FC2ブログ

やまとなでしこ 逗子 居酒屋

11DSCF0293.jpg
逗子駅は、ちょっと暗がりな道を逗子警察方面に向かって歩く。
ここで、暴漢や痴漢に襲われても、逗子警察はかなり遠いので助けはまず来ない。
というほど、寂しくはない。
この辺、ちらほらとお店も増え、ちょっとしたグルメスポットになってきた。
その道の京急逗子線踏切の手前、右側にこの店はある。



22DSCF0297.jpg
「やまとなでしこ」という。
昔、キョンキョンが「ヤマトナデシコ七変化」という曲を歌っていたな。
恥ずかしながら、ずっとファンであったが、確かに見る目はあった。
今、聖子よりも上品に年を取っているではないか。
絶対に整形だと言ってたやつがいるが、そんなことはないと信じきっている。
この先崩れるかもしれないが。
そしたらまた整形すればいいではないか。
しかし、この店の中は上品とは言えない、値札のディスプレイであった。



33DSCF0097.jpg
付きだしだ。
玉丼の具である。
美味いではないか。
ご飯が欲しい。
いかん、まだ乾杯もしていない。



44DSCF0299.jpg
イカの黒造り。
塩辛である。
墨を入れた方が、気のせいか、コクが増すような。
こういうのを肴にするときは、日本酒がいい。



55DSCF0300.jpg
では、焼き物を。
太刀魚である。
大きく脂が乗っている。
活きも良く、美味いぞ。

この魚、中層で体を縦にして立ち泳ぎをする。
それでタチウオとついたいう説もある。
上を向いていて、餌である上層を泳ぐイワシなどの小魚を待ち構え、見つけると一気に襲う。
歯はギザギザと細かい鋭いもので、指でちょっとでもひっかけるものなら、サーッと切れて血が出る。
太刀魚の頭で絶対に遊んではいけない。
って、普通遊ばない。



66DSCF0099.jpg
こうなると、日本酒が飲みたい。
山形県酒田市は東北銘醸株式会社がおくる「初孫」吟醸の生である。
山形の酒は一番好きだが、その中でも優しい。
こういう酒を置いてくれると嬉しい。
鶴とか鹿とかだと、一気に機嫌が悪くなる。
何で、美味い酒を置いてくれない店が多いのだろう。



77DSCF0302.jpg
では、〆だ。
ここ、ラーメンも出す。
これは、つけ麺。
専門店には及ばないが、出汁がユニークだ。
具もそうなのだが、つけ汁に鮪を使っている。



88鮪ラーメンDSCF0303
けっこう美味いのだ。
鮪の旨みがすっきりとしていて、いくらでも食べられそうだ。
麺は普通。
まだまだ工夫の余地はある。
素人の上手な人が丁寧に作ったという感じだが、大化けしそうな感じはあるぞ。


910DSCF0105.jpg
また、カレーも美味い。
実に野菜が溶け込んでいて、まろやかな美味しいカレーだ。
飲んだ後に食べると太るので、これをつまみに飲んだ。
結局は同じことなのだが。



1011DSCF0295.jpg
酔い覚ましに甘いカクテルもある。
あらゆるニーズに応えてくれる居酒屋なのだ。
ただし、料理は当たり外れがある。

あるとき食べたジャガバターは、芋が堅かった。
あるとき食べた叉焼は味が浸みていず、出来損ないのハムのようだった。

店主が料理の好きな方のようで、バラエティとしては楽しめる。
そんなことで、たまに行く。
当たりのつまみを探すのも、それなりに面白い。


1112DSCF0306.jpg
杏仁豆腐なんてあったりして。

食べログへ
やまとなでしこ

夜総合点★★☆☆☆ 2.5



関連ランキング:居酒屋 | 新逗子駅逗子駅


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

ウーナ・ジョルナータ イタリアン 逗子

11P4030126.jpg
逗子にある美味しいイタリアンのお店だ。
ここ好きで、ダイビング帰りにたまにランチに寄る。
居酒屋に飽きた夜は、美味しいものをリーズナブルな値段で食べて飲める。
こりゃ変な居酒屋や寿司屋に行くよりはるかに良い。
ちなみに、2階は、シミ・タルミ・シワなどを取ってくれるボディ・ケア・ショップだ。
イタリアンをたらふく食べて2階を見ると考えさせられるものはある。



22P4030127自家製セージ
では、まずは自家製ソーセージだという。
駅前の立飲み屋で引っ掛けてきたわけではないので、ビールを飲みたい。
で、ソーセージが良いかと。
超粗引きタイプの肉の味が、ゴツゴツとダイレクトに伝わるシンプルなものだ。
美味い。
クレソンを頬張り、ヒヨコマメをつまみ、粒マスタードをつける。



33P4030128.jpg
だからビールは止められない。
尿酸値なんて糞くらえだ。
って、痛風は本当に痛い。
前兆でムズムズっていうのが来るので、そのときに酒とかレバーとか控えればいいと暴飲暴食を繰り返してきた。
今度出たら、断酒・断モツか。
ちなみに、コレ、ハッピーアワーで、630円が500円。
痛風なんて怖くない♪
怖くないったら怖くない♪



44P4030129白アスパラガスの生ハム巻きソテー
ホワイトアスパラの生ハム巻きのソテー。
イタリアンもフレンチも、ホワイトアスパラを好んで使うシェフは多い。
季節季節にはそのときの食材を使いたいものだ。
アスパラの甘みと香りに、香ばしい生ハムがマッチしている。



55P4030130.jpg
さて、今夜のワインだ。
イタリアはトスカーナの代表的なワイン、ブルネッロ ディ モンタルチーノ。
モンタルチーノは、イタリアはトスカーナ州シエーナ県にある地名だ。
そこで産する、それこそブルネロ ディ モンタルチーノというブドウ品種で、最低2年という長い熟成期間だとかオークの樽だとかもっとも厳格な基準により造られるワインである。
大田区に住む大田さんみたいな名前だ。
値段もそこそこに高い。
今日は給料日だ。




66P4030131.jpg
熟成感のある、ゆーっくりと広がる香りとゆっくりと着地するような落ち着きのある感覚だ。
さらに、空気に触れていくと、どんどんと香りに深みが出てくる。
残り香もフルーテイで、しかも軽すぎず、久々に美味しいワインを飲んだな。
って言うほどワインの味は分からないんだが。
日本酒なら分かるぞ日本酒なら。



77P4030132マダイのグリルのスープ仕立て
真鯛のグリルのスープ仕立て。
焼いた真鯛をブイヤベース仕立てのスープでさっと煮込んだもの。
このスープ、真鯛の旨みが出ている。
そもそもマダイなんていうのは捨てるところがない魚だ。
身は刺身でも焼いても良し。
頭は兜煮。
骨は出汁だ。
美味しい。



88P4030134仔牛のカツレツ
仔牛のカツレツ。
牛肉はカツレツにするならば、やはり柔らかい子牛に限る。
どうしても牛が食いたかった。



99P4030135.jpg
さっと切れる。
肉は柔らかくジューシーだ。
遠慮がちの牛の匂いがたまらん。
しっかり下味が付いていて、このままで十分。
こりゃ、どっしりとしたワインと合うなあ。




1010P4030136ズワイガニとウニのトマトクリームパスタ
〆だ。
メニューになかったのだが、ズワイガニのトマトクリームバスタが食いたいといったら作ってくれた。
こりゃ美味いぞ。
トマトの爽やかさとクリームの濃厚さがマッチしている。
全然しつこくないがコクがある。
火の通し方が良いから、カニの風味も消えていない。
バケツ一杯は食える。

しかし、2階に行かなくてはならなくなるので、止めておいた。
ここ、本当に美味しい。
次々と、予約の地元のお客さんが現れる。
全然気取らずに、街中の食堂みたいな使い勝手なのだが、味は抜群である。
店を出た後に、すぐまた行きたくなる店の一つである。
二階の灯が恨めしい。


食べログへ
ウーナジョルナータ

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:イタリアン | 逗子駅新逗子駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

吉兆 葉山 寿司

11 35KB1DSCF0233
葉山でのダイビング帰りにたまに行く寿司屋がある。
吉兆と言う。
パチンコ屋でもなく料亭でもない。
造りはお洒落。
大正ロマンの香り漂う洋館だ。
ここ、夜はそこそこなのだが、昼は1500円のランチがある昼夜の格差の激しい店だ。
貧乏ダイバーでも月に一度くらいは行ける。
ありがたや。



22DSCF0433.jpg
トコブシとサザエでまずは一杯だ。
これはオプション。
ビールに見えるが、残念ながら、キリンフリーである。
ダイビングで帰りに酒が飲めないのは、時化でダイビングが出来なかったことくらいに辛い。


33DSCF0434.jpg
地物である。
こう言ってはなんだが、葉山のダイビングポイントには山ほどアワビ、トコブシ、サザエがいる。
シュノーケルで捕獲楽勝なところにも山ほどいる。
しかし、ここはナチュラルリザーブとかで生き物採集禁止となっており、そもそも漁師が稚貝をまいて育てているのだ。
ルールは同然ながら守らなくてはいけない。
アホが一人いて、こんなヤツのためにダイビング禁止になんてなったらかなわない。
ただ、たまに、タンク背負ってタコとか獲っているヤツを見かけるんだよな。
いつか通報してやろうかと思っている。



44 35KB2DSCF0235カンパチトロひらめほたて甘エビ1500円
で寿司。
土曜・休日1500円のランチである。
鯛、カンパチ、平目、ホタテ、甘エビである。
下段は、玉子、イクラ、葱トロ・かっぱ巻きである。
ネタはまずまずで、値段にしてはまあまあ。
また、ご飯も割と多いので腹ペコダイバーには嬉しい。


55DSCF0438.jpg
で、これは他の日の寿司。
鮪中トロ、平目、鮪赤身、ホタテ、甘エビ。
下段は前出と同じ。
基本は、握りが当日の状況によるバージョン換えである。
この鮪は美味かった。



66DSCF0440.jpg
オプションで頼んだコハダ。
酢の塩梅が実に良い。
〆具合と良くこりゃ美味い。
醤油は刷毛で付いてくる。



77 35KB3DSCF0238
お椀はハマグリのお吸い物。
三つ葉を添えて。
いいねえ。
海で冷えた体が暖まる。



88 35KB4DSCF0239
本日のデザートは抹茶アイス。

ここ、雰囲気も良いし、ゆっくり出来るし、落ち着く。
葉山ではたまにランチに来るお寿司屋さんの一つだ。

ログ付けの際にたまに使っている。


食べログへ
すし屋の吉兆

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:寿司 | 新逗子駅逗子駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

村田家 野毛 居酒屋

11PB280074.jpg
野毛の老舗の一つである。
新入社員の頃から上司に連れられて通った。
ここの名物は鯨と鰯。
ずいぶん大きさは違うし、哺乳類と魚類の違いもあるが、どちらも美味いものである。
河豚は高いので奢ってもらえなかった。
また、ここは奥に座敷や掘りごたつ式の個室がある。
ちょっと内密に、なんていう会合の時は便利だ。
ただし、声がでかいと筒抜けになるので、酔っぱらっても理性が必要なことと人事の話はしないことである。



22PB080027.jpg
では、とビールにお通し。
ここ、大瓶なので嬉しい。
中びんはイマイチ嫌いなのだ。
注ぐと、すぐ、なくなる。
サンマの煮たのもいいな。



33PB080040.jpg
おから。
好きなのだが、武蔵屋とか昇とかに比べるとイマイチかな。
武蔵屋はこちら。
昇はこちら。



44PB080029.jpg
鰯の南蛮漬け。
あまり甘からず、酸っぱすぎず。
量が少ないのがイマイチだが、必ず頼む逸品である。



55PB080034.jpg
これが美味い。
鯨の燻製、900円。
醤油とごま油のタレでさらし玉ねぎとともにいただく。
ワイルドなクジラ肉の旨みと燻製の香りが舌と鼻腔を刺激するのだ。
太平洋の鯨は増えているのだから、もっと食わせろと言いたい。
鯨と言えば、何はなくともベーコンが一番好きだな。
子供の頃、鮪の血合いの次に食べさせられていたのがそれだ。
醤油とお酢と辛子でいただくのは酒飲みになってからか。
普通に醤油をかけたりマヨネーズをかけて食べていた。
今や高級品だ。
悲しい限りじゃ。


66PB080037.jpg
鰯の天麩羅。
ご覧のとおりもったい天麩羅である。
つまみにゃなかなかよろしい。
しかし、鰯っていうのは美味い魚だとつくづく思う。



77PB080031.jpg
これは、鰯の梅はさみ揚げ。
よく、鰯を梅干しと煮るが、その揚げ物バージョン。
鰯の臭みを取ってくれるということで、このコラボが実現したと言う。
って勝手に言ってるだけだが。
活きの良い鰯だったら臭いわけがないので、逆に鰯の風味を引き立てていると解した方が良かろう。




88PB080035.jpg
鰯のかば焼き。
鰻は高いので、鰯で我慢した。
これっだって美味いぞ。
鰻のが好きだが。
甘めのタレで焼き上げた鰯は芳ばしくて美味しい。



99P2130035.jpg
また揚げ物かよ、とお嘆きのあなた。
さっきのは天麩羅でこれはフライなのである。
正確に言うなら、違う揚げ物なのだ。
しかし、どちらも揚げ物か。
鯨のカツである。
ガッシリと歯ごたえのある、これぞクジラ肉だ。
闇市が懐かしくなるほどの年寄ではないが、鯨の竜田揚げをよく給食で食べた。
でも、給食の鯨は臭くて好きじゃなかった。
竹輪の磯辺揚げが好きだったなあ。
鳩茶ミルクはゲロ吐きそうだった。



1010PB080032.jpg
鰯の天麩羅の卵とじ、というのでしょうか。
玉子と葱の絡んだものは、スィーツでない限り大抵美味い。
こういう味の濃い目は酒の肴になるんだよな。



1111PB080041.jpg
最後はサービスに出してくれた水菓子の柿。
ほうじ茶など飲みながら昔話でもするかのう。

この店、食いしん坊には一品一品の量が少ないので、物足りないと思う。
値段もわりと強気の設定なので、普段は絶対に行かない。
前述したように、聞かれたくない話がテーマであったり、女の子の部下だけ誘った場合に使わせてもらっている。
そういう意味では、食い物も僕好みだし、便利な店だ。



1212PB280083.jpg
「野毛通手形」という一冊1,800円の3枚つづりの金券がある。
期間は、夏から冬だが、野毛の加盟店で使えるのだ。
村田家は1枚店。
600円で、例えば、お銚子一本、お通し、鯨カツ、鯨燻製が出る。
これにおいては、加盟店の中でも一二を争うコスパの高い店だ。



1313PB280078.jpg

食べログへ
村田家

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック