FC2ブログ

沖縄 水納島 ダイビング その1  コバンアジ・ギンガメアジ

11P6100021.jpg

沖縄北部の本部町の渡久地港から、高速フェリーで西に15分の 水納島(みんなじま) に泊まってダイビングをしてきた。
何もない島だけど、これがまたいい。
時間はゆっくり流れ、僕にとっては、ダイビング以外にやることといえば酒を飲むことと、散歩がてらの生き物観察くらいで、天国のようなところだった。
では、まずは羽田6:25発 那覇行きという早朝便だ。
爆睡していたら、那覇だった。





22P6100024.jpg

那覇から車で、90分走って、沖縄は北部の本部町渡久地港に着く。
美ら海水族館に行く途中、大きな橋を渡るが、その湾にあるのが渡久地港だ。
ここが、その乗船ターミナル。
本部は、沖縄言葉で「むとぅぶ」。
カツオ漁が盛んな漁業の町で、5月には コイのぼり ならぬ カツオのぼり が見られる。
町内には、沖縄で言う「さしみや」と称する魚屋が多い。
脂はないが江戸っ子が女房を質に入れたくなるような新鮮なカツオやキハダマグロが並んでいる。




33P6100022.jpg

オフシーズンなので、待合室は閑散としている。




44P6100023.jpg

しかし、駐車場には結構車が止まっている。
不思議に思っていたら、どうやら水納島の方々も止めているらしい。
本島に来たときには、ここでフェリーからマイカーに乗り換えるとのことだ。
ちなみにフェリーの料金は、往復で1,710円、島民800円。
近年島民には補助が出るようになったらしいが、以前は観光客と同じ料金で、医者に通うにも役所や銀行に行くのにも、痛い出費だったらしい。





55P6110200.jpg

高速旅客船「ニューウィングみんなII」。
まだ、新しい。
僕も、島滞在中は、渡久地港にレンタカーを止めっぱにしておく。
駐車料金はただ。





66P6110202.jpg

水納島は、本部町の西1.5kmに浮かぶ三日月型のクロワッサンに似た小さな島だ。
小さな島故、水の供給は雨次第ということで、水無島がなまって島名になったらしい。
ダイビングショップは、「クロワッサンアイランド」という。
人口47人、島の小中学校には、それぞれ生徒が一名ずつ、しかし、先生は7人いるという非常に教育環境としては充実した島だ。
子どもにとっては、かなり迷惑かもしれないが。
島民の多くは、夏の観光業に従事している。
あとは、野菜を作ったり、牛や山羊を飼ったりと。






77P6100068 (2)

水納島港に到着。
といっても桟橋があるだけだが。
桟橋の右側、ここにフェリーが着く。
遠く、瀬底島を望む。
水が想像を絶するくらい綺麗で、フェリーから飛び込もうと思ったが、危険なのでおやめくださいと制止された。
ここまできて、恥を晒してはいけない。
しかし、パノラマ写真というのを初めて撮ったが、コレを見て三脚がないと難しいことがよく分かった。




88P6100112.jpg

ここはフェリーの着岸する桟橋の左側。
水納島のメインの海水浴場となっている。
停泊というほどではないが、舫われているのは今回大変お世話になった「クロワッサンアイランド」という商号のダイビングショップのボート。
ビーチのセルフダイビングもここでやるのだが、大潮の干潮時は水深1m。
オーバーウエイトで潜らないと、何のためにタンクを背負っているのか分からなくなる。
遠く、伊江島を望む。





99コバンアジup 御南島桟橋左 17P6100005

潜るとこの通り。
コバンアジの群れだ。
サンゴ礁の中、インリーフの定番ともいえる魚だ。
癒しの世界だな。
本当に気持ちがいい。
コバンアジは、体は卵型で平べったい。
特徴的なのは、黒い長めの背鰭・尻鰭・尾鰭。
さらに、体表にある黒い点だ。
サンゴ礁などの沿岸の砂地に多く、小型の魚類や甲殻類を捕食する。
海水浴でも十分に観察できるところがいい。





1010ギンガメアジupuo 水納島桟橋左 1P6100017

ギンガメアジは、シルエットでいうとブリとかカンパチっぽいが、やはり平べったい。
特徴として、鰓(エラ)の上部に黒い点があり、これでカスミアジと区別できる。
よく似てるんだよね。
最初、カスミアジだと思っていて、写真で見たら点があった。
コバンアジ同様、サンゴ礁などの沿岸の砂地に多く、小型の魚類や甲殻類を捕食する。
幼魚は、ロウニンアジやカスミアジとともにメッキと呼ばれ、相模湾でも秋ごろからルアー釣りの対象となっている。
さあ、島生活が始まった。
スポンサーサイト



夏野菜のパスタ  ハーブ風味

って書くと、こ洒落たイタリアンのランチみたいなんだが、まったくそんなことはなく、自分で作った手抜き料理なのだ。


120170618_113450801.jpg

庭で、茄子と胡瓜とバジルとコリアンダーを収穫した。
庭と言っても、敷地の隅の一畳分くらいの狭いところで、細々と野菜を育てている。
冬に、土壌改良をしっかりやったので、今年の出来には密かに期待しているのだ。
今年の初収穫だ。
無農薬で放りっぱなしなので、虫に喰われるは、形は悪いはなのだが、嬉しいものだ。
庭に食えるもんがあるというのは幸せなもんだ。
食えなくもないが、ミミズやトカゲやコウガイビルやアゲハの幼虫などもいる。





220170618_141316656.jpg

で、昼飯は、近所の農家でもらったトマトとウチの茄子をオリーブオイルで炒め、余熱の中に千切ったバジルとコリアンダーをぶっこむ。
塩と胡椒でシンプルに味付けして、そこに、茹でたパスタを投入するだけ。
美味いんだなあ。
昼からビール飲んじまった。
これからゴーヤやオクラも実をつけてくるだろうから楽しみがさらに増えるなあ。

まるますや 赤羽 川魚料理

11P3110019.jpg

関係ない話で恐縮です。
僕は一応巨人ファンだが、高橋監督が嫌いだ。
采配やコメントがひどいのと監督インタビューの後にアナウンサーが「ありがとうございます」と言っているのにムスッとした態度。
まだまだ、たくさん理由はあるが、監督としてだけではなく、人としても問題があるな。
当然今年もそんなに期待もしていなかったのだがやってくれました。
なんと、今日現在10連敗か。
こうなったら、次の菅野には悪いが11連敗の球団記録、更にロッテの持つ日本記録18連敗も超えてほしいな。
高橋が辞めて、齋藤とか江川が監督になったら、また巨人ファンに戻ろうか。


さて、本題。
最近の居酒屋ブームと言って良いのか分からないが、数多の店が掘り起こされているのは、
呑み助や日本経済の活性化に喜ばしい。
ただ、おかげで、人が押し寄せ、行列ができ、また、店の人にも余裕はなくなりサービスは低下し、これまで通っていた常連さんや御贔屓さんには不幸なことだろうなと、思う。
この店、過去に出張や病院の見舞い帰りに、5~6回ほど来たことがあるが、並んだことはなかった。
川魚料理で、安くて朝から飲めて超有名だが、久々に訪れたら、まさかの列ができているとは。
しかし、メンバーが3人だったので、たまたま席の空いてた座敷席の2階に案内された。





22P3110021.jpg

ビールを頼んだ。
黒ラベルをくれといったら、今日はないと言うので、赤星。
コレも好きだが、一杯目は旨みとキレのある黒のがいい。
赤はやや重たいので、後で頼もうかというふうに思っていたのだが。
どちらにしても、好きなビールではある。
良いビールを置いてるんだよね。




33P3110023.jpg

鯉の洗い。
ここのは、そんなに新鮮で旨いものではないが、つい食べたくなっちゃうんだな。
もっと新鮮で、シャキッとしていて、甘みと旨みがあるといいのにな。



44P3110032.jpg

では、ウド。
この時期のモンだね。
この香りがたまらない。
酢味噌はこんなもんでしょ、という感じで、家庭料理的。





55P3110031.jpg

そしたら、隣テーブルの人に黒ラベルが来ていた。
僕が注文を頼んだ人ではないオネエチャンが持ってきていた。
買い出しに行ったのか???
で、さっき、頼んだオネーサンに、何だ、黒ラベルあるんじゃん、と言ったら、変ねえ、ないって言われたのよ、ごめんなさいね、と何事もなかったように爽やかに謝られた。
仕方ない、誤られたのだが。
でも、飲み比べが出来て良かったぞ。






66P3110025.jpg

じゃ鰻。
僕、多分5ヶはいけるかな。
やはり、一に寿司、二に鰻で、三は天ぷら、四五がなくて六に蕎麦か。
まあ、ふっくらと言うわけではないが、値段の割には美味しい。
タレも甘ったるくなく美味しい。
こんなんで飲む酒は美味いよね。





77P3110036.jpg

では、とハイボール。
このくらい濃いと美味しいよね。
ハイボールのウイスキーはケチっちゃ駄目だ。
嬉しい。




88P3110035.jpg

ハイ、鰻お替り。
今度は白焼きにしてもらいました。
いやー、ウイスキーならぬ、鰻のWで飲む酒は美味いね。
この後、いったいどこ行く気だ、と言われた。

ここ、当然禁煙店ではない。
ホントに、2階も煙草臭くて煙くて不愉快だった。
だったら行くなと言われそうだ。
確かにその通りだ。
実は、喫煙店であることで、とっても行きたいのだが行くのを躊躇している店は山ほどある。
早く受動喫煙防止法案が厚労省原案で成立しないかな。
厚労省がんばれ。
塩崎大臣がんばれ。
ガン患者は働くなといった大馬鹿議員を含む腐れ自民党煙草族議員をぶっ飛ばせぇ~。
プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック