FC2ブログ

あさひや 新杉田 ラーメン

11P5310068.jpg
「ここで飲むと翌日はたいがい二日酔いだ」という店は多い。
それは、酒が悪くて悪酔いするのか、酒が良くて異常な量を飲んでしまうのか、どちらかである。
この店で飲むと、後者の理由で、翌日は必ず二日酔いだ。
なぜなら、越乃寒梅を何杯飲んでも一杯400円、しかもラーメンも食べられる。
という驚愕のラーメン屋なのだ。
だから、新杉田の〆は大抵ここなのである。


22P5310076.jpg
入って、右側がカウンターと厨房。
左側に4人掛けテーブルが3つ。
奥がトイレである。
一見強面のお兄さんがやっているが、実は優しくて礼儀正しい好青年なのだ。
大声で騒ぎ礼儀正しくない酔っぱらいの我々にも、実に丁寧な対応をしてくれる。
越乃寒梅は、このお兄さんの友人のルートから仕入れているとのこと。


33P5310070.jpg
まずはつまみのメンマだ。
自家製のメンマだ。
まあまあ。
葱と一味で食べる。


44P5310071.jpg
それでは、寒梅で乾杯。
この酒、ボッタクリ日本酒の代表のように言われており、普通のスーパーなどで買うとものすごく高い。
別に寒梅が悪いわけではないのだが。
本来普通種の白ラベルで2,000円くらいのものなのだが、2倍3倍は当たり前。
10,000円近くする店もある。
けして不味い酒ではないのだが、値段を聞いただけで敬遠してしまう。
マルエツとかダイエーとかヨーカドーは、庶民の味方の皮をかぶったボッタクリ屋だ…と思うが事情でもあるのだろう。
買うやつがいるからいけないのだ。
なんだ、スーパーのせいではないではないか。


55P5310072.jpg
つまみに冷やしトマト。
ほうれん草とのペアで、少しは野菜を取らにゃな。
この店、ラーメン屋なので、そんなにつまみの種類はないが、たまにこういうものもある。
確かに、ほうれん草はラーメンの具にもなるし常備しているのかもしれない。



66P5310073.jpg
で、鳥トロという。
鶏をフライパンで炒めた物。
この鶏美味い。
ジューシーで、葱の代りも芳ばしく、寒梅が進む。


77P7030021.jpg
餃子もある。
これは普通かな。
というか、これは!!!っていう餃子の店に僕は出会っていないのだ。
中華街やラーメン屋や、さらには宇都宮と、餃子は食べ歩いたのだ。
が、食べたくてタマラン、という餃子には出会っていない。
家で作ったのが一番美味い。
話は違うが、シュウマイなら、崎陽軒か、中華街なら華都飯店だ。


88P5310075.jpg
ここ、お兄さんもそうだが、お母さんもやさしい。
煩くて品の無い客でも決して粗末に扱わない。
これは、ある日、お母さんにもらった、揚げせん。


99P7030027.jpg
これも別のある日、お母さんにもらった、柿の種。


1010P7030022.jpg
お母さんにもらった漬物。


1111P7030023.jpg
さらに、これ今晩のうちのおかずと言いながら、お母さんに分けてもらったナスピーマンひき肉のあんかけ。
酔っぱらいには涙が出るほどありがたい。




1212P5310079.jpg
では、〆のラーメンである。
醤油ラーメン。
ラーメン屋で酒だけ飲んで帰るのも気が引けるので必ず食べるのである。
しかし、たいてい、一つ採取って何人かで分ける。
おまけに、取り皿とかも出してもらうので、店にとってはラーメンなぞ頼む方のが迷惑かもしれない。


1313P5310081.jpg
焦し葱とラー油の香りが芳ばしいラーメンだ。
醤油味のすっきりとしながら旨み十分なスープも美味しい。
ただ、ちょっとラー油が勝っちゃっているかな。
叉焼とかの具は普通。
海苔はいらないかも。
久々のラーメン評論をしてしまった。

昔は、埼玉でも千葉でも食べ歩いていたラオタだったのだが。
すっかり心変わりした今日この頃。
この年になってラーメンばかり食べていたら体に悪いが、飲んだ後のラーメンはもっと体に悪い。

という訳で、なかなかくつろげて寒梅の飲める良店である。
ちゃんと本職のラーメンも人数分注文してあげなくてはいけなかったといつも帰り際に後悔している。

食べログへ
あさひや

夜総合点★★★☆☆ 3.7

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ラーメン | 新杉田駅杉田駅


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

八十八 割烹 吉田町 

11P3140009.jpg
住吉町に鰻の名店と呼ばれた老舗があった。
社用族が減ったためか、平成13年に閉店した。
が、今年3月吉田町に復活した。
そもそも、浜っこにとって鰻屋と言えば、「わかな」か「八十八」である。
「わかな」は甘めで「八十八」は辛めと言われるが、場末の江戸っ子にとっちゃ、相対的にはどちらも辛めだ。八十八という。



22P3140012.jpg
新規開店間もないこともあって、胡蝶蘭が店内にも飾ってあった。
本物かどうか触る癖があるが、よく「お止めなさい」と言われる。
だって、知りたいではないか。
ましてや、花びらに「祝 開 店」などとスタンプが押してある。
さらに、変な模様のスタンプまで押してある。
ますます触りたいではないか。
で、趣味が悪すぎることも相まって、ついつい触ってしまった。
本物の胡蝶蘭だった。



33P3140014.jpg
まずは酒でも飲もう。
店内は、高級感漂い、サービスの方々もどう見ても、玄人さんである。
やはり、老舗というのはこういうところからして違う。
堅気のもんではない。
菊正宗は、大関とともに大手の日本酒の中では、飲める方である。
すっきりしていて、木の香りがしてわりと好き。
2合徳利1,000円は、こういう店にしては、良心的だ。


44P3140011.jpg
本日は、ホワイトデーということもあり、奮発した。
と言っても奢ったわけではない。
たまに美味い物でもと、なんと5,900円の御膳料理で、鰻重とステーキ重にする。
最初は一の膳。
口取りだの小鉢だのお造りだのが並ぶ。
温物の海苔巻しんじょは美味しかった。
上品な餡がかかっており、さすが割烹、と言った感じ。
お造りは鮪と鯛。
めでたく紅白か。


55P3140015.jpg
はい、二の膳。
ステーキ重である。
サラダに赤出汁、お新香が付く。
ちょっとしょぼいかなあ、と思って食べてみた。



66P3140016.jpg
なんと、美味い。
鰻屋でステーキという掟破りだが、割烹でもある。
実に、良い肉だ。
柔らかいし、シャキッとした噛み心地だ。
肉の旨みもジワーッと伝わってくる。
葱を絡めたソースも和風で、薫り高く美味しい。
侮れないぞ、鰻屋。


77P3140018.jpg
鰻重は、肝吸いとお新香が付く。
この店、放生会と称して、南区の光明寺で鰻供養をやっているそうな。
他の生き物から命をもらって命をつなぐということだな。



88P3140019.jpg
さて、どれどれ。
確かにタレは辛い。
シャキッとした感じのタレである。
うちの父親のような、場末の江戸っ子には、多分駄目だろう。
鰈だってアイナメだって、これでもか、こりゃスイーツかと思うほど砂糖を投入して煮る。
当然、鰻のタレも甘くないといけない。
ところが、そんな偏った環境に育った僕だが、鰻のタレは辛い方が好きだ。
そう言えば、ご飯の炊き方も父親は柔らかめ、僕は堅めだ。
だから、堅気のサラリーマンになったのだ。
ただ、この鰻、獲れない影響もあるのか、身が薄くイマイチふくよかさにかけるかな。
でも、身の甘みとタレの辛味が、よい塩梅にはなっている。
なお、このタレは、店を閉めた後も、当時のベテランの板前さんが、保存していたものだそうだ。
鰻のタレって、店が火事になった時には、これだけは唯一持ち出すという。
火入れしながら大事に育てた我が子のようなもんかもしれない。


99P3140021.jpg
三の膳。
水菓子と蕨餅。
シロップ漬けのリンゴは抜群においしかった。

やはり、料亭。
総合的に大した実力だと思う。



1010P3140022.jpg


八十八 吉田町店

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:うなぎ | 関内駅桜木町駅馬車道駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

うな一 東戸塚 鰻 居酒屋 

11P5250299.jpg
相鉄線の緑園都市方面から国道一号線に抜ける道がある。
メインの町名を取って、名瀬街道と呼ばれているらしい。
その街道の最終地点、国道一号線に入る手前にJRの線路を超える陸橋がある。
大昔、秋葉踏切と呼ばれた今はなき踏切の上に出来た秋葉陸橋である。
陸橋を渡る付け根の左側には、我が国最高級の洋食器の製造・販売を行う大倉陶園の本社・工場がある。
この会社の店舗は、広尾・帝国ホテル・軽井沢とここ本社ファクトリーショップがある。
このブログには、本社以外、ご縁がない土地である。
で、この本社と名瀬街道を挟んで向かいにあるのが、この「うな一」だ。
大分ジャンルが違う。



22P5250301.jpg
表の店構え、鰻に蕎麦まであるメニュー、そして、やけにデカイ鰻重の看板を見ると、若干不安も付きまとう。
でも、入ってみると意外や綺麗だ。
親父さん、奥さん、娘さんとコックさん?で営む、老舗の飲食店なのだ。
たまたま、この方面には所用でよく訪れる。
ずっと気になっていた店なのだが、うちの父親が、鰻が喰いたい!!! と突然この近くを通った時に言い出し、ついにパンドラの箱を開けてしまった。
以後、この辺に来るたんびに通ってしまうことになった。
 


33P5250305.jpg
はい、鰻丼。
昼のランチで、1480円くらいだ。
安い。
これにきんぴらとお吸い物が付く。
お吸い物の代りに味噌汁のこともある。



44P5250306.jpg
ここの鰻丼、愛知三河一色名産の鰻らしい。
それも、生きたウナギを注文してから捌き、蒸して、焼いて出してくれる。
ランチでもだ。
圧力鍋で蒸すそうで、そんなにたいそうな時間はかからない。
30分くらいか。
味は、この値段にしたら十分過ぎるくらいに十分だ。
気の利いたスーパーで、紀文や浜藤や宮川本廛の鰻を買えば、これくらいはゆうにする。
だったら、ここの鰻の方が比較にならないくらいに美味いし、コスパもはるかに良い。
で、僕は、普段使いで鰻が食べたくなったら、ここにしている。
たまに、はせ川とか桜家の鰻が食べたくはなるが。
タレはそんな甘くなくて僕好み。
父親は好みではないと言う。



55P6290006.jpg
さて、メインの鰻の次は洋食部門に移ってみよう。
オムライス 750円。
この店、実は、「有限会社 睦食堂」が経営している。
で、隣にもう一軒店があるが、現在営業していない。
僕の推理では、その店が以前洋食部門であったのではないかと思う。
多分、店名はお皿の通り「むつみや」。
いまや、選択と集中の中、「うな一」に統合され、鰻から洋食から天麩羅・蕎麦までの一大コングロマリット食堂となっているのだろう。(未確認)



66P6290007.jpg
実を言うと、このオムライスは実に美味い。
どうも、いつも表に出てこないもう一人のおじさんのコックさんが作っているらしいのだが、これがまた実に癖になる味なのだ。
バターの効いた卵、ケチャップライスは独特の風味があり、しかも酸っぱくない。
娘さんに言わせると、「普通の昔のオムレツよ。ぜんぜん今風じゃないよ。なんでこんなの写真撮るの?」
と言うことになる。
だって美味いじゃん。
僕は、これ3日食べないと禁断症状が出る。



77P6290008.jpg
天丼もある。
これはお昼のランチの普通の天丼だ。
カラッと揚がって、十分美味しい天丼だ。


88P6020003.jpg
これは天丼の上だ。
器の漆の色が黒だ。
高級感を醸し出す。
そして、海老が2本入っている。

よく、海老が味気なかったり、臭かったりの店があるが、ここの海老天の海老は実に美味しい。
当然冷凍の輸入物ではあるが、きちんと品物を厳選していると思う。
美味しい。
注文の際に、これと鰻丼とオムライスとでいつも迷うライバルである。



99P7060034.jpg
カツ丼だ。
鰻丼とオムライスと天丼の中で決めきれなかった場合の、伏兵である。
鰻屋のカツ丼が不味いわけがない。
特に理由はない。
ここ、蕎麦もあるので、当然カツ丼もある。
特に理由はない。
たまにカツ丼って食べたくなるなあ。
ただ、卵はもう少しレアのが好き。



1010DSCF0223.jpg
さて、夜の部に移行する。
定食が高じて、ついに、東戸塚駅まで来てバスに乗って、わざわざ飲みに行ってしまった。
まずは、焼酎だ。
「さつま司」という。
鹿児島県は「さつま司酒造」がおくる芋焼酎である。
黒糖ならではの、コクはあるが、すっきりとして飲みやすいものだ。
お湯割りにするとまろやかなふくらみと香りが出てよろしい。
が、今日は暑いので水割りだ。



1111DSCF0218.jpg
枝豆。
おっ、ちゃんと新もの。
味があって香りがあって美味しいぞ。
ここのご主人、素材にはこだわりがあって、ちゃんと良いものを使う。
商売はこれでなくっちゃねえ。



1212P7060036.jpg
これもそうだ。
ほんとの大和芋の粘りの強いやつだ。
そういえば、昔、僕はトロロが苦手だった。
食べると口の周りが痒くなるのだ。
でも、大人になってからはそんなことがないな。
芋の品種改良が進んだのか、僕の体質が変わったのかは不明である。
こんなんで、ちびりちびりとやる。



1313DSCF0217.jpg
今日は鮪の刺身があると言う。
何時もあると思わないでね、と念を押された。
メバチの赤身と中トロである。
これが美味い。
しかし、ゆっくり飲っていると、ご主人も娘さんも早く食べろと繰り返し言う。
切って新鮮なうちに食べさせたいという職人魂。
これを、ありがたいと思うかウザいと思うかは評価の分かれるところだろう。
僕には、ちょっとウザい。
しかし、気持ちは分る。
せっかく仕入れた良い魚が干からびるほど放置されたらむかつく。
そこまでではないではないではないか。



1414DSCF0219.jpg
焼き鳥。
レバと白。
タレでお願いした。
どちらも鶏ではない。
これも温かいうちに食べろ食べろと促される。
確かに、一気に色々と頼み過ぎた。
根が貧乏だからなのだ。
職人魂に応えるには少しずつ注文することをお勧めする。



1515DSCF0220.jpg
豚の頭と鶏の手羽。
おーっ、けっこう手羽が美味いぞ。
どれもこれも、普通の焼き鳥屋の上をいく水準だ。
こだわりのある分、なかなか何を頼んでも、美味しい。



1616DSCF0222.jpg
やはり鰻屋ならば、これをたのまにゃなあ。
肝だ。
ちょっと苦みの効いた肝は夏の滋養には最高の食いもんだ。



1717DSCF0224.jpg
つくねだ。
あれっ…、鶏ではない。
そう、ここのつくねは鰯なのだ。
ダンゴがでかいので、2人までで3人にはならなかったのか。
ダンゴ3兄弟とか言うつもりじゃなかった。
鰯のつくねは僕も大好きでよく作る。
やはり、新鮮な刺身になるやつを手際よく捌き、生姜と塩と卵白と酒とともにダンゴにする。
鍋に入れる。
いくらでも食べられちゃうな。
これじゃ、焼きつくねにはならない。



1818P5250304.jpg
仕上げは天麩羅だな。
天麩羅つまみに飲む酒は美味い。

この店、鰻に天麩羅と、僕の好きな3大食べ物の二つが入っている。
これに寿司が加われば、満点だが、これじゃ伊豆辺りの観光地の高級食堂だ。
そんなことで、ラインナップ良し、食い物も美味しいし、外観や立地に関わらず、素晴らしい店だ。
親父さんとお姉さんの職人魂的こだわりには多少目をつぶろう。


食べログへ
うな一

夜総合点★★★☆☆ 3.6

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:うなぎ | 東戸塚駅




テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

熊野 橿原神宮前 居酒屋

11DSCF0427.jpg
奈良県に出張に行った。
泊りは、橿原神宮前駅というところだった。
ここには、橿原神宮がある。
もし、なかったら詐欺みたいなものである。
「日本書紀」に、初代天皇である神武天皇がここで即位したという記述があり、これに基づいて、明治23年(1890)に建てられたものだ。
祭神は神武天皇と皇后の媛蹈韛五十鈴媛。
皇后は、読めない。
「ひめたたらいすずひめ」らしい。
それで、夜、ちょいと飲み足らないので、街に繰り出した。
雨の中、「熊野」にたどり着いた。



22DSCF0430.jpg
ホテルの居酒屋紹介に載っていたし、雨でそんなに遠くに行く気がしなかったので決めた。
まずは、ビールに筍煮。
辛くなく甘くなく濃くなく、美味しいぞ。
店内は、入って左側が座敷、右側がカウンターで、カウンターの奥が厨房のようだ。



3まるまるま
大和肉鶏の焼き物。
この鶏、シャモ、名古屋コーチン、ニューハンプシャーの3種交配種だ。
普通ブロイラーは、2カ月くらいで出荷するらしいが、これはその2倍の120日をかけるらしい。
そうすると肉の締まりが良くなる。
噛むと口の中に広がる旨味がウリらしい。
確かに、歯ごたえがある。
噛めば噛むほど旨みが広がるぞ。
普通の鶏かと舐めてかかると、顎をやられる。



44DSCF0439.jpg
では、酒を。
倭という。
ヤマト。
奈良県橿原市御坊町の地酒、喜多酒造株式会社がおくる純米酒だ。
バランスの良い、口当たりの軽い酒だ。
淡麗辛口。
やはり地元に来たら地元の酒だなあ、と思ったが、まあまあというところか。
梅乃宿か篠峯が飲みたかった。



55DSCF0432.jpg
次は旬の鱧。
僕は、これが大好物である。
骨切りしたものを湯引きにして氷水でさらす。
梅肉をつけて食べる。
口の中に鱧の濃厚な旨みと梅の爽やかな香りが広がる。
噛めば噛むほど旨みは増し、品の良い脂が口の中に広がる。
こんな美味いもんはなかなかない。
が、ちょいと生臭かったかな。




66DSCF0436.jpg
鮎の活き造りがあると言う。
初めて食べる。
僕は実は川魚はあまり好きではない。
何故かっていうと、海の香りがしない。
当たり前だ。
しかし、どういう訳か、鰻と鮎は大好物だ。
当たり前だ。
どちらも海で育つではないか。
あっ、そうだったのか。



77DSCF0437.jpg
アイナメという海の魚がいる。
名前の由来は、そういうエッチな理由からではない。
鮎並みに美味しいからだ、という説がある。
アユナミ…どうも眉唾臭い。
オヤジギャグではないか。
刺身で出て来た鮎は、どちらかと言うと鱚っぽい感じだ。
さっきまで生きていたので、身はシャキシャキだが辺に柔らかかったり堅かったりということはない。
淡白で美味しいぞ。
夏の涼風が通り抜けるようだ。



88DSCF0444.jpg
おっ、オコゼの唐揚げだ。
オニオコゼという。
顔は悪いが、上品な白身で、薄造りにしてポン酢で食べたり、唐揚げにしたりすると絶品である。
美人ばかりが女ではないぞと実感できる美味い魚だ。
かっこいいイケメン男ばかりが男ではないぞと返された。
ちょっと揚げ過ぎの感じはあるが、旨みや風味があって良い。

二人で行ったのだが、わりと高めだった。
良いものばかり食べたので高かったと思うだろうが、食べ物はそう高くはない。
300ccの酒を6本も飲んだことが、敗因であった。



99●DSCF0470
樫原神宮本殿。


食べログへ
ろばた焼熊野

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ろばた焼き | 橿原神宮前駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック