FC2ブログ

田舎門 生麦 居酒屋

11P2010099.jpg
いなかもん。
なんだ、僕のことではないか。
京急沿線の場末の東京に生まれた身。
本所や深川や浅草からみれば、それこそ、田舎もんである。
江戸時代のことではあるが。
ここ田舎門という店である。
場末の京急は生麦駅を降りて、線路沿いに東京方面に歩く。
右手に国道15号線に通じる”仲見世通り”みたいな所を通って右側にある。



22P2010095.jpg
そもそも、こんな店、誰かに連れて来てもらわない限り普通は絶対に入らない。
僕は一人でも初めてでも入るが。
しかし、地雷を踏んだことは数知れず。
一度、ある店でヤンキーの宴会に遭遇して以来、一応店の入り口で聞き耳を立てることにしている。
しかし、入った瞬間逃げ出すわけにもいかず、仕方なく入ったが、気のいい奴らで、酒を注いでもらったりして意気投合してしまった。
僕も雰囲気が出ていたのかもしれない。
しかし、煙草臭くてたまらず、帰ってからファブリーズ1本を消費した。

果たして入ってみると客はいないが煙草臭かった。
店主が吸っていた。
で、突き出しは、豚の冷シャブ胡麻ダレ。
おっ、美味いぞ。



33P2010093.jpg
じゃ、刺身行ってみよう。
黒板に書いてある魚のうち、3品を選べという。
900円。
では、左から、片口鰯、鮪の中トロ、蝦蛄。
をチョイスした。
鰯は鮮度は悪くないが、やや臭みが残る。
処理の仕方か。
鮪は美味しい。
蝦蛄はもっと美味しい。
こりゃまあ当たりだ。



44P2010096.jpg
では、お酒だ。
普通のお酒だ。
この辺の店は、ビールは絶対にキリンにこだわるのに、日本酒には何のこだわりもない所が生麦らしくていい。
しかし、この徳利、5本も飲んでしまった。
なんだ、こだわっている割には、酒なら何でも飲むじゃん、なんて言わないでね。



55P2010098.jpg
この海鼠が絶品であった。
実に美味かった。
海鼠は下処理が大事である。
多めの塩でヌルを落とすのだ。
これ、柔らかいし、絶品。



66P2010097.jpg
最後にこれ。
芝海老の唐揚げ。
川海老なんかよりやはり芝海老だ。
芝海老によく似たエビで、猿海老というのがいるが、これがどちらかはわからない。
胡椒が効いていて美味しい。
こんなんで飲んでいると、やはり5本は飲んじゃうな。

この店、何の変哲もない居酒屋なのだが、食い物は美味しい。
しかも、生麦価格で、酒にビールにと飲んで、これで、一人3,000円。
また、立ち寄りたくなるような店だ。
また、行っちゃうだろうな。

食べログへ
居酒屋 田舎門

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:居酒屋 | 生麦駅花月園前駅国道駅



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック