FC2ブログ

今津屋 南伊豆 子浦 

11DSCF0579.jpg
南伊豆の西側。
入り組んだ入り江に子浦海岸がある。
伊豆急下田から車で40分。
波の静かな海岸で砂地があり、海水浴もできる。
のんびりと静かな海を味わいたい向きにはお勧めのところだ。
しかし、本当に何もない。





22DSCF0537.jpg
このように波に侵食された奇石が点在する。
海岸をのんびり散策するのも楽しい。
さすがにここまで来ると本当に静かだ。
夏でも、交通の便が良くないためか、ゆっくりゆったりと時間が流れる。
ここの入り江は、プライベートビーチみたいなもんで、夏でも人は多くない。
僕のとっておきのスノーケルポイントでもある。












33DSCF0551.jpg
散歩をすると腹が減る。
では、今津屋さんを訪れる。
手こね寿司を看板にしている地元の魚を使った料理屋さんだ。
手こね寿司とは、魚のそぎ身を醤油ダレに漬けて、大葉や海苔や胡麻などと酢飯にあわせたもの。
忙しい船上で、釣った鰹などをそぎ身にし、醤油につけてご飯に手でこねて混ぜた漁師料理だったものである。




44DSCF0555.jpg
景色がいいぞ。
広い畳の席でのんびり飯が食える。
ここ、色々な芸能人の写真や色紙が飾ってある。
番組の取材のものもあれば、プライベートで来たと思われるものもある。
僕は、芸能人は美空ひばりと石原裕次郎くらいしか知らないので、誰のものかはわからなかったが、友人がクワタ夫妻がいる、と言っていた。





55DSCF0557.jpg
では、黒ムツの手こね寿司。
まあ、豪華。
イクラが乗っているではありませんか。
これは全然地魚じゃないな。
しかし、ムツは美味いぞ。
脂のある魚ではあるが、これは小ぶりなのかそんなに脂はない。
しかし、活きが良い。
この魚特有の甘みのある旨みが口に広がる。





66DSCF0568.jpg
鯵の手こね寿司。
こりゃ美味い。
活きが良いといっても生簀から出したてのようなコリコリではない。
身に弾力はあるがしっかりと旨味と甘みが湧き出るような歯ざわりだ。
こういう味は、漁港ならではのもんだな。





77DSCF0560.jpg
手こね寿司の定食はこんな感じ。
本日は、ひじきの煮たの…もちろん中国産ではない、
自家製のお新香…なんとゴーヤもある、
若布のおみおつけ…岩海苔が良かったな、
が付く。
デザートは、多分そのへんに成っている蜜柑…甘くて美味かった。





88DSCF0562.jpg
では、金目の手こね寿司。
ここのお店は、本日仕入れた魚で手こね寿司を作ってくれる。
魚を教えてもらってその中から選ぶ。
値段はそれぞれで、今日この中では一番金目が高い。
僕は何を注文したかって?
秘密じゃ。





99DSCF0572.jpg
脂がのって実に美味い。
醤油ダレは漬けすぎずサッと合わせただけのようだ。
甘すぎずさっぱりとしているが旨みのあるタレだ。
大葉も海苔も、そして意外や意外、イクラも良いアクセント。
ご飯の上にもタレはかかっていて、思わずかっ込んでしまった。
美味しくいただきました。
いつか、この素晴らしい景色と美味い魚で、じっくりと一杯飲りたいな。
素晴らしい場所の素晴らしいお店である。





1010DSCF0534.jpg


食べログへ
今津屋

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 松崎町その他




スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

桐のや水産 野毛 宮川町 立ち飲み

11DSCF0029.jpg
宮川町の立ち飲み屋である。
以前は、隣の「桐のや」という、銚子の魚を食わせる店が昼間やっていた魚屋さんだった。
魚屋としては普通の魚屋だったが、いつの間にか立ち飲み屋になっていた。
いつも酔っぱらっているので、まだ隣に「桐のや」があるのかどうかわからないが、ここは「桐のや水産」という立ち飲み屋であることは間違いない。
まだ、明るい。




22DSCF0020.jpg
ここの店は、大抵は0.5軒目(1軒目に行く前の景気づけと時間調整で行く店のことである。)か、酔っぱらって重いものを食うにはしんどいか、何かちょっと食って飲みたいか、でも長居はしたくないし、という時にぴったりの店なのである。
では、飲み足らない意地汚い奴の日本酒と、酔い覚ましの品のある奴のビールで乾杯。
品性がまだあるビールが僕である。




33PA220150.jpg
つまみは、平目を揚げて、南蛮漬けにしたもの。
青身の魚ではよくやるが、平目では初めて。
もったいないが。
しかし、刺身の残り物だろう。
僕だったらそうする。





44DSCF0017.jpg
酒飲むか。
何が、酔い覚ましだ。
追撃ではないか。
風の森。
奈良県御所市の創業享保4年(1719年)の蔵元、油長酒造がおくる純米無濾過の生酒だ。
風の森ブランドは、すべて手造りでまったく濾過せず割り水も行わないという生原酒なのだ。
良く冷えていて、フレッシュな感じの若い酒だ。
上品な甘みと酸味が心地よい。





55PA220149.jpg
つまみは、鯵を味噌と鰹節で叩いたもの。
まあまあか。
新鮮ならもっと美味いかな。
しかし、鰹節は良いアクセントになるな。
今度作ってみようと思う。




66DSCF0027.jpg
紀土の純米。
和歌山県は海南市の平和酒造がおくる酒だ。
山田錦55%の爽やかな酒だ。
純米ならではの米の味がする。
温カンのが美味いかも。
紀州の土に育まれたKidというところか。




77DSCF0023.jpg
平目の刺身。
まあまあ。
平目は、…ねえ。




88PA220148.jpg
さて、大好きな酒だ。
食べ物を邪魔しない、さりとて、個性がないわけではない。
旨みがあって爽やかだがコクがあって、食中酒としては僕的には一番だと思う酒だ。
澤屋まつもと。
以前ご紹介した記事だ。
最近お邪魔していないが、今度行ってみようかな。





99DSCF0028_20141019220223586.jpg
では、乾杯。
うーん、美味い。
好きな酒だな。
なんて言うか、ミルキーなんだよね。
何杯でも行けちゃうところがやばい。





1010DSCF0025フエ
鯵の氷膾。
味噌と葱で和えた鯵を氷で混ぜる。
これ、温かいご飯にお茶漬けのようにかけたら美味しいんだよね。
夏ならではのつまみだ。





1111PA220146.jpg
〆はレモン杯。
もう、日本酒は飲めないくらいに飲んだぞ。
水替わりにまたまた酔い覚ましだ。

飲んできた上にさらにこんなに飲んでしまった。
すべて美味い日本酒のせいだ。






1212PA220152.jpg
明日が辛い。
暗くなったと思ったが、まだ20:30だ。
帰るには早すぎる。
もう一軒行くには飲み過ぎた。
僕はどうしたらよいのでしょうか。

食べログへ
桐のや水産

夜総合点★★★☆☆ 3.0

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 日ノ出町駅桜木町駅関内駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

和泉屋 黄金町 居酒屋

11DSCF9981.jpg
東京に比べると数こそ違え、横浜にも、 良い居酒屋  と呼べる店は何件かある。
このお店もその一つ。
黄金町の駅を降りて、大通りを渡り日ノ出町方面にちょっと行くとすぐ右にある。
昔、職場で無礼講の宴会をやるときには、しばしば、ここで馬鹿騒ぎをしたものだった。

「和泉屋」という。
この界隈で「和泉屋」という店は3軒知っている。
クッキー屋ではない。
泉屋か。
阪東橋の「和泉屋」
吉野町の「和泉屋利助」
そして、ここ。
どれも素晴らしい店だ。

みんな家族でやっている店だな。





22DSCF0110.jpg
まずは枝豆。
昔、枝豆を茹でようと思って、束ねてある紐を解いたら小さな蛇が出てきたことがある。
シマヘビみたいだった。
僕は蛇も蜘蛛もそんなに苦手ではない。
しかし、あの時は驚いた。
蛇はもっと驚いたろう。
そっと、外に逃がしてやったが、豆と一緒に茹でなくて良かった。
枝豆を食べる度に思い出すな。






33DSCF0109.jpg
では、乾杯。
やはり夏は生ビール。
過ぎていった夏を偲んで生ビール。
炬燵に入って生ビール。
花見で一杯生ビール。
だな。





44DSCF0385.jpg
では、つまみに行こう。
青柳のヌタ。
僕は、ヌタが大好きである。
貝やマグロや分葱などを酢味噌で和える。
ここの酢味噌はさっぱり系で美味しい。
僕は、自分で作るときは、砂糖少々と辛子を入れて、好みの味にする。
味噌のトロッとした感じが沼田(ぬた)のようだということで、こう呼ばれるらしい。





55DSCF0157.jpg
ここのポテトサラダは美味しいぞ。
何といっても、卵たっぷり。
卵サラダというのだ。
葱の揚げたのも香ばしく、ちゃんと一捻りしてある料理なのだ。
友人を連れていくとこれを注文して、美味いだろう、美味いだろう と自慢する。
僕が作ったわけではないのだが。






66DSCF0390.jpg
河豚のから揚げ。
もちろん、虎河豚ではない。
ショウサイか何かだろうけど、河豚は何を食ってもうまい。
ここ、冬になると河豚ちりも食べられる。
今から楽しみ。
夏は泥鰌もあるが、僕は実は好きではないので、基本的に泥鰌は食べない。
好きな人いるんだよね。
でも、歯ごたえとか噛んだ時の独特の香りというか、やっぱイマイチ好きじゃないな。

で、河豚の骨をつかんでムシャムシャやる。
衣も香ばしい。






77DSCF9986.jpg
こうなったら酒だろう。
菊正宗の樽酒。
僕は、大手酒造メーカーでは、菊正と大関ならどちらかといえば好んで飲む。
こういうものだと思えば、これスッキリして冷でけっこう美味いんだな。





88DSCF0226.jpg
刺身食う。
上から右へ。
鰹、〆鯖、アオリ烏賊、真鯛、鮪、鰯。
ここ、ありきたりの居酒屋ではない。
刺身が美味いのだ。
僕の通う魚を売り物にする他の店と比べても全く劣らない。
若旦那の目利きか、爺ちゃんの指導か。
居酒屋レベルははるかに超えている。

本日は、鰹が極めて新鮮。
脂のない僕好みのシャンとした鰹だ。
また、鰯が美味い。
魚がいいのと処理がいいので、まったく生臭くない。
他も、当然美味しい。
〆鯖なんぞ、血合いの色を見てほしい。





99DSCF9985.jpg
あんまり美味いんで、鰹お替り。
こりゃいいぞ。
ごらんのとおり脂はない。
いわゆる関東流でいう初鰹だな。
戻りの脂のたっぷり乗った鰹も美味いが、年寄りなんで、やはりこういう鰹が一番じゃ。






1010DSCF0140.jpg
ここの名物の一つと言われている。
フライドチキンである。
いや、若鶏のから揚げである。
スパイシーではなく、醤油ベースのから揚げである。
そこが和のテイスト。
居酒屋のやる唐揚げはこれじゃないとね。
骨付きで豪快に頬張りたい。





1111DSCF0167.jpg
〆は鉄火巻きで。
鮪は良いものを使っているし、海苔もパリッとしていて口の中で溶ける。
山葵やガリにもこだわりがある。

すでに、30年以上ポツポツと通っているが、最近はまた、月二ペースになってきた。
食べて美味しいし、飲んで懐にやさしい。
実に素晴らしい良心的な老舗居酒屋なのである。






1212DSCF0005.jpg


食べログへ
和泉屋

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ふぐ | 黄金町駅阪東橋駅日ノ出町駅




テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

安兵衛 ラーメン 三島

11P8160330.jpg
三島っていう街は、なかなか趣のある水の都であり、落ち着いた良い街である。
夜は、人はあまり歩いていないが、飲み屋は多い。
みんな、店に入って飲んでいるからだろうか。
中心地は、三島駅周辺ではなく、伊豆箱根鉄道で一駅行った三島広小路駅周辺である。
そこの外れにこんな店があった。
大衆酒場であり、「究極の三島ラーメン」を出す店のようである。
究極の三島ラーメン?





22P8160334.jpg
店に入る。
ここは、通称「白雪通り」と言うらしいのだが、白雪姫ならぬ、奥さんがお一人でやっていた。
先客は、おじさんと若い白雪姫のカップル。
間違っても親子ではない雰囲気で、しかも常連と見た。
親しげにボトルの焼酎を飲みながら、盛り上がっている。
他人とはいえ、手本にしたい人生である。




33P8160333.jpg
まずはビールで乾杯。
散々飲んだ後だし、もう酒はいい。
ビールは、お茶代わりだが、たくさん飲めばそれなりに酔う。
でも、飲まずにはいられない。
〆のラーメンを食いに来たのではないか。
また、やってしもた。
飲んだ後のラーメン。





44P8160340.jpg
ラーメンが来た。
いわゆる中華そば。
濃い口の醤油ラーメンだ。
醤油の香りは良く、鶏がらと魚介のスープは美味しい。
ただ、化調は強く、この辺は好みの分かれるところか。

昔は、僕は化調入りのラーメンが苦手で、避けて通ってきた。
しかし、寄る年波で、大抵のことは許せたり我慢したり、ドーでも好くなってきた。
人間ができてきたというか、めんどくさくなってきたかのどちらかである。
で、最近は、化調だけで味のつけてあるような代物はともかく、どこのラーメンも大抵食べている。
そもそも場末の江戸は大森の出身でもあり、子供のころから慣れ親しんだ化調に回帰したのであった。
そもそも頭が良くなると言われて、味の素を舐め過ぎて気持ち悪くなって吐いたこともあった。
馬鹿である。



55P8160342.jpg
麺は縮れた中太麺。
これが良くスープと絡んでいい。
麺自体も美味しくて、シャワシャワと食べてしまった。
叉焼は、肩ロースか。
味が染みていて柔らかくて美味しい。
その他、ワカメが特徴的といえば特徴的。

ラーメンを食べている間に何人かお客さんが入ってきた。
遅くまでやっているので地元の方には重宝している店なんだろうなと思う。
こういう店は近所に一軒ほしいな。

酒の〆 夜中のラーメン 今は過去
なんてことは、当分ない。




6
6P8160346.jpg


食べログへ
安兵衛

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:居酒屋 | 三島広小路駅三島田町駅三島駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック