FC2ブログ

サンオリーブ  神奈川  肉料理

11PC140018ステーキ用の肉
どうだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…と言いたくなるような肉だ。
A5の中でも最上位クラスの和牛ステーキ肉である。
冷めても固くならない頑なさだ。
柔らかな口当たりととろけるような甘みと旨みを含有したサシ。
こんな素晴らしい肉を食べさせる店がある。



22PC140017裏の入り口
サンオリーブというのだが、こういう良いものはひっそりと人知れずに食わなくてはならない。
僕のように屈折していると、悪いことをしているような気になるからである。
で、そういう人のために、この店ではステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きを食べる場合、密かに裏口から入って上階に行かなくてはならない。



33PC140021肉
今日はすき焼きにする。
8,000円のコースだ。
飲み台を入れれば、僕の場合、15,000円くらいになる。
しかし、素晴らしい肉である。
僕は子供の頃、肉はほとんど食べさせてもらえなかった。
毎日、鯵の煮つけとかマグロの血合いの塩焼きとかばかり食べさせられてきた。
これはこれで大好物ではあるのだが。
そもそも、「すき焼き」なんていうものの存在を知ったのは、丸美屋の「すき焼きふりかけ」と出会ってからだった。



44PC140024すき焼き
では、早速出汁に潜らせてと。
香ばしい、実に香ばしい。
葱の香りもいいな。



55PC140025すき焼き2
卵を漬けて食う。
駄目だこりゃ。
ホッペが落ちて戻らん。
やっぱ肉はウメエ。
涙が出てくる。
初めてすき焼きを食ったのは、就職をした年の伊勢佐木町は「荒井屋」でやった忘年会であった。
こんな美味いもんがあるとは。
もっとも、あれは一定のこだわりがあり、「牛鍋」というのであるが。
「すき焼きふりかけ」の味とは違うということも初めて判った。

しかし、ここの肉は素晴らしいの一言に尽きる。
実に、肉は柔らかく旨みがあり、脂は甘く、至福である。
この店は川窪商店という15号線(第一京浜)沿いの肉屋さんが経営している。
が、この肉屋、只者ではなくて横浜食肉市場の仲買の資格を持っていると聞いた。
だから、自ら素晴らしい肉を選ぶことが出来るのだ。



66PC140029ステーキ
これがステーキ。
実は、今日はすき焼きコースかステーキコースかしゃぶしゃぶコースの3択であった。
僕は、本当はしゃぶしゃぶが好きなのだが、協調性があるためみんなの言うすき焼きに従ったまでだ。
しかし、ステーキも食べたかったら、向こうのお客さんが恵んでくれた。
親切な方がいらっしゃるものだと思ったら、知り合いだった。
仕方ないので、大ぶりのすき焼き肉をさっと茹でてあげた。
ちょっと損した。






77サンオリーブ(神奈川)0707300057
これが表口だ。
神奈川県横浜市には、「横浜」駅と「神奈川」駅というのがある。
「横浜」はご存じ、鉄道各社の乗り入れる大きなターミナル駅だ。
一方「神奈川」駅は、京急「横浜」駅の隣にある、各駅しか止まらないしょぼい駅だ。
その駅からすぐの宮前商店街。
櫛の歯が抜けたような商店街だが、何軒か味のある店がある。
その一つがこの店だ。
昔は、ここらが舟揚げ場だったそうだ。
1階は、とんかつ・ランチなど、2階はすきやき・しゃぶしゃぶ・ステーキ、というふうに分かれている。
では、次に1階のコーナーに。




88PC140027ワイン
まずカツから行ってみよう。
でも、その前にまずワインなぞ飲もうか。
って、バックはしゃぶしゃぶ肉ではないか。

DIEGO DE ALMAGRO
4,800円。
高いな。
スペインはヴァルデペーニャスのアルマグロにある、世界でも最大規模の大手ワインメーカー「フェリックス・ソリス」によるワインだ。
市販だと1000円ちょっとくらいか。
しかし、このワイン、只者ではない。
実は、「高級品」か「安物」かを見分けるテレビ番組の中で、多くのグルメ芸能人が十数万円のフランスワインより美味いと答えたといういわくつきのワインらしい。
グルメ芸能人と言ってもそのレベルである。
けっこう飲みやすくグイグイ言ってしまい、記憶をなくしてしもた。


99 071004 ヒレカツ 画像 038
ヒレカツの単品。
豚だ。
700円。
馬車道の勝烈庵も好きな店だが、肉自体はこっちのがはるかに美味いな。
ソースは勝烈庵のはご飯にかけても食いたい。
しかし、ここの肉には甘ったるいソースは合わないか。
肉自体に甘みがあるからだろう。



1010サンオリーブ(豚カツ定食)0707300055
これは、ランチの豚の腿のカツ定食。
850円。
キャベツ・マッシュポテト・みそ汁がつく。
また、揚げ物かよ、胸が焼けるぜ、とのご批判耳に痛うございます。 
が、このカツが凄い。



1111サンオリーブ(豚腿豚カツ)0707300052
アップするとこうだ。
まず、でかい。
これを食べて、年寄りの僕には夕飯が食べられないほどだった。
次に、もたれない。
衣も薄くて、旨味がある。
そして、肉が美味い。
夜はこれで一杯飲んでいる。



1212 10710010008
これは串カツ。
これは本来ならソースをベッチャリと漬けてビールを飲むのに適している。



1313PC140030メンチ
メンチカツ。
肉汁たっぷりのジューシーなカツだ。
メンチカツサンド大好き人間なので、パンが欲しくなるなあ。
ソースをたっぷりかけて食べたい。


1414 0710120007
次はボイルウインナソーセージ。
自家製かどうかは聞き漏らした。
マヨネーズが何とも言えない。
実は僕はマヨラーに近い種に分類されている。



1515 0710120011
これは、ポークソテー。
二枚重ねになっているのだ。
これだけ食べれば僕も豚も満足であろう。
ポークソテー好きとしては、嬉しい量だし質だ。
美味いぞ。



1616 071004 牛生姜焼き 画像 037
コレは、和牛の生姜焼き。
これも美味しい。
脂身のないロースか腿か。
コレは、定食で900円。
横浜中のカツや生姜焼きを食べ歩いたわけではないが、コスパ高い。

いずれにしても、ぜひ上で食いたい。
しゃぶしゃぶだ。
ステーキだ。
すき焼きだ。
できれば、2人前は食いたい。
年に1回は食べたい。
金がない。


食べログへ
サンオリーブ




関連ランキング:とんかつ | 神奈川駅反町駅横浜駅


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック