FC2ブログ

ルグラン 横浜 高島屋 レストラン

11P9300019.jpg
横浜高島屋の8階のレストラン街は、結構穴場で、夜は静かにゆっくりご飯が食べられて飲める。
いわゆるお好み食堂の「横濱ローズ邸」には、晩酌セットまであり、なかなか使い心地が良い。
大抵空いているので、つぶれないか心配ではある。
で、僕のお気に入りがここである。
ルグラン。
ホテルニューグランドの高島屋店である。
 


22P9300030.jpg
まずワインなんか飲んじゃう。
実は、既に、「横濱ローズ邸」で、晩酌セットを済ませて来たのだ。
Prunotto Barbera d'Alba
プルノット バルベーラ・ダルバ 2011 だ。
イタリアはフランスと国境を接したピエモンテ州のもの。



33P9300021.jpg
市販では、2500円くらいか。
当然ここでは、その2倍くらいはする。
ちょっと紫っぽい、きれいなルビー色だ。
口の大きなワイングラスに注ぎ、じっくり空気と馴染ませる。
時間が経てば経つほど、フルーティな香りが広がる。
実にふくらみのある味わい深いコスパのいいワインだぞ。



44P9300023.jpg
ホテルニューグランドというと、まずは、スパゲティ・ナポリタンだろう。
横浜はモノの初めが多いが、これもその一つと言われている。
ここのナポリタンはいわゆるトマトケチャップ仕様ではない。
湯むきしたトマトに玉葱・ニンニクか。
それを、ハーブと共にじっくり煮込んだものだ。
具は、ハムにマッシュルーム。



55P9300026.jpg
さて、たっぷりチーズをかける。
ここの麺は、茹でてから一晩じっくり冷蔵庫で寝かせるらしい。
それで、翌日の調理の時に炒める。
これがモチモチの秘密だそうだ。
美味い。
味付けも濃くなく香りの良いソースだ。
麺も、コシがあってよいぞ。
これぞ、元祖横浜のナポリタン。



66P9300024.jpg
次も、横浜発祥、シーフードドリアだ。
焦げ目とソースの色合いの良さといったらない。
これだけで十分食欲をそそるぞ。
僕はそんなにドリアは好きではないが、それは冷凍食品ばかり食べているからだ。
中国産の鰻ばかり食べていれば鰻を嫌いになるということだ。
似て非なるもの。
で、このドリアは別物だ。
なんとクリーミーで優しくふくよかな味なんだろうと思う。
ソースに十分手間がかかっているんだろうなと思わせる逸品だ。
ライスもバターの風味と野菜のアクセントが効いている。
若干後悔しているが、1,995円も出して良かった。



77P9300029.jpg
何でも、これを考案したのは、当時のホテルのフランス人シェフだそうで、お客さんが体調が悪いとかで、スーッと食べられるものを所望したそうだ。
それが、このドリア
お粥じゃないところがフランス人のシェフだ。
ホワイトソースって難しいんだよな。
薄力粉をたっぷりのバターで炒めながら、牛乳を少しづつ加えて煮るんだけど、ダマが出来たり、水っぽくなったりで。
海老…バナメイエビ?とベビーホタテとの相性も良くプリプリサクサクで、実に美味い。
なんか、ホワイトソースだけではなく、バターライスの上にトマトクリームソースのようなものもかかっている。

高いが、本当にここは、豊かな気分になる。
たまにこういう食事がしてみたくなる。


8P9300020.jpg



食べログへ
ル グラン

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:洋食 | 横浜駅新高島駅平沼橋駅


スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

さし田 本牧 居酒屋・レストラン

11PA290023.jpg
横浜で育った僕の世代にとって、”本牧”と聞くと、どこか遠い外国の風が舞う素敵な場所という記憶がある。
車の免許を取って、最初に夜中に遊びに来たのは本牧のライブハウスで、もっと遡れば、釣竿とクーラー片手に青い芝生のフェンスの向こうを覗いたものだった。
今思うとゴールデンカップスなんて実に下手なバンドなんだが、当時はスゲーとか思っていた。
今は、フェンスの向こうは高級住宅街となっている。
フェンスのこちら側の住宅街や商店街は、昔と変わらない。
暗い住宅街をちょっと彷徨ってみた。



22PB010064.jpg
で、その一角に、この店がある。
このそばにある中学校の先生とひょんなことで知り合いになって、教えていただいたのだ。
魚が美味しいよと。
普通の食堂のようだが食堂ではない。
で、居酒屋のようでただの居酒屋でもない。
実は、お父さんが洋食のコックさん、息子さんが和食、お母さんが美人という、家族でやっている地域密着型の洋食海鮮居酒屋なのだ。



33PA290025.jpg
では、まずは乾杯。
今日は日本酒好きが集まったぞ。
ここは、いわゆる一般的な銘酒も置いてある。
やはり、地には平和を、魚には日本酒だろう。



44PB010066.jpg
お決まりのポテトサラダ。
日本酒で乾杯の後、ポテサラかよ、とお嘆きのあなた。
まったくそのとおりである。
しかし、編集の都合というものもある。
まずは、洋食部門からスタートだ。
居酒屋部門でもあるな。
これがないと酒は始まらない。
自分でも作るのだが、どうも今一なんだよな。
いろいろ手をかければかけるほど美味しくなくなるし。
やはりシンプルに作ったほうがいいんだろうな。
原点に返れ、ということか。
これ凄い。
山盛りである。
美味しいぞ。



55PA290029.jpg
ハムカツである。
大きなハムで、切り口もでかい。
衣の香りが良い。



66PA290030.jpg
カキフライ。
旬の一品だ。
まさに、洋食屋のカキフライだ。
豚カツ屋のカキフライとは違う。
何が違うかというと、洋食屋のフライって、パン粉のきめが細かいような気がする。
ちょっとお上品というか。
これは、わりと粒の小さな牡蠣だ。
やや火を通しすぎかな。



77PB010070.jpg
豚肉のにんにく醤油炒め。
こういう定食屋的なメニューもある。
さすがにこれを頼んだときは日本酒ではなく、ビールを飲んでいたが。
これでご飯を食べたらさぞ美味しいだろうとブイブイ言いながら食べた。



88PA290033.jpg
野菜炒め。
どこにでもいるのだが、必ず野菜を頼むやつがいる。
野菜サラダとかスティック野菜とか
野菜が体にいいと信じて疑わない野菜教の連中である。
特に女に多い。
最近男にもいる。
一食くらい野菜を食わなくても栄養が偏ることはないではないか。
僕は野菜はほとんど食べないが。
ましてや、わざわざ外食で食べる必要もない。
家で一人で食べればいいではないか。
さらに、こんな農薬漬けのものが体にいいわけがない。
と野菜嫌いの僕は思う。



99PB010071.jpg
なんてツラツラ思いながら八海山を飲む。
やっぱ日本酒は美味いなあ。



1010PB010072.jpg
鱈の白子。
これは×だった。
生臭かった。



1111PA290027.jpg
ウチワエビ。
ずいぶん変わったものがあった。
身は甘く締まっていてそこそこ美味しい。
岩礁の斜面や転石帯、砂泥地に棲息する甲の形が団扇状の海老である。
水深15~250mと棲息範囲は広い。



1212PA290032.jpg
では、刺身だ。
上から右へ。
まずは、鰹。
すばらしい。
実に鮮度がいい。
こんな鰹を食べたのは実に久しぶり。
カップに入っているのは生シラス。
これもまた鮮度抜群で言うことなし。
下に行ってエボダイだ。
エボダイを刺身では初めて食べた。
程よい脂の乗った白身の甘みがいい。
秋刀魚。
これも素晴らしい。
血合いがピンク色である。
脂が乗って美味しい。
蛸。
地蛸である。
これも歯ごたえがある。
下の白身はカワハギ。
この時期のカワハギは美味しい。
別に盛ってもらった肝で食べた。
刺身の質は抜群だ。




1313PB010068.jpg
で、また刺身だ。
中トロ。
天然ものの何鮪だろ。
寿司で食べたいな。
右上が鯵のたたき。
実に新鮮、臭みはまったくなく脂がある。
こういう鯵ならいくらでも食べたい。
下の白身は石鯛だ。
コリコリとシャキシャキの間くらい。
落としてしばらく置いたものだ。

この店、本牧の漁師から魚を仕入れていると聞いた。
鮪はともかく、実にいきの良いすばらしい刺身を出す。
ちょっと感動。


1414PA290035.jpg
エボダイ刺身UP!!!。
この皮はまさしくエボダイ。
関東ではエボダイと呼ばれるが、関西に、これによく似たシズという別種もいるらしい。
シズちゃんのように、肌が美しいかららしいが。
誰だ?シズちゃんって。

実は、ややこしいことに輸入もんのシズもいて、干物で“エボダイ”として売られている。
ちょっと形状が違うらしく、うちの父親などは、これはシズだ、とかいってけっこう区別していたな。
僕にはわからない。



1515PB010074.jpg
何でオムライスが出てくるかというと、〆なのである。
僕が好きなのである。
そう!!!
洋食屋さんでもあるのだ。
洋食屋で飲むのが大好きな僕としては、刺身も食えるし日本酒もあるし、天国とディズニーランドが一緒になったような店なのである。



1616PB010075.jpg
いわゆるきっちりと被せてある正統派オムライスだ。
卵の内側はきちんと半熟。
こういう細かな技術は貴重だ。
内側までちゃんと焼いてはいけない。
画像、ご飯がちょっとベッチャリとしていたかな。



1717PA290036.jpg
次はこれ。
何だ、ケチャップライスではないか、というあなた。
実はトルコライスなのだ。
長崎名物。
ピラフにスパゲティに豚カツ。
いろんなものが乗ったプレート料理である。
トルコライスとは言うが、トルコにはこれとおんなじ料理はないそうだ。
トルコのお風呂も、日本に来て変なお風呂に捻じ曲げられたので、同様かと思ったが、それほどひどくはない。
スパゲティナポリタンが日本料理のようなものか。
ん?ケチャップライスだけ?



1818PA290039.jpg
なんとびっくり、ご飯の中から豚カツが出てきた。
びっくりトルコライスか。

ここのお店。
洋食は普通かと思うが、刺身が実に素晴らしい。
これだけ活きの良い魚を出す店はそうはないし、ましてやこの値段ではありえない。
って、いくらかは覚えてないがかなり安かった。
わざわざ、バスに乗って飲みに行っても損はないと思う。

場所柄、地域の常連さんで賑わうが、タバコを吸う人が多い。
これを除けば毎日でも通いたくなるお店だと思う。


食べログへ
キッチンさし田

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:居酒屋 | 山手駅




テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

叶家 野毛 居酒屋

11PB280079s-.jpg
野毛の老舗である。
樹木希林の実家ということで有名な店だ。
昔からお世話になっている店の一つである。
土日は昼間っからやっているが、競馬ファンで混み合っており、煙草モクモク状態である。
ちょっと遠慮したいが、ついつい行ってしまう。



22PA030005s-2.jpg
店内はこういう感じ。
入って、右方向に進み、すぐ左はカウンター、左の奥にかけてはテーブル席、右側は座敷となっている。



33IMAG0002s-.jpg
サントリーモルツ中びん560円。
ややお高い。
グビッと呑む。
やっぱりビールはモルツが一番美味いな。
次は黒ラベルか。



44PA030008s-.jpg
お通し。
今日はコールスローだ。
野菜嫌いの僕が、バケツ一杯でも食べられるのがこれだ。
たいめいけんのコールスローのレシピでよく自宅で作って食べている。
このレシピ、油多めなのだ。
太る。




55PA030001s-.jpg
時節柄カキフライ。
生で食べられるカキをさっと揚げたのが好きなのだが、総じてどこの店もやや揚げ過ぎか。
しかし、カキフライははっきりとその店の実力や誠意の判る食い物だと思う。
カキほど美味い不味いがはっきりとした食い物はない。
ここは普通。



66PA030002s-.jpg
秋刀魚の刺身。
この時期、本当に脂がある。
2片も食べれば十分。
秋刀魚はスーパーでも、ものすごく鮮度の良いものが遠くから来るものだが、アジやサバはそうでないことが多い。
アジやサバも秋刀魚並みに鮮度の良いものをスーパーでも置いてほしいな。
やはり、秋刀魚と違って、たくさん獲れないので、良いものは料理屋とかに行ってしまうのだろうか。
しかし、今年は秋刀魚も高いなあ。



77PB280080s-.jpg
はい、日本酒。
もっと入れて欲しい。
こぼれちゃうか。
静岡の「開運」があるぞ。




88PB280082s-.jpg
じゃあ、つまみは「ムツ」の西京焼。
ここの店の名物である。
通信販売もやっている。
一枚800円。
ちょっと驚くが丁寧に造っているとのことでそれなりに美味しい。
沖縄から注文したら送料が1,000円なので、1枚だと割が合わない。
4枚買うと送料がただになるらしい。
ムツというが、銀ダラという深海魚である。
この魚、いつのまにか高級魚になってしまったという立身出世魚である。



99PA030004s-.jpg
では、ハイボールを。
濃さは、極端に薄いチェーン居酒屋系から十分に満足できるクライスラーの中間くらいか。





1010DSCF0018s-.jpg
フグの唐揚げ。
フグっていうのは脂がないのにもかかわらず、何でこんなに美味いんだろうと思う。
体脂肪率は、0.1%くらいらしい。
羨ましい。
トラフグではないが、フグは何を食べても美味しい。

ちなみに、フグ刺しを食べて、フグの種類を当てることが出来る人はほとんどいない。
当然、僕もその一人で、子供の頃から爺さんや父親にフグより美味いものはあるんだから、あんな危ないもんをわざわざ食わなくていいと言われて育ってきた。
だったら、フグ調理師の資格を取れば良かったのに。
この変な教えがトラウマとなり、僕がフグを初めて食べたのは、30歳の時であった。
こんな美味いもんと判っていたら、もっと早くから食べていれば良かった。
父親はいまだフグは食べない。
頑固者め。



1111DSCF0017s-.jpg
最後は出し巻き卵で〆。
卵大好き人間としては、こういうのは嬉しい。


食べログへ
叶家

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:居酒屋 | 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

いとや 藤沢 和食

11P7260003.jpg
藤沢にある「いとや」に行った。
美味しい和食と日本酒の店だと聞いた。
藤沢駅は、南口のOPAの裏のビルの地下にある。
このビルの地下は、なかなか渋い店が揃っているので、トイレも含めてよく使わせてもらっている。
うれしいことに、「いとや」は9月から店内禁煙となったらしい。



22P7260004.jpg
電話を入れてカウンターに座る。
なかなか素敵なご夫婦で店を切り盛りしている。
まずは、彩も綺麗な野菜の小鉢。
さっぱりと食べられていいぞ。



33P7260005.jpg
では、酒だ。
日本が誇る酒処山形県は、十四代の中取り純米の無濾過だ。
いつも思うが、実に美味い酒だ。
これ、いくらでも飲めちゃうと言うのが、良い所でもあり、悪い所でもある。
高い酒なので、酒代はかさむし、良い酒でも過大に飲み過ぎれば二日酔いもする。
いつも両方なのだ。




44P7260007.jpg
では、肴。
刺身の盛り合わせだ。
左から右に、上から下に行く。
金目鯛。
脂が程よく乗って美味い。
鰹を塩麹ダレに漬けたもの。
とても良い鰹だ。
穴子。
穴子の刺身は何度も食べたことはあるので、珍しくはない。
でも、程よい脂と独特の香りがホッペを落とす。
鰹の腹の部分。
やはり、厚切りだね。
文句なし。
太刀魚。
コリコリとして大好きな魚だ。
昔々、平塚の飲み屋で皮を引いた太刀魚を食べさせられて、なんだかわからなかったことがあった。
そもそも、太刀魚なんて刺身じゃ食わなかったもんな。
実に美味いと思うが。
平目。
落として丁度良い塩梅に仕上がっている。
鰯。
他の魚に比べるとやや見劣りするかな。
これはこれで美味いのだが。



55P7260008.jpg
駄目だ。
酒が進んでしまうではないか。
こりゃ、いけない。
美味いなあ。
グビクビっとな。



66P7260009.jpg
穴子の白焼きだ。
あれば、絶対に頼むものの一つだ。
穴子を食わなきゃ帰れない。
やはり、上手に煮た穴子と白焼きの穴子はどっちを取るかと言われたら両方!!!と答えちゃう。
焼いた皮が芳ばしく、身はホクホクで甘い。
これぞ、穴子の真骨頂だ。



77P7260012.jpg
十四代、お替り。
ヤバい。
スッカラカン&二日酔いのパターンとなってきた。



88P7260013.jpg
煮込みがあるぞ。
牛肉大好き・スジ肉大好き。
おーっ、美味い。
柔らかく肉に甘みがあり、味も濃くはなく、アクっぽさもない。
丁寧に上手に煮込んである。



99P7260014.jpg
おかわりは東北泉。
貧乏サラリーマンなので、十四代ばかり飲んではいられない。
この酒も素晴らしき山形県は高橋酒造のおくる特別純米だ。
ここの先代の社長の趣味は釣りらしく、「釣った白身の魚に合う旨い酒」ということで、この酒が作られたらしい。
十四代ほどの鮮烈さは確かにないが、ほんわかとした穏やかな味わいは確かに刺身に合うな。
美味しいなあ。



1010P7260015.jpg
次は鎌倉野菜だぞ。
この色鮮やかな色合いは、食べていても嬉しい。
酒は楽しみながらやっぱ飲まなきゃならんな。
焼いただけだが、野菜の旨みで食わせるぞ。
野菜の名前は全くの専門外なのでさっぱりわからん。



1111P7260017.jpg
穴子の天麩羅だ。
この瓢箪みたいな入れもんがいいな。




1212P7260018.jpg
天麩羅というが、僕は胡麻油の効いた江戸前の天麩羅が大好きだ。
天麩羅は天麩羅屋で食べなきゃなあ。
これ、衣薄めのカリッとしたタイプで、フリッターっぽい。
あまり好きなタイプではない。
しかし、天麩羅とは別の料理と思えば、これはこれで美味しい。

この店、かなりレベルが高いと思う。
何よりも、店主の料理にかける丁寧な姿勢がいい。
また来たいと思う。



1313P7260019.jpg
さて、酒も飲んだし美味いもんも食べたしお金もスッカラカンになったので、藤沢駅に急いだ。
何?一杯無料だと。
何が何だかわからないが、酒を飲むという体に悪い行為をしたので、何か良いものを飲まなきゃいけない気持ちにかられた。




1414P7260021小松菜とマンゴー
小松菜とマンゴーのミックス。



食べログへ
いとや

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:割烹・小料理 | 藤沢駅石上駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック