FC2ブログ

獺祭 藤沢 魚料理

藤沢に美味しい店があるという。
ぜひ食ってみて、ということで、出かけて行った。



11P4050144.jpg
獺祭という名のお店である。
「だっさい」であり、ダサいではない。
そもそも読めないか。
獺とはカワウソのことであり、日本にもかつては広く生息していた。
が、環境破壊などが進むにつれ減少し、1970年代に日本では絶滅したとされている。
このカワウソ、奇妙な習性があり、獲物を獲るとそれをお供物を祭るがごとく岸に並べたという。
これを称して獺祭という。
転じて、文章などを作るときに、たくさんの参考文献などを広げる様のことを指すようになった。
それを店名に持ってきたのだ。


22P4050161.jpg
店の中は、洒落たバーのようだが、なんのなんの。
確かに美味い魚を食わせる。
これは金目のかぶと焼き。
炭火で焼くそうで、金目の脂と旨みを実にうまく引き出している。



33P4050158.jpg
こうなると、美味しい日本酒はかかせない。
「獺祭」である。
山口県は岩国市にある蔵元、旭酒造がおくる銘酒だ。
この蔵元のある地名が、「獺越」と言われるそうな。
獺祭は、色々飲んだが、すべて製品は大吟醸なのだ。
しかし、2千円台で飲めるものもあり、良心的だ。
味は総じて、香りよく爽やかな後味。
旨みも十分に感じられる。
美味しい。



44P4050162.jpg
では、お造りといこう。
上から右へ。
本鮪の中トロ、平目、ハタ、ワラサ、金目、ウニ、アオリイカ。
どれも新鮮で活きが良い。
美味しいぞ。
特に、ウニが美味しかった。
また、ハタがおいてあるなんて嬉しい。



55P4050166.jpg
酒のお代わりを。
ここは、醸し人九平次、田酒などの、そんなにレアではないけれど、良質の日本酒を揃えている。
しかも、禁煙なのだ。
美味しい酒で美味しいものを食うということはこういうことなのだ。
で、これは、醸し人九平次。
名古屋は緑区の、株式会社萬乗醸造がおくる銘酒だ。
名古屋なんていうと大都市だが、この酒は、愛知と長野の県境にある標高1500m山の天然水を使用している。
旨みのある良い酒だ。



66P4050167.jpg
これ、名物の土鍋炊き御飯。
土鍋で炊き上げて、蒸らすこと10分。
まだ、時間はあるのでゆっくり飲んでいよう。



77P4050172.jpg
具は、焼き鯖である。
実に美味い。
出汁がよく取れていて、鯖の旨みと相まって、かっ込まざるを得ない状況となっている。



88P4050176.jpg
茶碗が可愛い。



99P4050178.jpg
これはお茶漬けセット。
出汁、山葵、葱、のりである。



1010P4050180.jpg
うーん、これまった美味い。
美味いもんに美味いもんを足して、美味いもんになればこうなるといった味か。
本当は穴子を頼んだのだが、本日品切れで鯖にした。
しかし、なんのこんな美味いとは思わなかった。
次回、穴子が楽しみだ。
梅雨も近い。

食べログへ
旬鮮炭火焼 獺祭




関連ランキング:居酒屋 | 藤沢駅石上駅


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック