FC2ブログ

紀川 三浦海岸 寿司

11P4290152.jpg
たまに三崎口にダイビングに行く。
三崎に近い「海の学校」という施設なのだが、セルフダイビングができる。
しかも、浅いので、10Lタンク1本で2本行ける。
1本のロングダイビングでもいいのだが、寒い時期は年寄りなのでおしっこが持たない。
また、一本なので、ふところにも温かい。
で、帰りは、反省会を兼ねて、必ずここで一杯やっていく。
わざわざ三浦海岸で途中下車して立ち寄る「紀川」だ。



22P5210109.jpg
では、まずはビールで。
反省はやはりビールでなくてはならない。
乾いた空気を吸い続けてきたので、喉が渇いているのである。
減圧症防止のためには水分を取らなくてはならない。
しかし、ビールは利尿作用があるので効果はない。
「海の学校」は浅いので、減圧症の心配はあまりないが。
「横浜づくり」とは嬉しいではないか。
ちなみに、三浦は横浜ナンバーであるな。



3
3P5210111.jpg
では、刺身。
本鮪の赤身、真鯛、鯵、ダルマイカ。
新鮮で美味い。
ここ、結構お気に入りの寿司屋さんなのだ。



44P4290116.jpg
刺身お替り。
トロ、鯵、勘八。
もちろん、天然である。
勘八の魚ッ喰い特有のワイルドな味がガツーンと来る。
トロはもちろん三崎の本鮪。
と言っても三崎で獲れるわけではない。
口の中で溶けていく。
しかし、年寄りなので二切れも食べれば宜し。



55P4290125.jpg
じゃ、酒にするか。
これは浦霞。
一応有名どころの良酒がある。



66P5210115.jpg
焼き物行ってみよう。
今日はメバルの良いのがあるという。
さっき、海の中でよだれを垂らしながら見てきたばかりのメバルが皿に乗っている。
魚の旨みと磯の香り、皿だけでなく脂も乗って美味い。
煮ても良いが、塩焼きも美味い。



77P5210118.jpg
これ、鯛の鯛と言われている骨。
ちょうど胸鰭を動かす骨の部分で、付いた筋肉を綺麗に食べると出てくる。
鯛の鯛と言われてはいるが、これは鯛に形が似ているからであって、メバルでもアジでも鯛の鯛は鯛の鯛。
メバルのメバル、なんてことは言わない。



88P4290120.jpg
寿司くうぞ。
まずは、鰯の〆たやつ。
甘くなくさっぱりとした味わいだ。
実は、酢の物はあんまり脂のないものが好きなので、これくらいの鰯がちょうどいい。
おーっ、また新子の季節だなあ。
コハダのちっこいやつで、7月が時期。
寿司屋でまともに食べたらべらぼうに高い。
手間賃だな。



99P5210123.jpg
 では、お好みで。
トロ、ダルマイカ、鯵、鰯。
玉子はおまけ。
酢飯もさっぱりとしていていい。



1010P4290129.jpg
 やっぱり三浦に来たからには鮪だ。
しつこいが三崎で獲れるわけではないが。
メジやキハダくらいなら獲れそうか。
中トロと赤身。
僕は何だかんだと言っているが、本当は魚は何が好きなのかと考えてしまう。
確かに、鮪は五本指に入るかな。
鮪と言っても、本鮪、メジ、インド、マカジキか。
要はマグロが好きなんである。
そして、ヒラメ、鰹、金目、アナゴ、新子、カスゴ。
普通の真鯛はそんなに積極的には食べない。
魚じゃないが、車海老、蝦蛄、アオリイカ、ケンサキイカ、ヤリイカ、スミイカ、赤貝、平貝、煮蛤、雲丹ってとこか。
いつも、行きつけの寿司屋じゃ決まったモンばかり食べてるな。
多分、ちゃんとした寿司屋でこんだけ食べたら、五万円だな。




1111P4290140.jpg
この中トロ、たまりませんな。
よだれが出てきちゃいます。



1212P4290144.jpg
〆は、鉄火とカッパ。
いったい何人で食っとるのか。
ちなみにこれらは、三回分をまとめたものです。

この店、鮪は美味いし、他の魚も地の近海物。
京急のマグロ切符で来るカップルとかウォーキングの爺さん婆さんの群れとよく遭遇する。
普通種だな。
しかし、こっちは喰ってガバガバ飲んでいるので、長っ尻だ。
飲み過ぎ?
だって、肴が美味いんだもん、仕方ねえや。



紀川



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 三浦海岸駅




スポンサーサイト

ゴーヤの酢漬け

11P7160021.jpg

ゴーヤがうちの庭で真っ盛りである。
次から次へと雨後の筍のように生えてくる。
2m離して隣にキュウリを植えているのだが、早々と領分を侵食し、今や数メートル離れた梅の木の枝に届いている。
更に、別の一連隊は隣の家の庭にまで進出したので、「お宅の庭側に実が成っていたら勝手にもいで食べてください。」と伝えてある。
凄い生命力と成長力。
人類が滅びても生き残るのは、ゴキブリとゴーヤだ。
GOGOだな。

僕はゴーヤが大好きである。
ちなみに、ゴキブリはそんなに好きではない。
ゴーヤを嫌いな人は、あの苦みが嫌だという。
ゴキブリを嫌いな人は、丸めた新聞紙で叩こうとすると、叩いた人に向かって飛んでくることだという。
確かに怖い。
叩いて殺すと、出てくる白い体液も気持ち悪い。
しかし、どっちも慣れれば大したことはない。
特にゴーヤの苦みなんざ、モノの例えで苦みばしった良い男というではないか。
あの爽やかな香りと苦み、夏だなあと思う。



22P7160001.jpg

これは領分を侵食された哀れなキュウリとのツーショットである。
心なしか、キュウリはいじけて見える。
どちらも、毎朝必ず収穫できる。
キュウリはそのままサラダにできるが、ゴーヤはちょっと生では厳しい。
なにせ、ゴキブリとタイマン張れるくらいの生命力である。
植物界のゴキブリ。
ゴーヤが可哀想である。



33P7090002.jpg

では、早速調理しよう。
収穫してきたゴーヤの端を切った。
これを二つに割って、中の綿みたいのを取る。
手前のが重宝している綿取りの道具。
結構刃先が鋭く下手すると手を刺す。




44P7090004.jpg

ゴーヤチャンプルー。
反省点は肉を入れ過ぎたことか。
もうちょっと肉食べたいなあと思うくらいがちょうどいいな。
これじゃあ豚肉チャンプルだな。
でも美味いぞ。
フライパンに油をひいて、豚肉を炒める。
次に。よく水切りした豆腐を賽の目に切って入れて狐色になるまで炒める。
そして、ゴーヤを入れる。
ゴーヤがシナッとしたら醤油と鰹・昆布出汁を混ぜたタレをかけてサッと炒め、仕上げに溶き卵を入れて掻き回す。
できあがり。
沖縄の人に言わせると、油ではなくて豚のラードで炒めないとゴーヤチャンプルーではないそうだ。
確かに、香りが全然違う。



55P7090009.jpg

これは、ゴーヤの酢漬け。
なんせ、毎日収穫できるので、食べても食べても追いつかない。
で、これを作ってみた。
爽やかで、夏の夕暮れのビールにばっちり会う。
酢と砂糖と昆布出汁の素を交ぜて、火入れして酢を飛ばし、冷ましてから切ったゴーヤをつけるだけ。
冷蔵庫で二晩くらい置いた方が美味しい。


これも参考になるし面白い。
👇

小鯵の干物

1P5290184-1.jpg
長井の魚屋で、小鯵を箱一杯買ってきた。
唐揚げ⇒南蛮漬けにしたら美味しいが、今日は天気がいい。
一尾ずつおろして、その半分を干物にした。
頭を付けておけばカッコいいが、無駄なのと面倒なので、落とした。
こんなに出来た。
天日で干した塩の甘い自家製の干物は最高だ。
炙って食べたら、骨までイケるし、ビールが美味い。

集荷後の敷物にした新聞にこう書いてあった。
「30歳以上が接種すべきカルシウム量に対して、男性は28%、女性は27%足りていません
!」
何たる偶然。
言い訳がましいが、画像を見るまで気付かなくて、決してヤラセではありません。
ということで、小鯵の干物をせっせと毎日食べよう。
グルコサミンとコンドロイチンなんていらないぞ。


2P5290186.jpg

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

オクラの花

11●P7070043

僕は、よくネチネチとした性格だとか、手や口の中がネバネバしているとか言われる。
何で口の中まで分かるのか不思議だ。

だから、どうしてもオクラが好きだ。
納豆も好きだが。
芽株も好きだが。

オクラは、1~2分塩茹でして、切って、醤油少々と鰹節をかけて、ビールのつまみだ。
幸せと愛を感じる。
これを身近に置こうと、庭にオクラを植えた。
最近ポツポツと収穫できるようになったが、まだまだ小さい。
このオクラ、知らなかったのだが、清楚で綺麗な花が咲く。
君って、ホントはこんなに綺麗だったんだね。
なんていうセリフが出てきてしまう。
幸せの青い鳥は身近にいる。
僕ももう一度周りを探してみよう。
今更もう手遅れか。

ハイビスカスの仲間らしく、どちらもアオイ科(Malvaceae)なのだ。
この花が終わって、実が成る。
花オクラといって、花を食べる種もあるが、やはりこの食感、実をポリポリ食うのがたまりませんなあ。
日本の夏だ。



22P7070013.jpg

そろそろ収穫。
一本豪快に丸かじるか。
一口か。

自由軒 長者町 日ノ出町 中華料理

1 1P6110056_2016070300305507a.jpg
この店も僕が勤めた頃からある。
30年以上前だ。
店名が良いではないか。
自由権は大事な権利だ。
飲み終わってから、〆の「天津叉焼炒飯」を食べる権利を行使できる店だ。
体には悪い。

場所は、福富町界隈の日ノ出町駅寄りで、舗装もろくにしていない脇道に入ったところにある。
目印は、「バラエティショップ北欧」。
行けば分かる。
ここも老舗だ。




2 2PA090012_20160703003058bb9.jpg
〆の前に、叉焼で一杯飲む。
何が〆だ。
煮豚である。
これが柔らかく味が染みていて美味いんだな。
ボリューミィでコクがあって、全然ヘルシーさの欠片もない。
サーロイン、秋刀魚のワタ、鮟肝、ロース豚カツ…
体に悪いものほど美味いのだ。
って、生活習慣病持ちは開き直ってはいけない。




3 3P9070029_201607030030580da.jpg
ニラ玉。
僕はこういう食い物は、醤油をドバっとかけて食べ続けてきたのだ。
思えば、充実した人生だった。
まだ、一応終わってない。
しかし、美味いのだ。
さけど、体に悪いのだ。
糖尿も高血圧も時間の問題だな。
食べ続けてこのまま突っ走るか、適当なところで落ち着くか、究極の選択も間近だな。




4 4PA090011_201607030030598b2.jpg
水餃子である。
野菜嫌いな僕への当てつけか、野菜がたくさん入っている。
野菜スープ餃子ってほど、味がついているわけではない。
よく、野菜は体に良いというが、農薬にもろに漬かった野菜が体に良いとはとても思えない。
多分ろくに洗っていないと思うし。
世の男性諸君、虫もつかないような整形女を食うか?
って、結果美人ならいいか。
品の悪い表現になってしまったことを謹んでお詫びしたい。
だったら、サーロイン、秋刀魚のワタ、鮟肝、ロース豚カツ…の方が、安全ではないか。
しつこいか。
世の多くの女性に言いたい。
野菜を食うことをあまり男性に強要しないでほしい。
ただ、こういうことは、後が怖いので女性に対し面と向かって言ったことは決してない。




5 5P6110052.jpg
では、大好物。
〆の「天津叉焼炒飯」。
と昔から勝手に呼んでいるやつ。
正式な料理名は寡聞にして知らない。




6 6P6110054.jpg
トロリ中身は半熟の卵。
酸っぱくなく、やや甘い旨みのある餡。
卵大好き人間にとって、この世の天国、あの世のこの世である。
意味不明なことをお詫び申し上げます。




77P6110055.jpg
この通り、パラパラの叉焼炒飯が中から出てくる。
叉焼とは、さっきの煮豚。
すべて美味いものが組み合わさったこれが不味いわけがない。
この世の天国、この世の自由軒。

ここ最近太ったので、できる限りこの世の天国には行かないようにしている。
しかし、たまに「天津叉焼炒飯」がむしょうに食べたくなる。
病気だ。

ここ、メニューは多くはないが、中華定番のつまみもあり、飲める。
ただし、店内は、カウンターか狭い4人掛けベンチシート型テーブル席2セットしかない。
そして、大抵混んでいる。
大人数は不向き。
また、ガテン系兄さんたちが多いので、煙草をやられると辛い。
こういう店は絶対に禁煙にならないな。
可愛い彼女とのデートには絶対に不向き。
長年連れ添った婆さんか、年相応の彼女を連れて行くなら可。
そのように素晴らしい店であるということだ。

食べログへ
自由軒



関連ランキング:ラーメン | 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅



テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック