FC2ブログ

花吹雪 旅館 伊豆高原

一生に一度くらいは、お忍びで若い美人の女の子と二人で温泉に泊まってみたい、とここ15年ほど思っているが、不本意ながら、まだ実現していない。
年々難易度が上がるような気がする。
たぶん一生実現しないような気もする。
欲は言わない。
美人でなくても若いだけでもいい。
十分に欲か。
4つの宿泊棟と7つの貸切温泉で美味しい料理を堪能できる、極めて非現実的でかつ不埒なことをオジサンに考えさせるような素敵な旅館である。



11DSCF0195.jpg
しかし、若い女の子が近づいてくれるのは、芸能人か金持ちに相場は決まっている。
そういえば、芸能人でもないし、金も全くなかった。
我が身を省みるのを忘れていた。
せめて、ダイビング帰りに飯でも食うか、と伊豆海洋公園で潜った後、若くないダイバー仲間と訪問した。
ここは、旅館のほかに、「森の料理茶屋」という3つの食事処があるのだ。
一番安いもので、「桜おこわ膳」(「乙女桜膳」?)というのが2,100円で食べられる。



22DSCF0153-2.jpg
「森の料理茶屋」の中の3つの食事処の一つ「雲上亭」という。
僕は雲上人なので通されたらしい。
大きく切られた窓に木々の緑がまぶしい。
思わず、疲れた体を横たえて昼寝でもと思ったが、まだ飯の注文もしていなかったし、仲居さんに「あらら」と言われたのでやめた。
つい育ちが出てしまった。



33DSCF0160.jpg
では、コースを取ることにした。
わざわざメニューを見てもったいぶって考えるほどのことはなく、一番安い2,100円のだ。
今度ボーナスの後に来て、3,675円のを食ってやる。
牛乳豆腐というらしい。
どうも、江戸時代からの伝承らしく古式豊かな味がするはずなのだが、よくわからなかった。
しかし、さっぱりとしながらも良く出汁が効いたタレで、風味豊かな豆腐の味を引き立てている。
煮豆がアクセント。


44DSCF0163.jpg椀が出た。
昆布の良い香りと貝類と思わせる出汁がとても美味しい。
極上だ。
訳の分からない葉っぱと塩漬けの梅の花が具だ。
早飯早●ソの僕の場合滅多にないことなのだが、少しずつ味わいたい気持ちになった。



55DSCF0161.jpg
お造りである。
白くてよく分からないと思う。
でも、分かるんである。
だって、ちゃんと本日の「お献立」をもらっている。
しかし、よく見たら「その日の地上がり刺身」としか書いてない。
って言っても平目である。
もう少し身に張りが欲しいかな。
落してちょうど食い頃のものは、高い泊まり賃を払った汚らわしい中年男と若い(美人の)女の子が昨夜食べたに違いない。
ちょっと感情的になってすまん。



66DSCF0177.jpg
こうなったらヤケ酒だ。
というほど下品な振る舞いはできない。
なかなか趣向ある徳利と御猪口だ。
そして美味しい酒肴と。
「しゅこう」とは良い言葉だ。
どうぞ、と御猪口を若い美人に手交されと…すまん、しつこかった。
個人的には、山形県に次ぐ酒処であると思っている静岡県の名酒にしようかと思ったが、復興支援で宮城県の「伯楽星」にした。
この酒蔵のHPのフタッフの方々の写真は横浜家系ラーメン屋一門のようで、失礼だが笑える。



7-17-1DSCF0166.jpg
次は柿の葉寿司が出た。
よく奈良のお土産で頂くが大好物である。
ただ、たまに酢飯に甘いのがあって、あれは勘弁してほしい。
酒の肴にならんだろ。
って、酒のことしか考えないのか。
柿の葉の香りが酢飯と相まって食欲をそそる。




7-27-2DSCF0167.jpg
中身は鯵の酢〆である。
近海ものだという。
さっき、伊豆海洋公園の「かけあがり」を仲間が大群で泳いでいた。
多分、あんだけいるので親戚縁者のモノに違いないと思う。
わりときっちり目に〆られている。
酢は甘くなくさっぱり系でなかなか美味しい。



88DSCF0183.jpg
ついお替りが欲しくなってしまう。
ダイビングの後の過度の飲酒は良くないと言われているので、たまにしかやらないが、この程度はむしろ心地良い。
しかし、この心地良さが過度につながるので身を崩している。
酒を飲んで気持ち悪くなる人が羨ましい。
僕は飲んでいるときは平気なのだが、大抵翌日に気持ち悪くなるので、困ったものだ。

ウダウダ言っても、のんびりとした気分になる。
横になって飲んでいたら、また仲居さんに見つかって「お客さん、お行儀が悪い」と言われた。
仲間は関わらないように目をそむけている。
すまん、他に誰も客がいなかったので。
まさかお姉さんが突然いらっしゃるなんて。
食い物もなくなったし。
と言ったら揚げ物を持っていた。



99DSCF0170.jpg
茄子の素揚げと長命草と明日葉。
基本的には野菜は嫌いなのだが、葉っぱは好き。
長命草は地元で採れたそうな。
こんなのをつまみながら杯が重なる。



1010DSCF0173.jpg
さて、ご飯だ。
ここの名物料理だそうな。
大島桜の葉で蒸し上げたおこわだ。
上に海老と生姜が乗る。
香り豊かでご飯の固さもちょうどよく美味しい。



1111DSCF0172.jpg
この漬物も漬かり加減といい塩加減といい、絶品である。
死んだばあちゃんの漬物を思い出した。
こんなんで、おこわ飯を食う。
日本人で良かった。



1212DSCF0186.jpg
そして、最後は蕨餅。
僕はこ寿々の蕨餅が大好物なので、特にコメントはしないが、普通に美味しい。
ここの店、この値段でこの雰囲気でこの料理だ。
寝てはいけないが、くつろげるし、休めるし、実にゆったりできる。
料金の3倍くらいは満足感を味わえる。
でも、請求されたら怒る。

伊豆海洋公園の帰りはここに決まりだ。
行きの駅から海洋公園までのタクシー代をケチって歩いた甲斐があった。
リッチな気分のわりに情けないな。

食べログへ
花吹雪




関連ランキング:旅館 | 伊豆高原駅


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック