FC2ブログ

田舎門 生麦 居酒屋

11P2010099.jpg
いなかもん。
なんだ、僕のことではないか。
京急沿線の場末の東京に生まれた身。
本所や深川や浅草からみれば、それこそ、田舎もんである。
江戸時代のことではあるが。
ここ田舎門という店である。
場末の京急は生麦駅を降りて、線路沿いに東京方面に歩く。
右手に国道15号線に通じる”仲見世通り”みたいな所を通って右側にある。



22P2010095.jpg
そもそも、こんな店、誰かに連れて来てもらわない限り普通は絶対に入らない。
僕は一人でも初めてでも入るが。
しかし、地雷を踏んだことは数知れず。
一度、ある店でヤンキーの宴会に遭遇して以来、一応店の入り口で聞き耳を立てることにしている。
しかし、入った瞬間逃げ出すわけにもいかず、仕方なく入ったが、気のいい奴らで、酒を注いでもらったりして意気投合してしまった。
僕も雰囲気が出ていたのかもしれない。
しかし、煙草臭くてたまらず、帰ってからファブリーズ1本を消費した。

果たして入ってみると客はいないが煙草臭かった。
店主が吸っていた。
で、突き出しは、豚の冷シャブ胡麻ダレ。
おっ、美味いぞ。



33P2010093.jpg
じゃ、刺身行ってみよう。
黒板に書いてある魚のうち、3品を選べという。
900円。
では、左から、片口鰯、鮪の中トロ、蝦蛄。
をチョイスした。
鰯は鮮度は悪くないが、やや臭みが残る。
処理の仕方か。
鮪は美味しい。
蝦蛄はもっと美味しい。
こりゃまあ当たりだ。



44P2010096.jpg
では、お酒だ。
普通のお酒だ。
この辺の店は、ビールは絶対にキリンにこだわるのに、日本酒には何のこだわりもない所が生麦らしくていい。
しかし、この徳利、5本も飲んでしまった。
なんだ、こだわっている割には、酒なら何でも飲むじゃん、なんて言わないでね。



55P2010098.jpg
この海鼠が絶品であった。
実に美味かった。
海鼠は下処理が大事である。
多めの塩でヌルを落とすのだ。
これ、柔らかいし、絶品。



66P2010097.jpg
最後にこれ。
芝海老の唐揚げ。
川海老なんかよりやはり芝海老だ。
芝海老によく似たエビで、猿海老というのがいるが、これがどちらかはわからない。
胡椒が効いていて美味しい。
こんなんで飲んでいると、やはり5本は飲んじゃうな。

この店、何の変哲もない居酒屋なのだが、食い物は美味しい。
しかも、生麦価格で、酒にビールにと飲んで、これで、一人3,000円。
また、立ち寄りたくなるような店だ。
また、行っちゃうだろうな。

食べログへ
居酒屋 田舎門

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:居酒屋 | 生麦駅花月園前駅国道駅



スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

海鮮 回転寿司 三浦海岸

11DSCF0128.jpg
三浦海岸というとあまり良い思い出がない。
京急三浦海岸駅から徒歩で行ける。
昔々、ドブのような川の水が注ぐ海で泳いでいて、波に巻き込まれ溺れそうになり、水をたらふく飲んでしまったこと。
思い出すだけで、オエッだ。
今でも時々体にムズムズと走るのは、この時に飲み込んだ寄生虫が体の中で立派に育っているからなのではないかと思う。
また、まだ、エアコンが完備されていない時代のムシムシとした夏休み、狭苦しい民宿の一部屋に、高校生男五人で泊まったこと。
自分を除いた男たちの汗の異様な臭いと酒臭さ(高校生は飲んではいけません。)は一生忘れられない。(自己中?)
男は嫌いになったが、不幸にもあいにく酒は嫌いにならなかった。
さらに、沖でボート釣りをしていて、再三注意したにもかかわらず同乗の初心者がボートで立ち上がり転覆したことなどだ。
それ以来鬼門で、近づかなかったのだが、宮川湾でダイビングをするので、久々にこの駅に降り立った。
そこで、帰りのログ付にと、紹介されたのがこの店だった。
何でも、回転寿司店でも地物を扱う美味しい店とのことだ。



22刺身盛 鯵・キハダ・メトイカ・ホタテ・甘エビ・平目・たこDSCF0104
では、早速刺し盛りを。
左から順番に、鯵、黄肌鮪、達磨烏賊、帆立、甘海老、平目、地蛸である。
甘海老と帆立以外は、地物とのことだ。
当たり前だ。
東京湾や相模湾で甘エビやホタテが獲れるか。
と、思っていたが、最近佐島でホタテの養殖をしているらしい。
ビールが美味しい。



33金目・平目・胡麻鯖・イサキ・黒むつDSCF0107
回転寿司ってくらいなので寿司盛りを。
左の白身が平目で、時計回りに金目、伊佐木、黒ムツ、真中が胡麻鯖だ。
全て地物である。
嬉しい組み合わせである。
黒ムツの脂のあるものは久々に食べた。




44マグロの腸DSCF0108
変わり種を。
マグロの腸だという。
炙ってあって、海苔を巻いて、生姜が乗っている。
あまり味も旨みもないなあ。
寿司ダネと言うよりも話のタネ。



55タチウオDSCF0109
これは太刀魚。
皮を炙って、紅葉卸しを添えてある。
炙ることにより、脂が香ばしく浮き上がり旨みを増す。
美味い。



66カワハギDSCF0112
皮剥だ。
肝を添えてある。
夏場のカワハギは臭いと言われるが、なんのなんの。
実に美味い。
棲んでいる所や食べているものにもよるのだろう。


7胡麻サバDSCF0114
7胡麻鯖。
夏が旬である。
いやー、夏は胡麻鯖に限る。
活きが良い。
〆ていなくて、刺身である。
脂もあり、実に美味い。
ところで、鯖なんて昔は生では絶対に食わなかったのだが、平気なのか。
確か、生き腐れなんて言って傷みやすいのだが、人体に悪さをする寄生虫のアニサキスはヤバいだろう。
もともとあんまり気にしないのだが、よく噛んで食べた。
もう手遅れだが。


88赤むつDSCF0116
赤ムツがあったので頼んだ。
昔、西伊豆の土肥温泉で初めて食べて、美味くて大感激した深海性の魚である。
脂があるし、旨みもある。
身は白身なのでしつこくない。
山形に行った時も、飛島直送がウリの居酒屋で腹いっぱい食べた。
嬉しいが、高いので一貫にした。
ちょっと皮目を炙ってある。



99酒DSCF0118
酒は白鹿の冷酒。
最近の大メーカーの日本酒は、大分飲めるようにはなった。
一時期はゲロを吐きそうな飲み物だった。
そんなゲロ吐き飲み物を日本酒として宣伝していたなんて信じられない。
だから、日本人は日本酒の嫌いなやつが多いのだ。
文化を大切にしなかった国も悪い。
国賊者どもめが。
と最近ワインに浮気している身でなじってみた。



1010血合いステーキ DSCF0120
マグロの血合いのステーキを寿司にしたものだ。
実は、僕は子供のころから、こればかり食わされてきた。
安いからである。
栄養があるからである。
と書くと嫌いなのではないだろうかとと思うのだが、実は大好物なのである。
鮮度の良い鮪の血合いに塩を振って焼く。
脂の旨みと血のクリーミーな味、そしてシャキシャキ感‥‥というのだろうか、これがメチャ美味いのだ
ホッペが落ちるとはこのことだ。
僕が子供の頃食べた血合いほどではなかったが、美味かった。



1111本鮪大トロ750円DSCF0122
清水の舞台から飛び降りた。
天然本鮪の大トロだ。
一貫750円だ。
ちゃんとしたとこで…ここがちゃんとしていないという意味ではないが、…食べたら、3,000円くらいするのだろうか。
貧乏人には想像が出来ない。
まず、拝んでからおもむろにそっと掴み、醤油を漬けて一気に頬張る。
ありゃ、美味いなあ。
噛みしめるほどに脂と旨みがほとばしる。
たった25秒の快楽であった。
アレよりいいか。



1212本鮪赤身310円DSCF0126
では、〆だ。
トロを続けたら無粋だ。
本当は、金がないからである。
天然本鮪赤身、一貫310円。
やっぱ鮪は赤身だな。
と負け惜しみを言う。
しかし、鮪の旨みを堪能した。

ここの寿司屋、シャリとか握り方とか総合的にはイマイチだが、確かになかなか良いネタが揃っている。
地物もあるし、昼から開いているし、使い勝手が良い。
要は、昼から飲めるということである。

しかし、回転寿司で本日5,000円も使ってしまったというのは、ちょっとやり過ぎたか。


食べログへ
海鮮

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:回転寿司 | 三浦海岸駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

新潟ラーメン がんこ屋 伊勢佐木町

11P3280106.jpg


どうも新潟ラーメンというのがあるらしい。
伊勢佐木町をフラフラと歩いていて、こんな店を見つけた。
新潟ラーメン「がんこ屋」か。

やけに塩っぱいが思わず飲み干すほど薫り高く美味いスープ、
グルグルとしていて目は廻るが、実に美味いチャーシュー、
チレチレの中細麺の、極めて血圧に悪いラーメン屋があった。
昔、わざわざ高田馬場まで食いに行ったが、あれは「がんこ」で、ここは「がんこ屋」か。
新潟ラーメンというのは食べたことがないので、まずは入ってみた。
カウンターだけの小さな店だ。



22P3080038.jpg


お約束のビール。
つまみに叉焼。
なんでも、本店は新潟にあり、ここは唯一の支店で昨年11月にオープンしたらしい。
どおりで気付かなかった。というか、いつも酔っぱらってて気付かなかった。
日本テレビの汐留店主決定戦で決勝戦敗退という名誉な記録を持っているらしい。

僕は、テレビは、野球、演歌、B級グル番組しか見ないので、そんな番組は知らない。
B級グル番組に出そうな店だが。
テレビ東京に偏向しているからか。



33P3080039.jpg


叉焼は腿か。
普通。
不味くはないが、ぜひ食べたいという感じのものではない。
普通のラーメン屋の叉焼だ。
新潟地元では、抜群というわけではないが、それこそ普通の評価のラーメン屋のようだ。
が、全国の物産展への進出や注文販売など、積極的な取り組みを行っている。



44P3080043.jpg


これもつまみのメンマ。
甘くもなく、しっかりとした味付けがされていて、これはグー。
美味しいぞ。
パクパクと食べてしまった。




55P3280107.jpg


缶詰もつまみでおいてあるのだ。
缶詰バーではない。
茹でたモヤシがそえてあり、温めてある。
ちゃんと、こうやって手をかけてくれる。
ちなみに200円。



66P3080040.jpg


メニューを何気に見ていた。
新潟の酒が置いてある。
八海山、麒麟山、越乃寒梅。
どれもいわゆる超有名な酒だ。
750円ならまあまあか。



77P3080041.jpg


ガーン。
何と、300mlではないか。
750円!!!!
かなり破格ではないか。

確かに、寒梅など、そんなに有り難がたがって飲むほどの酒ではない。(けっして不味いという意味ではありません)。
しかし、スーパーなどで見ると、ボッタクリバー並みの値段で、とても買う気にはならない。
もっと安くて美味い酒は山ほどある。
が、1合でいうと450円だ。
あのボッタクリの寒梅一杯がである。
これなら、大メーカーの変な日本酒よりもはるかに安い。
酒飲み連れてきて飲ませてもいいな。
ちなみに、新潟から直で取り寄せているらしい。



883080042.jpg


これ、タレカツという。
タレパイとかタレパンダとか、そういう引力と関係のあるやつではない。
薄い豚肉を揚げて、甘辛い醤油ダレに浸す。
それをご飯の上に乗せただけのものが、新潟B級グルメのタレカツ丼であるらしい。
揚げたてだとサクッしていて、ジューシーで美味いと思う。
で、つまみに出来るかと聞いたら、OKだというので頼んだ。
残念なことに、これは、揚げたものをチンしたので、フカフカしていて×。
でも、味は良い。
揚げたて食いてぇ。



99P3080044.jpg


では、〆のラーメンを。
がんこ屋20年の味、がんこラーメンだそうだ。
タレを注ぎ足して使っているのだろうか。
そりじゃ鰻屋だ。
680円。
本店は、650円ではないか。
スープとか麺とかは、新潟からの輸送料か。




1010P3080045.jpg


どれどれ。
スープは、豚骨、鰹の和風醤油味。
美味いが、ちょいと薄いか。
麺は、中太ちぢれで、結構好きなタイプ。
グッとくるもんがイマイチないかな。

でも、実は、ここ結構気に入っている。
ラーメン食わずに、缶詰でつまんで〆はタレカツ丼のミニだ。

ただ、長居をしちゃうので、ラーメンを食べにくるお客さんには迷惑かも。
僕の酒飲み人生、こんなもんだ。

食べログへ
がんこ屋




関連ランキング:ラーメン | 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック