FC2ブログ

天浅分店 蒲田 天ぷら

会社を休んで、所用でJR蒲田駅からすぐにある大田区役所に行った。
なかなか会社を休めない身の上、昼から大っぴらに酒が飲めるぞとやって来た。
で、どこで昼は食べようかと思案した。
やはり、天ぷらか。



1PC170017.jpg
前にも書いたかもしれないが、僕は脚は短いし胴は長いしゲップよりもオナラを恥じるし、典型的な日本人である。
しかし、食い物の好みは典型的な外国人観光客だ。
好きな順に、寿司、天ぷら、しゃぶしゃぶ。
で、前に平和島の天浅を紹介したが、その支店に入った。




2PC170018.jpg
一階は、入って左にカウンター、右に小上がりでテーブル二つ。
カウンターに腰掛け、ビールを注文する。
大瓶600円。
里芋と烏賊のゲソの煮っ転がし。
こういうのって美味いんだよねえ。
僕的にはかなり究極的な酒のつまみだ。
おしんこなんかもポリポリかじりながら。



3PC170020.jpg
はい、天ぷら、1200円。
これで、ゆっくりビールを飲む。
ただし、横たわって他の天ぷらの枕になっている ”穴子" を入れてねとリクエストしたので、1,240円。
何のネタが交替ったかはわからない。
穴子は江戸前、そんなに癖のない美味しい穴子だ。
10本くらい食べられちゃうな。
左が海老のかき揚げ。
バナメイエビではない。
味は普通か。
あと冷凍海老が2本と茄子に薩摩芋。
胡麻油の香りもよろしく、満足の昼食となった。
ビール飲めたし。
このまま、飲みつづけていたいが、まだ用があったこととランチタイム?が終わりそうだったので帰ることとなった。
残念。

なお、カウンターでご主人が鱚を下すのを見ていたのだが、左ギッチョであった。
多分、昔ご主人の修行時代には、まだ左利き用の小出刃なんてなかったろうから、両刀使いかも。
手捌きが小気味良かった。


食べログへ
天浅 分店

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:天ぷら | 蒲田駅京急蒲田駅梅屋敷駅


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

マハカリキッチン 弘明寺 インド料理

11PA110028 マハカリキッチン
弘明寺に住んでいる飲み仲間から久々に連絡があった。
毎日インド人が、インド料理店のビラを商店街で配っているが、感じがよい人なので一度いってあげたいので行かないかと。
韓国や中国には親愛の情はまったくないが、インドにはそれなりにシンパシイがある。
ぜひ、行こうということになった。
マハカリキッチンという。
“ママカリキッチン”だと鰯の仲間の酢の物になってしまう。
“ハバカリキッチン”だとトイレと台所が一緒になってしまい衛生上問題があるので間違えないようにしたい。




22PA110030パパド
まず、これが出た。
お父さんに食べさせたいものである。
パパ、どう?
失礼しました。
まあ、インドのおせんべいというようなものか。
パパドという。
チャナ豆の粉で作った生地にスパイスを練りこんで、油で揚げたものだ。
これ、結構美味いんだよな。




33PA110046ビール
ビールのつまみにいい。
なんとここの店、黒ラベルだな。
いいねえ。
2本頼んじゃおう、2本。




44PA110049チキンサラダ475¥
まずは、チキンサラダだ。
コールスローの材料にスパイシーなチキンが入っている。
ヨーグルトと香辛料に漬け込んだチキンを串に刺し、タンドールと呼ばれる窯で焼いたティッカというヤツだ。
骨がついていると、タンドリーチキンになる。
475円。
中途半端な値段だがリーズナブルで、美味しい。




55PA110050ミックスグリル999円 タンドリチキン・ガーリックティカ・タンドリブラウン・シークカバブ・フィッシュティカ
ミックスグリル999円。
ドンキホーテのような価格設定だ。
タンドリーチキン、ガーリックチキンティカ、シークカバブ、フィッシュティカである。
ティカティカして目がくらむ。
ソーセージのようなシークカバブはまったく臭みがなく、かなり美味しい。
フィッシュティカはカジキだが、大抵どこのインド料理やで食べても大抵生臭い。
インドの人は魚の扱い方を知らないのかなあ。
しかし、これだけで十分満足だ。




66PA110054グローバーナンディヒルズ
では、ワインだ。
インドワインがあるという。
グローバー・ナンディ ヒルズ!!
カベルネソーヴィニヨンとシラーズヴィンセンスからなるスパイシーなワインだ。
スパイスとフルーツの交差した香りが複雑だ。
交差であり、交錯ではない。
フレンチオーク樽で6ヶ月間熟成させるという。




77PA110055グローバーナンディヒルズ
オーッ、力強くしっかりとした味わいだ。
結構華やかだし。
インド料理には確かに合うな。
グラスは、キリンシーグラムだ。
ここ、前は焼肉屋で、居抜きで買ったようなのだが、食器もそうかも。




88PA110060マトンマサラ900円
マトンマサラカレー。
オー、濃厚。
けっこうバターが使ってあるようだ。
スパイスの香りといい味わいといい、美味しい。
マトンも全然臭みがない。
こりゃいいぞ。




99PA110063ダルカレー
ダルカレー。
イチローならぬダルビッシユが毎朝食べているカレーである。
嘘である。
ダルとは豆のこと。
インドでは「豆」カレーが普通なのダル。
ベジタリアンが多いからそのための蛋白源なのかな。




1010PA110065ダルカレー
何豆だろう。
グリーンピースも入っているな。
インドでは、ダルカレーは普通の家庭料理らしい。
豆のコクがアクセントとなって美味しい。
クリーミーな味わいだ。




1111PA110056チキンビリヤニ
チキンビリヤニ。
チキンの入っているビリヤニ。
ビリヤニとは、一言で言えば、複雑な手順で作る炊き込みご飯のことである。
ピラフとか鯛飯の世界だ。
おーっ、スパイシーな香りに、このインディカ米の香ばしい香り。
こりゃ美味いぞ。
炊き込みのスープは当然にカレーである。
マトン、チキン、野菜、エビ、魚などが、その具になる。
どちらかというと北インドの料理らしい。




1212PA110061バスマティライスup
ビリヤニに使う米だ。
バスマティというインディカ米。
ヒンズー語で「香りの女王」という意味らしい。
実は、この米、生で食べさせてもらったが、穀類の薫り高い香りとコクがあった。
本当に美味しかった
米粒が極めて細長く、米粒がしっかりしていて、調理しても粘り気が出ないそうだ。
確かに、炊き込みご飯に向くな。
焼酎にもよいかも。

この店、ネパール人の兄弟とその奥さん4人でやっている。
実に人が良く感じの良い方々でいろいろと話をした。
以前はそれぞれ東京と神戸で店をやっていたらしいのだが、一緒に弘明寺で開店したとのこと。
とても美味しいし、リーズナブル。
通って、応援したい店だ。


食べログへ
マハカリキッチン

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:インドカレー | 弘明寺駅(京急)弘明寺駅(横浜市営)


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

リストランテ レガ  イタリアン 石川町

11P7070002.jpg
ランチって、夜は高い店でも安くて美味しいものが食べられるので、貧乏飲んだくれサラリーマンダイバーにはうってつけのメニューである。
休日の昼に良いものを食べて、夜は発泡酒と缶詰で済ませ、そっと寝るという生活が常態化しつつある。
このお店は、夜もそんなに高くはないが、なかなか美味しくてお気に入りなのである。
レディオガガでもレディガガでもなく、リストランテ レガである。
ぜんぜん似てないか。
石川町駅南口から、川沿いに元町と反対側に歩いた最初の交差点の角にある。



22P7070004.jpg
本日はランチコース、2500円で。
ナプキンがシドニーのオペラハウスになっている。
港ヨコハマにマッチして、貝というかヨットの帆というか、なかなか素敵な演出だ。
以前、横浜西口のカンプーザで折り方を教えてもらったが、忘れてしまった。
今は、ブラジャーなら折れるがあまり自慢できることではないので、人前ではやらないことにしている。



33P7070005 蛸とセロリのマリね
最初に、蛸とセロリのマリネだ。
蛸は地蛸。
爽やかな風味と味わいだ。



44P7070010.jpg
三種の前菜だ。



55P7070007 24月熟成パルマ産
24月熟成パルマ産の生ハムだ。
イタリアは、エミリア・ロマーニャ州ボローニャ北西にあるパルマで作られる最高級のハムである。
美味しいなあ。
ブロックでガリガリ食いたいが、そういう品の無いことをしてはいけないし、塩分取り過ぎにもなる。



66P7070008 千葉野菜のバーニャカウダ
野菜のバーニャカウダ。
千葉県産らしい。
色合いが綺麗で楽しくなる。
ドレッシングみたいな感じで。
アンチョビ・ニンニク・オリーブオイル・胡椒というのは絶妙な取り合わせだなあと思う。



77P7070009 鰯のフリットのマリネ
鰯のフリットのマリネ。
まあ、イタリアの天麩羅の南蛮漬けの赤唐辛子なしというところか。
イタリアンだけあって、彩も良いな。
味は酸っぱすぎず甘すぎず、良い塩梅です。



88P7070011.jpg
パン。
美味しいので何度もお替りした。
腹減らしなのだ。



99P7070012 アマトリチャーナ パンチェッタ 島とソースチーズ
アマトリチャーナ。
パンチェッタとソースチーズ。
なんのことやらさっぱり通じん。
アマトリチャーナとは、乾燥熟成させた塩漬けの豚とたまねぎを具に、唐辛子の効いたトマトソースにパスタを絡め、それにペコリーノ・ロマーノというチーズをすりおろして和えたものだそうだ。
こんごらがって何が何だか分からなくなった。
普通は、グアンチャーレという豚の頬肉を塩漬けにして乾燥させたものを使うらしいが、これは、パンチェッタという豚バラを塩漬けにして乾燥させたものを使っている。
パンチェッタだと脂身が多い分、香りと旨みが濃厚だ。
美味い。



1010P7070013麦烏賊の肝のスパ
麦烏賊の肝のスパゲティ。
醤油が隠し味か。
美味い。
烏賊の旨味と肝の濃厚さが引き出されている逸品だ。
こりゃ腹いっぱい食いたいな。
ちなみに、麦烏賊とはそういう烏賊がいるわけではない。
麦の穂が実る初夏に釣れる、まだお子様のスルメ烏賊のことだ。
何で夏の盛りのこの時期に麦烏賊か分からなかった。
北のほうで獲れたのかな。



1111P7070016 子羊のソテー
メイン。
ラムである。
ソテーにしたもの。
羊を嫌いな人は多いが、ラムは臭みがなく、香りが良くて美味いと思う。
大好物の肉の一つだ。
迷える子羊にならず成仏してほしい。



1212P7070017 コチホウボウ アクアパッツァ
コチとホウボウのアクアパッツァ。
これで、この料理を食べたのが夏だとばれてしまった。
って、さっき言ってしまったか。
旬なのである。
二つとも高級白身魚の代表格だ。
しかし、鯛などと違って脂はない。
上品な身の縮んだ新鮮なものは刺身にして実に美味しい。
それをアクアパッツァに。
贅沢な逸品だ。
ワイン飲みてえ。



1313P7070019 ティラミス
ドルチェ。
ティラミスである。
甘いもん大好きな僕としては、至福である。




1414P7070025チフルール・ハーブタテティー
ハーブティーとプティフルールで静かな午後である。
今日はいつもと雰囲気の違う記事となったなあ。



食べログへ
RISTORANTE REGA

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:イタリアン | 石川町駅伊勢佐木長者町駅関内駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

シルバー ロック 吉野町 バー

11PB220053.jpg
以前、生麦で飲んでいて、京急線線路近くの2階に、安くて良いバーを見つけた。
電車が通ると揺れた神田川のようなバーであった。
僕みたいな貧乏飲んだくれサラリーマンダイバーのために、ボランティアでやっているとしか思えない驚愕の店だ。
えらいベロンベロンで行ったのだが、確かハンバーグが3個80円、アーリータイムスのボトル1本が980円。
ハンバーグ3個がですぞ、3個、ボトル1本がですぞ、ボトルが。
で、よく場所を覚えていなかったが、その次に行った時にはなくなっていた。
あれは一夜の夢、狸か狐に化かされたのか。
と思っていたが、肥溜めの風呂に浸かった様子もなく不思議な気持ちだった。
で、たまたまネットで、この系列店が吉野町にあることを知ったのだ。
バー シルバーロック。
鍵屋さんではない。



22PB220063.jpg
吉野町と言えば、

「喜楽や」


「みーしゃ」

という名店が揃う。
美しが丘か山手か葉山の次くらいに移り住みたい街だ。
ちょうど、場所は「みーしゃ」の対面。
店の中はウッデイだ。



33PB220055.jpg
では、と、まずでかいポップコーンが。
さあ、映画見るぞって、画面はない。
結構おいしくて、モグモグ食べてしまうぞ。
こういうものは普段あまり食べないのだが、食べてみると案外美味いもんだ。
しかし、後引くな。



44PB220065.jpg
酒より先に、チーズなんか頼んじゃった。
腹減りオジさんなのだ。
パルメザン。
これ、擦りおろさなくて、そのまま食べて美味しいのだ。
好きなのだ。
けっこう大きな板だぞ。



55PB220058.jpg
では、酒だ。
おっ、ブッカーズがあるではないか。
ブッターズは僕の飲み仲間だ。
これ、酒屋で買っても5,000円くらいするバーボンだ。
1ショット、710円だと。
あまりにも安いではないか。



6乾杯。
6PB220062.jpg
ジム・ビーム社による手造りバーボンで、熟成樽の中から職人が最高の状態だと見極めたものが直接瓶詰された逸品だ。
割水や濾過を一切していない原酒である。
強い果実のような香りだが、飲むと案外マイルドでとろけるようだ。
63度をチビリチビリと飲る。
おいおい君たち、ロックにしたらもったいないぞ。



77PB220070.jpg
では、生ハム。
塩っぱくなくて美味しい。
これでアボガド巻いても美味しいんだよね。
酢飯を巻いても美味しいが。
メロン巻くよりそっちのがいいな。



88PB220069.jpg
ローストビーフ。
和牛だそうで、そこそこ美味しい。
けっこうな量だぞ。



99PB220076.jpg
浅利の酒蒸し。
これもかなりの量だ。
塩加減が良く美味しい。
浅利の殻の模様って、一定のパターンはあるが、実は同じものがない。
当たり前か。
しかし、色や模様は遺伝するらしく、住むところによって模様の系統などが違うらしい。
血筋ってやつか。
こんなことを考えながら食べていると、愛情が湧く。
僕の友人で、浅利の砂抜きを見ていて、水をピューピューやっているのが可愛くて可愛くて、ついに食べられなくなり近所の川に放した奴がいる。
シジミだったら川だろうが、浅利は海じゃないか?



1010PB220061-2.jpg
じゃあ、ボトル入れるか。
な、な、なんだとぉ。
アーリータイムズやハーパーが980円だと。
まさか、一杯の値段ではないだろうな。
やっぱりボトルだ。
予想通りだったのでこんなに驚くことはなかった。
しかし、ジャックダニエルズだってボトル1,680円だ。
ほとんど原価じゃんか。
一応一人480円の氷代は払うが、異常である。
というか嬉しい価格である。



1111PB220074.jpg
で、どうせならジャックダニエルズにする。
居酒屋の「真露」より安いではないか。
僕はあんなもんは飲まないが。
ジャックダニエルズは、テネシーはリンチバーグにあるバーボンの酒造メーカーの看板商品だ。
ちょいとワイルドで深い味わい。
バーボンは好きだな。
飲んでる僕は、バカボンだが。
そういえば、最近、近所のダイエーで、「ジャックダニエル テネシーハニー」 っていうのを見つけた。
どうも、ジャックダニエルズ ブラックにハチミツを加えたリキュールらしいのだ。
キューティーハニーじゃないぞ。
好きだが。
怖いものは見たいが、どこかで止めておけという声が聞こえてくるので、未飲。



1212PB220077.jpg
飲み方は、ハイボールで。
さっき、度数の強い濃厚なのを飲んだのと、ボトルだとパカパカ飲んじゃうので、水替わりにこれにした。
要は、どっちにしてもパカパカ飲んじゃうということだ。
でも、ついつい強めに作っちゃうので、こりゃ酔っぱらうな。




1313PB220081.jpg
二日酔いしないように、腹に少し貯めなきゃ。
っても、食べ過ぎるとゲーゲーしちゃうのでやっかいだ。
要は、飲み過ぎるなということだ。
ハンバーグ。
味は普通である。
でもパクパク食べちゃう。



1414PB220084.jpg
豚の煮込み。
ドーンとボリュームがあるぞ。
柔らかく、脂もすっかりプニプニになり、僕の腹みたいだ。
鍛えねば。
共食いではあるが、美味しい。
さすが食いでがあるな。



1515PB220085.jpg
さらに食うか。
合鴨の燻製。
これもドーンとしている。
変な臭みもなくスモーキーで美味しい。
ご飯のおかずでもいいな。



1616PB220057.jpg
では、お勘定と。
酒は安いが食い物は高いんじゃないの、と疑うあなた。
これまで食べたものを順に。
パルメザンチーズ 380円
生ハム切り落とし 280円
ローストビーフ  280円
あさり蒸し    380円
ハンバーグ    180円
豚の煮込み    480円…これは、高いな。
どこが高いんじゃい。
合鴨燻製     280円
この量では、原価割れではないか。
驚愕である。


食べログへ
シルバーロック

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:バー | 吉野町駅南太田駅黄金町駅




テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック