FC2ブログ

がま親分 ホルモン焼 日ノ出町

京急日ノ出町を降りて、桜木戸塚道路を戸塚方面に向かって左側を歩くこと1分。
やや暗がりになりかけた辺りに忽然とオアシスのように灯りが点っている。
ホルモン焼き屋である。



11外観0711090051
ここは、僕が敬愛する作家の中島らもさんが、生前「せんべろ探偵が行く」という著書の中で紹介している店だ。
ベン・ジョンソンも訪れたことがあるらしい。
ちなみに、「せんべろ」とは、千円でベロベロになれる店、という意味である。
一万円でベロベロになるなら当たり前だが、千円でその状態になれるところがすごい。
ただし、一万円の場合は略してはいけない。
そういう店を飲み歩く、おもしろおかしのリポートものだ。
中に入る。



22内観40711090035
まだ、口開けで客は少なく、煙っていない。
今のところ店の中の透視度は10mはある。
ちなみに、そんな広くはないので、どんなに澄んでいてもそれ以上は計測不能である。
獣の部位がたくさんあり、何から頼むか悩む。
酒は健康のためホッピーにする。
別に痛風が治癒するわけではなく、進行が遅くなる程度だが、気は心だ。
肉は好物の、ハラミとホルモン。
だいたい500円くらい。



33ハラミとシロ0711090033
結構量がある。
この店はセルフ七輪で肉を焼く。
店内は、煙がもうもうと沸き上がり、外まで煙る。
混雑時、店の中は透視度30cm以下となる。
トイレに行くためには、ダイビングのナビゲーション技術を身につけていなくてはならない。



44 0711090044
当然、まっとうな格好をして入れない。
少なくともこの店で、カシミヤのコートとミンクのコートを着たカップルは見かけたことがない。
あえて行くなら、ビニール袋を持参し、入口手前30mでコート類をしまいこみ、シャワーキャップを被りゴーグルをして、煙を避ける準備をしなければならない。
ただし、シュノーケルをくわえる必要はない。
食べられなくなるし、そもそも煙だらけの空気を集中的に吸い込むことになりかねない。
では、食べる。



55 0711090043
うん、タレも独特のタレだ。
通常の焼肉屋のタレのように、べたっと甘ったるくない。
スパイシーで色々な旨味が絡み合っている。
そして、ホルモン焼き屋に来たら、ホルモンは食べたい。



66 0711090045
レバ刺し。(これはまだ法律で規制される以前のものです。)
健康管理上、あまり食べちゃいけないんだけど、やはり止められない。
どうせ、もう食べられないし。
ごま油に塩、という絶妙な取り合わせのタレがたまらない。
ここで、飲んでちゃんとした肉を食べたら千円ではとても済まないが、店の雰囲気と煙が染みついたいい気分になれる。
値段は、他の焼肉店などと比べたら、安い。

ちなみに、ここのご主人はホルモン焼き屋のマスターであると共に、ダイビングのダイブマスターでもあり、僕も神子元島などに同行させていだいたこともある、ダイビング仲間である。
だから店内をナビゲーションですいすいと闊歩できるのだ。

なお、店名の由来はまだ聞いたことがない。
僕が思うに、ご主人のMちゃんが、ちょっとガマ蛙に似ているからだと思っている。
ごめん、Mちゃん!!!


食べログへ
がま親分




関連ランキング:焼肉 | 日ノ出町駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック