FC2ブログ

和泉屋利助 吉野町 居酒屋

11PC200069.jpg
家族で自宅でやっている居酒屋は良い居酒屋である。
なぜなら、料理は心であり家族仲良く営む店が不味いわけがない。
実は、持ち家でやっていれば家賃を払わなくて済むので値段もそんなに高くはない。(はずだ。家のローンはあるのかもしれないので古い建物の方か良いかもしれない。)
当然外れも山ほどあるが。
ここは、市営地下鉄は吉野町にある、そんな良心的な居酒屋である。



22PC200070.jpg
では、まず、つきだし。
大好物の里芋と蒟蒻だ。
色は濃いが、良い塩梅の煮方だ。
こういうので飲む酒は美味い。


33PC200072豆腐のチーズ
これは、豆腐のチーズに酒盗を乗せたもの。
チーズと言っても、豆腐の味噌漬けかなと思う。
こういうの好きなんだよね。
自分でも作れるが、この味は出ない。
酒盗はご存じ、鰹の内臓の塩辛。
酒の肴でも美味いが、僕はお茶漬けも好き。



44PC200073〆鯖・イシダイ・アカイカ・
では、刺身行ってみよう。
左から、〆鯖、石鯛、勘八、赤烏賊。
〆鯖は中がレアの新鮮なもので酢の塩梅もグーだ。
勘八は、僕がそんなに好んで食べる魚ではないので普通。
石鯛は絶品。
この時期のものは脂があって磯臭くなくて実に美味い。
こういう魚を食いたいなあ。
赤烏賊はゴードーイカといわれるやつで、ネットリはしているが、スミイカなどと比べると甘みや旨みにやや欠ける。
肉厚で天麩羅が美味いのだが。
全体的にレベル的には高いとは思う。



55PC200075.jpg
では、酒だ。
ここ、良い酒を揃えている。
この酒は、獺祭である。
山口県の大好きな酒だ。
すっきりと香りも良く旨みもある。



66PC200076.jpg
カキフライも欠かせない。
僕が好きなのは、当然生で食べられて、それをさっと揚げた、中は熱いが生のヤツだ。
こういう揚げ方は難しい。
このレベルならば満足だ。



77PC200078.jpg
では、清水の大舞台から飛び降りてみよう。
河豚である。
貧乏なので二人で行って一人前にした。
でも、後で出汁で雑炊を作るので一人前でも不本意ながら十分なのだ。
トラフグではないが、アカメか何かだろうか。
前にも書いたが、僕の家では、河豚より美味いものはあるのだから食う必要はないと言われていて、大人になるまで河豚は食べたことはなかった。
要は貧乏であっただけで、糞爺に騙された。
河豚は十分に美味いではないか。



88PC200080.jpg
では、お決まりでまずは骨付きあたりから出汁に潜らせる。



99PC200081.jpg
嫌いな野菜を入れるのは不本意だが、あるので仕方ない。
同行者に、野菜も食わにゃあかん、と説教を垂れられた。
椎茸と豆腐くらいにしてほしいと思うが、どちらも野菜でない点が弱い。
後で何か言われるだろうが、なるべく河豚中心に食べてやろうと思う。



1010PC200082.jpg
で、あっという間に、僕が河豚を食べ尽くしたので、すぐに雑炊の支度をしてもらった。
一人前だが、取皿は当然2人前だ。
儲けの薄い客だ。
おしんこは手作り。
黄味は盛り上がっている。
卵とオッパイはこうでなくてはいけない。



1111PC200083.jpg
出来上がり。
三つ葉を添えて。



1212PC200084.jpg
これで、帰りにラーメン屋に行かなくて済む。
河豚の旨みを凝縮した雑炊。
こんな美味いもん、もっと昔から食ってりゃ良かった。
重ね重ね爺さんのやつめ。


食べログへ
和泉屋利助




関連ランキング:割烹・小料理 | 吉野町駅黄金町駅阪東橋駅


スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

キンコンカン 桜木町 缶詰バー

1

1P9280056.jpg
缶詰バーと言っても、満員電車のようにギュウギュウ詰で飲むわけではない。
職場でも家でも肩身の狭い身としてはありがたい。
なんとつまみが缶詰なのである。
下手なオヤジギャグのような店名だ。
桜木町を降りて野毛山動物園方面に向かう野毛近道を出たすぐにある。
コスパのいい缶詰バーなのである。



2

2P9250050.jpg
いわしトマト。
こういうの美味いんだよなぁ。
缶詰って、日本では百数十年前からあるらしい。
そういう意味では国民食である。
で、イワシを見つめながら、缶詰で何が一番好きかなあと考えてみた。
牛の大和煮、ウニのいちご煮、スモークド・オイスター、カニetc…
高いものばっかだ。



3

3P9250048.jpg
タラコの煮たの。
こんなのもあるんだねえ。
これは食べにくいのか、ちゃんとお皿に入れて出してくれる。



4

4P9250047.jpg
ここはビールも焼酎もあるが、やはり日本酒。
お高いのがやや不満。
そりゃ磯自慢なんか飲むからだと言われそうだ。
静岡は焼津の酒である。
辛口のキリっとした素晴らしい酒である。
ほんのりとバナナの香りがするのだ。



5

5P9250049.jpg
これは、スパム缶。
実は僕は大好物なのだ。
これを缶からだして焼いて出してくれる。
缶詰で買って家で食べたら安いのにと思うが野暮は言いっこなしだ。
しかも、缶詰は重いので持ち帰るのは大変だし。



6

6P9250051.jpg
並んだ缶詰が壮観である。
退職したら、缶詰バーでもやろうか。
これならば、不器用な僕でも出来そうだし。
あっ、資金がない。


食べログへ
缶詰バー キンコンカン




関連ランキング:焼酎 | 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

昇 藤沢 居酒屋

11PC270105.jpg
デブばかりの宴会に出た。
デブばかりなので、沢山食うし沢山飲むし沢山ウンコをする。
デブは心臓が悪いので、煙草を吸わない。
だったら、美味しいものがリーズナブルに食べられて、美味しい酒がリーズナブルに飲めて、トイレがあって、禁煙の店が良い。



22PC270106.jpg
「昇」という。
藤沢は分かりにくい路地をズズズッと言ったところにある。
要は説明出来ないのである。
この店、藤沢の名店「久昇」から独立した方がやっている店で、一字をもらって「昇」か。
全席禁煙が嬉しい。
煙草を吸いながら美味い物を食うやつの神経が信じられん。
17年前は信じていたが。



33PC270109.jpg
では、突き出し。
ジャガイモ、ワカメと糸蒟蒻の酢の物、鯖の押し寿司だ。
こりゃ、八寸のようでちょいと綺麗だ。
鯖寿司はもっと食いたかった。
と、デブなのでみんながそう言っていた。




44PC270119.jpg
おから。
「久昇」の名物だ。
ここでも名物だ。
おっ、本店と同じくらい美味いぞ。
当たり前だ。
かつて店主が本店で作っていたのではないか。



55PC270108おから
丸いと食べにくいという。
で、デブNO.3が崩した。
体つき同様、情緒のない奴め。
甘からず塩っぱからずの絶妙の味付けだ。
アミの出汁もいい。
美味いな。
「武蔵屋」のも美味しいが、僕はここのおからが好き。



66PC270107.jpg
このデブNO.2は、単にデブだけではなく、かなりのアホなのである。
僕は遅れてきたのだが、ずいぶん先に着いていて、ガバガバ良い日本酒を頼んでいる。
しかも、燗にして飲んでいるのだ。
純米吟醸の香りの良いものをである。
店のオネイサンも苦笑いをしながら、「お燗にされるならこちらの方が」と、別の酒をやんわりと勧めたらしい。
しかし、「美味い酒は燗をしても美味い」と頑固にも聞き入れなかったらしい。

馬鹿者。
お前の頑固さが今の体型を作ったようなものなのだ。
深夜のラーメンはやめろと言い続けたのに、頑なに聞き入れなかったではないか。
アホのわがままに応じてくれたこのお店のホスピタリティは高い。
いや、単に、馬鹿を相手にしてもしょうがないと考えたのだろうか。



77PC270110大和芋の磯辺揚げ
大和芋の磯辺揚げ。
こういう揚げ方が出来るのは、芋の粘着力が強いからだろうか。
美味しい。

僕は煎餅では品川巻が好きだ。
煎餅の平板な味に海苔のアクセントがあると俄然別のものになる。
柿の種もピーナッツ入りがいい。
要は、単品では物足らないのだろうと自らを省みて思う。



88PC270111.jpg
煮込み塩。
こりゃ絶品。
牛肉も良い部分を使っており、柔らかい。
丁寧な仕事がしてあると雑な僕が言う。



99PC270113金目・ぶり・〆鯖・平目の昆布〆・アオリイカ
さて、恒例の刺身いってみよう。
左上から右に行って下りてくる。
まずはアオリイカ。
肉厚の甘いねっとりとした美味しい烏賊だ。

平目の昆布〆。
鯵のたたきのようになって小鉢に入っている。
昆布の香りと平目の旨みがよいコラボだ。

鰤。
脂が乗っているが身が締まっていて歯ごたえがいい。
こういう鰤を食いたい。

金目鯛。
大好物である。
昔は煮つけでしか食えなかったやつである。
あの時から刺身で食っておけばよかった。
水銀中毒になっていたかも。

〆鯖。
たっぷりの塩で1時間〆て、酢に漬けこんで1時間か。
時々〆鯖が食べたくなる。
そういえば、母親は蕁麻疹が出て以来〆鯖は一切食べなかったなあ。
僕は、〆鯖が原因と思しき蕁麻疹が2度ほど出たが、〆鯖を大量に食い続けて免疫を作り克服した。
その替わり、痛風になったので、良い子は真似をしないように。



1010PC270114.jpg
では、どうぞと。
馬鹿者、まだお燗で飲んでいるではないか。
思い余ったオネイサンに冷の吟醸酒をお願いした。



1111PC270115アサリの一口かき揚
浅利の一口かき揚げ。
僕は揚げ物が好きだ。浅利も好きだ。
必然的に頼むのだ。
天麩羅とフライだったらどちらが好きかと聞かれることがある。
そんなことを聞いてどうするんだと、答えたくもないのだが、アナゴは天麩羅、牡蠣はフライ、海老と烏賊は両方と答える。

魚は天麩羅かと思いきや、鯵はフライが美味い。
貝はフライかと思いきや、浅利や小柱はかき揚げが美味い。
甲殻類とか軟体動物はどちらでもとも思うが、それは当たり。
法則がないことに今更気づいた。

僕は魚介類のフライにソースはかけない。
刺身をソースで食うか?
醤油だろ。



1212PC270117タラとハマグリのいしる鍋
鱈と蛤のいしる鍋。
いしるとは、能登半島北に伝わる魚醤である。
しょっつるとかナンプラーの類である。
いしるは、小魚や烏賊のワタなどを塩漬けにして発酵させたものだ。
語源は「いを(魚)じる(汁)」からと言われている。
省略に無理があるなあ。



1313PC270118.jpg
親切にも、デブNO.4によそってもらった。
なんだ、蛤が牡蠣に化けているではないか。
相変わらず気の利かない奴め。
蛤と鱈のいじる鍋だろ。
ネチネチといじってやったが、白子が入っているので寸止めにしておいた。
温まるし、独特の風味があって美味しいぞ。




1414PC270123かにと白滝の塩麹炒め
白滝の麹炒め。
何を食べても美味しいし、よく料理が工夫されている。
こいつらもこういうものばかり食べていれば太らんのに。



1515PC270120.jpg
やっと冷が飲めた。
デブNO.3が燗酒に飽きたらしい。
馬鹿者、どうせバカなことをするのなら、最後まで全うせい。
燗酒を阻止できなかった我々にも責任はある。
しかし、なんと一気に6合くらい頼んでいたので、とにかく燗酒を飲み干さねば冷酒に行きつかなかったのだ。



1616PC270121八丁味噌ピザ
八丁味噌ピザ。
こりゃ確かに和と伊太利亜のコラボだ。
ピザまで焼くとは。
店主は只者ではない。
伴天連の使いのものか。
ありゃポルトガルか。



1717PC270126かに玉ニンニク炒飯
かに玉ニンニク炒飯。
大好きな蟹と玉子とニンニクが一度で食べられる。
支那の遣いであったか。
実にハラっと炒められている。
〆でハラっとにしては美味すぎてもっと食べたい。



1818PC270124高菜炒飯
何だ。
〆ではなかったではないか。
高菜炒飯。
デブの集団であった。
甘く見ていた。
炒飯と言っても油に薫りがあるわけではなく、和のテイストでさっぱりとしている。



1919PC270127あされ雑炊
〆ではなかったではないか。
浅利雑炊。
炒飯と比べればカロリーは低い。
と、自らを納得させる。



2020PC270128.jpg
やっぱり貝は良い出汁が出るなあ。
美味い。
玉子もトロトロで実に美味い。
完璧に2軒目はないな。



2121PC270125にしきざ(香味野菜のわさび和え)
香味野菜の山葵和えがおかずだ。
雑炊のとろみと柔らか味。
そして、凛とした山葵の辛味。

この店、実にいい。
美味しい。
煙草臭くない。
店の方の対応も実に丁寧で感じが良い。
帰りには、店主の方が出口にまで見送ってくれた。
こんなアホでデブの集団にも優しい。
満足でした。

何が、〆だ。
この後、大船の寿司屋でまた酒を飲んで寿司をつまんでしもた。

ちなみに僕はそんなにはデブではない。


食べログへ

居酒屋 / 藤沢駅石上駅

夜総合点★★★★ 4.0


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

鯛の鯛

11KB12P4190021s-.jpg
この骨のようなものはなんでしょう?
答えを言ってしまったか。
骨です。
魚っぽい形をしている。
恐竜に見えないこともない。



22P4220035.jpg
小型のマダイが手に入った。
今朝揚がったばかりの近海ものだ。
それではと、切れない包丁でチョイチョイと。
捌きながら何にして食べようかと考える。



33P4220038.jpg
ホイ! この通り。
骨は、さっと焼いて、お椀の種にしようと思う。
頭は兜煮だ。
楽しみは二倍だ。



44P4220050.jpg
一応柵にして並べた。
刺身に昆布〆だな。
写真を撮るの間もなく、アッという間に食べてしまった。

冒頭のへんな骨は、「鯛の鯛」という。
形が魚に似ており、鯛は魚の王様だからか。
マダイの胸鰭の所にあり、胸鰭を支えたり動かしたりする機能がある。
ちなみに硬骨魚類のどの魚にも基本的にはあるが、どれも「鯛の鯛」という。
つまり、「鯵の鯵」などという無粋なことは言わないということなのだ。

大船おでんセンター 大船  おでん 居酒屋

11P1090058.jpg
大船は、昔は工場がいっぱいあったので、飲み屋が多い。
大抵工場がつぶれた後はマンションになる。
しかし、飲み屋がつぶれた後はどういうわけか飲み屋になる。
だから、工場労働者諸君は減ったが、飲み助諸君はいっこうに減らない。
飲み屋のない街は潤いがなくていけないやねぇ。
戸塚と北鎌倉はそれぞれ別の意味で殺伐としている。
だから、戸塚や北鎌倉と比べると大船は良い街である。
で、大船のとある場所の2階にこの店がある。
「お気軽にどうぞ」って書いてあるが、ピンクの地に黄色い文字の店名だ。
こんな怪しい店、誰がお気軽に入れるもんか。


22P2280019.jpg
しかし、入るとこんな感じだ。
行ったことはないが場末のキャバレーにあるようなテーブル・ソファセットと安っぽい家庭ダイニングテーブルセット。
バラバラではないか。
統一性の欠如。
アンシンクロニシティ。
そんな言葉あるか。



33P1090059.jpg
所狭しと飾ってある映画のポスター。
そう、大船は昔松竹の撮影所があったのだった。
とらさんだ。


44P1090063.jpg
でも、よく見ると、ポスターは日活系である。
しかも、店の中にかかる音楽は、石原裕次郎とか小林旭とかの演歌である。
グループサウンズと並ぶ、僕が知っている数少ない日本の唄のジャンルである。
しかし、どっちも日活ではないか。
松竹とは縁がないではないか。



55P2280017.jpg
おでんを頼もうと思った。
しかし、怖いので止めた。
マカロニサラダにした。
好きな食べ物だ。
結構美味いぞ。
っていうか、こんなの好きだ。




66P1090060.jpg
でも、おでんも好きだ。
せっかくだから、怖いもの見たさ食いたさで、おでんを頼む。
なんだ、けっこう美味いではないか。
美味しい。
よく出汁の浸みこんだ、しかも煮崩れしていない。
こりゃ、いいぞ。

しかも、僕の好きなものばかりだ。
さつま揚げ、つみれ、がんも、玉子。
何で僕の好みを知っているのだ。
お好みでも必ず頼むラインアップだ。
店主は只者ではない。
大根は野菜なので好きではない。



77P2280020.jpg
失礼しました。
あの時は酔っ払っていたのだ。
アレは、お好みで好きなのだけを選りすぐったものだったことを突然思い出した。
そりゃ好きなもんだけになるだろ。
これぞ、デフォルトのおでん盛り合わせ。
そんなに違わないか。


88P1090065.jpg
では、ホッピー行きますか。
冬にこんなもん飲む奴の気がしれない。
ジョッキが凍っているではないか。
好きじゃないが、二日酔いの翌日の飲みはホッピーに限る。
無理して飲むことないじゃんという声が聞こえてくる。
幻聴か。
そろそろお迎えも近い。



99P1090064.jpg
馬のレバ刺し。
半分凍っていたが、これはこれで良い。
急いで溶かしたのだろうか。
味は悪くない。




1010P1090066.jpg
お勧めはこれだと言う。
鰯の梅干しとの抱き合わせフライ。
お勧めというほどの鰯の鮮度ではないが、こんなもんか。
付け合せのスパゲティがなんとなく嬉しい。



1111P3010025.jpg
では、酔い覚ましにビール。
モルツは嬉しいな。



1212P2280023.jpg
まぐろのぶつ。
この店、昼は定食をやっているのだが、これは昼の限定メニューにあるのだ。
普通に美味しい。



1313P2280021.jpg
ハンバーグ。
これも昼の定食メニューだが、つまみでも可。
こういうのを食べながら飲むの好きなんだな。
で、このデミグラ、自家製なのだ。
はっきり言って美味しい。




1414P2280024.jpg
時々むしょうに生姜焼きが食べたくなる。
これは夜のメニューにはないが、昼の定食にはあるので頼んだら二つ返事で引き受けてくれたのだ。
コレも美味い。
こういう、素朴なつまみというかおかずのつまみというか、これが好きなんだな。
実に、雰囲気とは裏腹に楽しめる店なのだ。



1515P2280022.jpg
では、ということで、トマトハイ。
ぼくは焼酎割っていうのはあまり飲まないのだが、コレだけは好きで飲む。
何故ならば、トマトは体にいいからだ。
駄洒落になってしもた。
ホントは、トマトジュースが大好物だからだ。
本当に二日酔いしないすっきりとしたお酒だ。



1616P1090061.jpg
吉永小百合様である。
僕が様を付けてお呼びするのは、ジミ・ヘンドリクス様とこの小百合様だけである。
これを肴にじっくり飲めるのは嬉しい。

この店、入口の入り難さ、日活映画のポスター、演歌のバックグランドミュージック。
おでんとハンバーグ以外、つまみも酒もどってことはない。
こりゃ入らないよ。
絶対引く。
でも、なんか落ち着くんだよね。
僕の友人が席の予約をしたんだそうだが、いつでも空いているからどうぞとのことだった。
なかなか良い店だと思うが、僕だけ?
んなこたぁないか…と。


食べログへ
大船おでんセンター




関連ランキング:おでん | 大船駅富士見町駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック