FC2ブログ

今帰仁そば

11P7110184.jpg

沖縄本島は北部に古宇利島という小さな島がある。
その島の北に、嵐だか竜巻だかというイケメングループのCMで有名になったらしい「ハートロック」という海の中から突き出たハート型の岩がある。
ツェッペリンとかディープパープルのアジトとかではない。
あっ、ハードロックか。

知らずに行った一度目は、こんな写真。
なんだ、空港にあった嵐だとか吹雪だかのポスター写真は、岩が一つしか映っていないんで、加工してあるんじゃん、とか思っていた。


22PA270073.jpg

ところが、こっちに帰ってきて、友人に写真を見せたら、お前何撮りに行ったのか?と呆れられた。
どうも違うらしい。
岩と岩が重なって、それこそハート型になる位置というのがあるらしい。
そんなこと知るか。
重なってなくたって、奥のほうは十分にハート型ではないか。
でも、駄目らしい。
では、と言うことで、再度古宇利島に写真を撮りに沖縄北部に向かった。(わざわざそのためだけに行ったのではない。)
この二つの岩と岩を重ねて写真を取ると、こうなる。
納得。


33PA270087.jpg

で、その帰りにそばを食いに行った。
美味いそば屋があるという評判を聞きつけ、実はここが目的であったのだ。
嘘である。
本当は世界遺産の今帰仁城跡に行こうと思ったのだ。
しかし、これを「なきじん」って読ませるには相当無理があるとは思うが、慣れれば、ソレ以外に読みようがあまりないと思うようになった。
ご覧の通り、古民家を利用した雰囲気のある外観だ。




44PA270125.jpg

中はすっかりリラックスムードの間取りだ。
昼寝をしてはいけない。
ここがメインの間で、右奥にも小さな小部屋がある。




55PA270111.jpg

さて、何を食べようか。
ジューシーを食ったら重いな。
ということで、単品を。




66PA270098.jpg

これが塩味三枚肉そば。
うーん、スープが薫り高くスッキリとしてエグミがない。
こりゃ大当たりだ。
チーズ蒲鉾みたいな(味は全然違う。)蒲鉾と、色付けしていない生姜と葱が入る。
三枚肉は塩の塩梅がよく、豚の旨み甘みが出ている。




77PA270102.jpg

これが、なんこつソーキそば。
煮込まれた軟骨がとろとろで、美味しい。
こちらのが、汁の影響もあり、スープがはっきりした味となっている。
こっちのが好み。
よく、塩分取りすぎ味の濃いのが好きだなと言われるが。





88PA270104.jpg

麺は自家製。
もっちりしていて、旨みがあり美味しい。
那覇の行列店よりも、はるかに僕の好み。
ちょいとウネウネしていて、スープがよく絡む。
こりゃあ、北部にきたら再訪必至の店だな。
遠いから、必死に車を飛ばして行かなければ。




99PA270107.jpg

コーレグースと一味。
コーレグースは泡盛に島とうがらしを漬け込んだものだ。
これを使うとスープそのものの味がみんな同じになるんで、僕は使わないが。
入れ過ぎなのか。




1010PA270103.jpg

サービス券持参でもらったシークワーサージュース。
これまった、香りが良くて美味いぞ。
手作り感たっぷりのジュースだ。
車じゃなければ、ビールを飲んでたが。
メニューにはなかったかな。




1111PA270109.jpg

おーっ、黒糖ぜんざいがあるじゃないっすか。
沖縄のぜんざいと言えば、お汁粉みたいなのではなく、カキ氷だ。
カキ氷の下に、金時豆の煮たのと白玉などが入ったもの。
暖かいのは、「ホットぜんざい」と呼ぶらしい。



1212PA270115.jpg

おっ、来ましたよ。
ジューシー食わなくて良かった。
氷には黒糖の蜜がかかっている。




1313PA270120.jpg

おーっ、あまり甘くなくてスッキリした味だ。
こりゃ美味い。
たいてい甘いものは、酒飲みなんで二口三口で飽きるんだが、こりゃ何杯でもいける。
って、よく考えてみたら、僕は氷を食べると冷えてお腹を壊すのだった。
三口で止めようと思ったが、言い訳するのも面倒なので全部食べた。
美味かったなあ。
翌日お腹を壊していたが、氷のせいか、夜に酒を飲みすぎたせいかは不明。





1414PA270116.jpg

最後に、亀の甲せんべい。
甘みの後の口取りか。
沖縄名物である。
地元のどこのスーパーやコンビニにも置いてある。
なんでこんなもんが好きなのか、よく分からないが、ウチナンチューの口に合うんだろうな。




1515PA270092.jpg

ここ、本当北部の幹線道路からちょっと入ったところにある。
静かで隠れ家的で、なかなか素敵な場所だ。
そばも美味しい。
なにより、のんびりとした沖縄時間が流れる。
若いご夫婦でやっている店だが、ホスピタリティーがあり、とても居心地がいい。
北部に行かれる人には是非、とお勧めできる店である。





1616PA270126.jpg






スポンサーサイト



カマスの干物

11P9120119.jpg
藤沢の片瀬漁港に時々仕入れに行く。
境川の河口にある港だ。
ここから江ノ島までは橋を渡ってすぐ。
この橋では、よく早朝にドラマかなんかの撮影をしている。
女優らしき綺麗なお姉さんが、パラソルとか持ってスタッフに囲まれているが、僕は最近高島礼子という若い女優さんの名前を知ったくらいなので、誰が誰だかわからない。
ちなみに、友達にその話をしたら、髙島礼子は若くないよと言われ、誰かと勘違いしていることが明白となった。




22P6020035.jpg
この港、朝市を漁協がやっていて、9時開店なのだが、早朝に順番取りのクーラーを置いていく人が多い。
だいたいが、魚屋・寿司屋・居酒屋と思しきプロの風体の方々で、もともと魚の並ぶ種類や量が少ないので、早い者勝ちなのだ。
僕のような素人は邪魔にならぬよう、8時頃に行って、だいたい10位くらいをキープしている。
ろくな魚は残っていない。
でも、この通り新鮮で安いのでついつい通ってしまう。




34P9120128.jpg
今日はカマスを買って、開いてみた。
これ、一尾100円しない。
僕はカマスが大好物で、白身の旨みと上品な脂の乗りがたまらん魚だ。
相模湾には、このカマスが多く生息する。
魚っ喰いで、細かく鋭い歯は、凶器である。
コレで、餌の鰯などに噛み付き、飲み込んでしまうのだ。
捌いていて、時々取り残しの鰓を取るときに、指を歯に引っ掛けてしまうことがある。
触れて、ちょっと動かすだけで指がサーッと切れて血筋が浮き出る。




45P9120130.jpg
これ、サッと干してみた。
日中の3時間ほどである。
一夜干し風。
小さ目のヤマトカマスである。
これミズカマスとも言われるが、カマス自体もともと水っぽい魚だ。
しかし、旨みがある。
で、干物にして水気を飛ばすと旨みが収縮し抜群の味となるのだ。
やはり、カマスは、干物が一番、二番がフライ、三四がなくて、五が酢の物か。
また、焼いた干物が余ったら、酢に浸して食べると、また違った風味となって、酒の肴に最高だ。
毎週仕入れに行くのが楽しみだ。




56P9120126.jpg


プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック