連れられて通った。
ここの名物は鯨と鰯。
ずいぶん大きさは違うし、哺乳類と魚類の違いもあるが、どちらも美味いものである。
河豚は高いので奢ってもらえなかった。
また、ここは奥に座敷や掘りごたつ式の個室がある。
ちょっと内密に、なんていう会合の時は便利だ。
ただし、声がでかいと筒抜けになるので、酔っぱらっても理性が必要なことと人事の話はしないことである。



22PB080027.jpg
では、とビールにお通し。
ここ、大瓶なので嬉しい。
中びんはイマイチ嫌いなのだ。
注ぐと、すぐ、なくなる。
サンマの煮たのもいいな。



33PB080040.jpg
おから。
好きなのだが、武蔵屋とか昇とかに比べるとイマイチかな。
武蔵屋はこちら。
昇はこちら。



44PB080029.jpg
鰯の南蛮漬け。
あまり甘からず、酸っぱすぎず。
量が少ないのがイマイチだが、必ず頼む逸品である。



55PB080034.jpg
これが美味い。
鯨の燻製、900円。
醤油とごま油のタレでさらし玉ねぎとともにいただく。
ワイルドなクジラ肉の旨みと燻製の香りが舌と鼻腔を刺激するのだ。
太平洋の鯨は増えているのだから、もっと食わせろと言いたい。
鯨と言えば、何はなくともベーコンが一番好きだな。
子供の頃、鮪の血合いの次に食べさせられていたのがそれだ。
醤油とお酢と辛子でいただくのは酒飲みになってからか。
普通に醤油をかけたりマヨネーズをかけて食べていた。
今や高級品だ。
悲しい限りじゃ。


66PB080037.jpg
鰯の天麩羅。
ご覧のとおりもったい天麩羅である。
つまみにゃなかなかよろしい。
しかし、鰯っていうのは美味い魚だとつくづく思う。



77PB080031.jpg
これは、鰯の梅はさみ揚げ。
よく、鰯を梅干しと煮るが、その揚げ物バージョン。
鰯の臭みを取ってくれるということで、このコラボが実現したと言う。
って勝手に言ってるだけだが。
活きの良い鰯だったら臭いわけがないので、逆に鰯の風味を引き立てていると解した方が良かろう。




88PB080035.jpg
鰯のかば焼き。
鰻は高いので、鰯で我慢した。
これっだって美味いぞ。
鰻のが好きだが。
甘めのタレで焼き上げた鰯は芳ばしくて美味しい。



99P2130035.jpg
また揚げ物かよ、とお嘆きのあなた。
さっきのは天麩羅でこれはフライなのである。
正確に言うなら、違う揚げ物なのだ。
しかし、どちらも揚げ物か。
鯨のカツである。
ガッシリと歯ごたえのある、これぞクジラ肉だ。
闇市が懐かしくなるほどの年寄ではないが、鯨の竜田揚げをよく給食で食べた。
でも、給食の鯨は臭くて好きじゃなかった。
竹輪の磯辺揚げが好きだったなあ。
鳩茶ミルクはゲロ吐きそうだった。



1010PB080032.jpg
鰯の天麩羅の卵とじ、というのでしょうか。
玉子と葱の絡んだものは、スィーツでない限り大抵美味い。
こういう味の濃い目は酒の肴になるんだよな。



1111PB080041.jpg
最後はサービスに出してくれた水菓子の柿。
ほうじ茶など飲みながら昔話でもするかのう。

この店、食いしん坊には一品一品の量が少ないので、物足りないと思う。
値段もわりと強気の設定なので、普段は絶対に行かない。
前述したように、聞かれたくない話がテーマであったり、女の子の部下だけ誘った場合に使わせてもらっている。
そういう意味では、食い物も僕好みだし、便利な店だ。



1212PB280083.jpg
「野毛通手形」という一冊1,800円の3枚つづりの金券がある。
期間は、夏から冬だが、野毛の加盟店で使えるのだ。
村田家は1枚店。
600円で、例えば、お銚子一本、お通し、鯨カツ、鯨燻製が出る。
これにおいては、加盟店の中でも一二を争うコスパの高い店だ。



1313PB280078.jpg

食べログへ
村田家

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック