FC2ブログ

葉むら 天ぷら 秋谷

12IMAG0105.jpg
天ぷらをカウンターで食べたら当然高い。
カウンターで安いのは、場末の立飲み屋くらいなもんである。
まあ、まともな天ぷら屋なら夜は15,000円以上か。
寿司屋でもそんなもんだ。
技術料だ。
歯医者のようなもんだ。
自動車の整備工場のようなもんだ。
しかし、天ぷらほどプロと素人との腕前に、雲泥の差がある料理はないと思う。
人生はつくづく修行だ。
僕の場合、死ぬまで修行が足らないかと。
で、旬の良い素材を、昼のコースで、しかもカウンター、なんと4,200円で食べられるのがこのお店だ。
この辺は南葉山というらしいが、葉むら。



23IMAG0143.jpg
カウンターに座る。
ダイビング帰りに、年に一度か二度は訪れる。
回数が少ないのは、単に極めて貧乏だからである。
僕がこの店を知ったのは、行きつけの「みーしゃ」のマスターの紹介だ。
「みーしゃ」のマスターと「葉むら」のご主人は、「四季の味」という、よく言えば料理の専門誌、悪く言えば食いしん坊の雑誌に、四季折々の素材を生かした創作料理を紹介している。
要は、料理雑誌の執筆仲間なのだ。
「みーしゃ」のカウンターで、「葉むら」のご主人と同席させてもらったことはあるが、僕は印象と頭と情が薄い方なので、覚えてもらっていない。





34IMAG0109.jpg
では、お漬物などを前にして、天ぷらが揚がるのを待つ。
鰻屋でも何でも、食い物で待つというのは苦にならない。
マクドや吉野家なら怒る。

火入れして油の温度が上がる。
ご主人が、パットに野菜などの材料を入れて持ってくる。
こんな手順の一つ一つを見ていられるのも、カウンターならではだ。



45IMAG0114.jpg
サイマキだ。
車海老の小型のヤツである。
柔らかで甘くて味がある。
20本は食べられるな。
頭もカリッとして海老の香りが芳ばしい。
酒がほしいな。
車だった。
車で海老を食べには来たが。
一本は塩で、一本は天汁でいただく。



56IMAG0116.jpg
自然薯を大葉で包んで揚げたもの。
大葉の香りと自然薯のコク。
塩でさっぱりと。
サクッと揚がっている。
こんな揚げ方は僕には一生かかっても出来ないな。



67IMAG0122.jpg
ご飯と漬物、味噌汁が来た。
ご飯は柔らかめ、漬物はシンプルで変な旨みがなくよろしい。
味噌汁は浅利だ。
酒がないので、仕方なくご飯でも食うか。



78IMAG0123.jpg
鱚。
秋から冬の鱚は深場に落ちて体力を蓄える。
この時期のものは大型が多い。
こういう身が反り返っているような鱚を使っているということ自体、この店の実力がうかがえる。
近海の刺身で食べられる上物だ。
しかも大振り。

身がシャキッとしていて、甘みがあって、実に美味い魚だ。
揚げ方と素材だなあ。
メゴチの方が鱚より美味いと言う人がいるが、そんなのは嘘である。
メゴチの独特の風味は捨てがたいが、やはり上品さと軽い脂の乗りのある鱚の方がはるかに上だ。
と思う。
メゴチファンの人ごめんなさい。
メゴチも美味いです。



89IMAG0126.jpg
銀杏である。
こういう旬の素材は嬉しい。
ホクホクで火傷をした。
単に意地汚いからである。


910IMAG0129.jpg
ウニを海苔で巻いてあげたもの。
ウニは半生。
こういう揚げ方だ。
油の温度、揚げる時間、すべて計算されてこうなる。
甘みがあって美味しいが、ややウニの風味がとんでいたかな。



1011MAG0130.jpg
舞茸。
季節のもんだ。
秋に行ったからだ。
キノコの香りって実にふくよかである。
子供の頃は、埃臭いと思っていたのだが。
椎茸なんて気持ち悪かったが、いつのまにか食べられるようになっていた。
変なもんだ。
大人になったもんだ。



1112IMAG0134.jpg
帆立である。
見るからにしっかりとした身だ。
活き貝に違いないと思う。



1213IMAG0136.jpg
中が半生だが、ちゃんと火は通っている。
まさに職人技だ。
甘くて。歯ごたえがシャキッとしていて美味しい。
ここに来るといつも、本当に良い時間を過ごしたと思う。



1314IMAG0137.jpg
では、かき揚げ。
天丼にもしてくれるが、本日はご飯のおかずということに。



1415IMAG0139.jpg
芝海老と小柱だ。
火の通りもバッチリ。
立ち食い蕎麦屋のかき揚げと比べてはいけない。
全く別の料理である。



1516IMAG0142.jpg
〆は、アスパラの一本揚げ。
右端を持って塩を付けながら食べる。
最後はさっぱりということか。
香りといい食感といい、食べた感があるなあ。




1617IMAG0147.jpg
仕上げのシャーベット。
これはなくてもいいが。

このお店、寡黙なご主人が黙々と天ぷらを揚げる。
職人さんなのだ。
天ぷらを揚げている時、上がった天麩羅をカウンターに差し出す時、実に動きが自然で美しい。
ノーブルのマスターしかり、職人さんの動作は本当に華麗で見ていて飽きない。この店、金が貯まったら来ている。
だから何時までも金は貯まらない。


食べログへ
葉むら




関連ランキング:天ぷら | 新逗子


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

みーしゃ  吉野町 洋食

11みーしゃ2(吉野町)
僕の昔からのお馴染みで、お気に入りのレストランである。
「みーしゃ」という。
そんな歌手がいたような気もするが、日本の唄は演歌と民謡とグループサウンズしか聴かないので、寡聞にしてよく知らない。



22みーしゃ(みーしゃ人形)
入ると熊さんが出迎えてくれる。
八つぁんはいないか?
いない。
この熊、ミーシャという。
店の名前の由来である。
1980年に開催されたモスクワオリンピックのマスコットキャラクターで、本名はミハイル・バターピッチ・タプテキンという。
カボチャのバターピーナッツ和えではない。
シエフがロシアでコックとして働いていたことから、この店名にしたという。



33みーしゃ(生ハム・アボガド、無花果、烏賊トマト)0609080002
では、さっそくお通しが出る。
左から生ハムのアボガド巻。
イチジク。
烏賊のトマト煮。
それぞれ、想像通りの味である。
ここのお通しは美味しいので、お替りをしたこともある。



44PB060002.jpg
では、ワインをいただく。
イタリアワインである。
ポセナートのメルロ、2007年物である。
これにイチジクは良いかも。
綺麗な色の爽やかな酸味のある軽やかワインだ。
ポセナートは、イタリアはソアヴェ地区における老舗自家ぶどう栽培瓶詰め農家のひとつだそうだ。
市販だと1,000円くらいで買え、CPは高い。
調味料入れもミーシャだ。



55みーしゃ(赤ピーマンのムース)0609080008
赤ピーマンのムース。
味付けはコンソメベースの、香りのよいムースだ。
これならピーマン嫌いでも、平気だ。
ちなみに、僕はピーマンの肉詰めを揚げたやつが好き。
それじゃ、お惣菜か。



66みーしゃ(浅利とポテトの香草焼き)0609080003
アサリとポテトの香草焼。
ポテトグラタンの様なのだが、アサリの旨みと香草の香りが実にマッチしていて美味い。
こりゃいくらでも食べられるし、栄養もある。
ワインがガバガバと進む。
シジミで作れば肝臓にも良いが、手間がかかる分お値段は高くなりそうだ。



77みーしゃ(アマダイのムニエル)0609080006
アマダイのムニエル。
京都では「グジ」と呼ばれる。
水気が多いので、一夜干しや西京漬けにしたら抜群にうまい。
バカの一つ覚えで魚と言えば刺身だと思っている方々に是非食わせたい。
身離れの良い、シャキッとした身に、旨みと独特の香りがある。
実に美味い魚だ。
また、容姿も抜群味も良い。
ピンク色の美しい魚体、ちょっと御茶目なおでこ、クリクリっとしたパッチリ御目々。
これが人の女なら三顧の礼をもってでも嫁にもらうべきだ。
素材の旨みが味わえるので、当然、ムニエルにしても良い。
みーしゃの真骨頂だ。



88みーしゃ(合鴨腿のソテー)0609080011
合鴨の腿のソテー。
これ、好きなのだ。
いわゆるコンフィのような感じ。
塩味が絶妙で、ワインも進む。

このお店、素材を生かした、どちらかというとシンプルな料理を出す。
その上、その素材の旨みを十二分に引き出している。
素材が良いこと、それをさらに美味くする腕が良いこと、それ以上は何もいらない。


食べログへ
欧風料理店 みーしゃ




関連ランキング:フレンチ | 吉野町駅南太田駅黄金町駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

松 横浜駅西口 居酒屋

横浜駅西口はガキの町である。
ゴミゴミしていて、歩いているとガキがウザくてかなわない。
しかし、肩が触れるたびに、向こうもオヤジウゼエと思っている。

ところで、何で、最近の人ってお互いに避けないでぶつかってくるんだろう。
って、お前もだ、と言われそうだ。
ガキは嫌いだ。
オヤジはもっと嫌いだ。

自分もガキだったころは、西口にはよく行った。
今でも、あんたってホントにガキねえ、とはよく言われるが、めったに行かなくなった。

情けないほど魅力のない町ではあるが、最近では、駅から離れたところに粋なバーやビストロも増えてきた。
捨てたもんじゃないねえ、と思っていたが、まだまだフツーの居酒屋もある。

    

11P2090039.jpg
「松」という。
一応、”割烹”と称しているが、それほどのもんじゃない。
以前は、親父さんがやっていて焼き鳥などが中心の飲み屋だった。

今は子供さんである兄妹が跡を継いでいるという。
妹さんは、たか子さんではないとは思う。
メニューもなかなかバリエーションだ。

場所は、西口を東急ハンズに向かって歩き、ハンズを越えた所を左折、最初の四つ角の左側角にある。

       
22P2090040.jpg
こいつらがボトルを入れているので、安く飲める。
たまに切れていると自分で入れて来なくてはならない。
入ると、右がカウンターで、左が小上がりとなっている。
では、小上がりに陣取って一杯やる。

       

33P2090041.jpg
本日のお薦めメニュー。
魚からおでんから焼き鳥まである。
これぞ、由緒正しきTHE IZAKAYAである。

価格も西口にしてはリーズナブル。

    

44P2090043.jpg
まずは刺身の盛り合わせを。
刺し盛ほどその店の実力が分かるメニューはない。
何種も入るのでどこで手を抜いているかが、一目で分かる。

身の締まったカンパチ、天然だ。
ホッキと赤貝、もちろん活きである。
マグロは、バチの赤身と中トロ。
〆サバにヒラメの花造り。

この日は、良いネタだった。

       

55P2090046.jpg
これはキンメダイの干物。
でかいのでお得感がある。
脂が乗って美味い。

そういえば、長井水産直売センターで、一枚1.000円で売っていた。
買って来れば良かった。
       

66P2090045.jpg
では、ビールから焼酎に切り替えた。
S君のボトルだ。
「酒処」の提灯が目印。
覚えたので、今度一人で来たらこれを飲むことにしよう。
この記事を読んだ方は真似をしないようにしてください。

これ、鹿児島は濱田酒造の「麦彦」という。
麦彦芋彦、なんていないか、海彦山彦だ。

古式貯蔵、減圧蒸留貯蔵等された原酒をブレンドし、三年間シェリー樽に寝かせたという。
風味豊かで爽やかさと旨味がある酒だ。
いくらでも飲める。
やばい。

       

77P2090049.jpg
豚ロースのアスパラまき。
肉が美味いから美味しい。
単純な料理は素材がほとんどすべてだ。
あとは愛情。

写真もそうだけど、愛があるのとないのとでは、まったくデキが違う。
やっぱモデルは美人がいい。
って、女性差別だと言われそうだ。

       

88P2090052.jpg
これは揚げ出し豆腐のカニウニあんかけ。
山葵でいただく。

揚げ出し豆腐にカニにウニ。
僕の好きなものばかりではないか。
これに、あとでステーキも食いたい。
盆と暮れと正月と命日がいっぺんに来たみたいなもんだ。

       

99P2090053.jpg
ステーキ食いたいといったので、みんなが気を遣ってくれた。
しかし、配慮が中途半端なので、鶏肉だった。
阿波の尾鶏の塩焼きだ。

阿波踊りではない。
泡踊りでもない。
阿波尾鶏という。
オヤジギャグの世界である。

しかし、マジ徳島県が誇る鶏の品種なのだ。
ゆず胡椒で食べるところもなかなか良い。

オヤジがゆっくり飲める店は横浜西口にはそうはない。
大事にしたい店の一つである。


食べログへ





関連ランキング:居酒屋 | 平沼橋駅横浜駅高島町駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

FORTUNE バー 吉田町

11P7270140.jpg
関内から野毛に通じる道の都橋の手前を福富町方面に左に折れた2階にこの店はある。
というかあるようだ。
というのは、この日はベロンベロンに酔っぱらって連れて行ってもらったのだ。
だから、どこをどう歩いてどこに行ったのかさっぱり記憶がない。
でも、しっかり店の写真を撮っていたという、ブロガーの鏡のような行動をとっていたのだった。
僕って偉いとは思ったが一般的には大したことではないとは思う。



22P7270144.jpg
店内。
お客さんの写真を撮ってはいけない。
この時の記憶では、腕の太いオカマが迷惑にも煙草をプカプカ吸っていたようだったが、後で拉致者に確認したところほんものの女の人だったようだ。
わりと照明もお洒落だし明るくて清潔な雰囲気だ。
もっと真っ暗だったような記憶もあるが、呑み過ぎで世の中をまともに見られなくなっていたためである。
右側には靴を脱いでくつろぎながら飲めるスペースもあるらしい。



33マッシュルームのスープ P7270142
これがお通しか。
マッシュルームのスープ冷製だったらしい。
冷静に考えてみると美味しかったような記憶もある。
呑んだ後のラーメンのスープの類のお上品のようなものか。



44スイカのソルティドッグ スイカとウォッカ P7270141 
酔い覚ましに飲んだカクテル。
酔い覚ましどころか、これではますます現実から離れて行ってしまうではないか。
スイカのソルティドッグ。
グレープフルーツの替りにスイカ果汁にウオッカか。

酔いも醒めて記憶も途切れがちではあるが蘇ってきたので、ここからは実況中継で。
なかなかフルーティで美味しい。
こういうの案外好きなんだよね。
ソルティドッグとは、イギリスのスラングで、「甲板員」のことらしい。
海の潮にまみれるからか。
塩をグラスに付けるのが特徴だが、これを半周だけにするのをハーフムーンと言うらしい。
これは、フルムーンか。
「ソルティドッグ!! あっ、ハーフムーンでね。」、なんちゃって。
要は医者に塩分を制限されているからだ。



55P7270152.jpg
つまみだ。
アボカドディップとタコスチップ。
こういうのはいくらでも食べられちゃうな。
で、どこで食べても大抵美味しい。



66ジャマイカマティーニ ラム シェリー P7270154
何だ、ベロンベロンなのにまだ飲むのか。
ジャマイカ・マティーニという。
マティーニかよ。
普通のマティーニは、ジンベースのカクテルだ。
割合は、ジンに対しベルモットが一滴から1/3。
一滴のものをエクストラ・ドライ・マティーニと呼ぶそうだ。
しかし、これはラムベースにシェリーだ。
この琥珀色はシェリーの色だろうか。
良い香りのするカクテルだ。


77P7270155.jpg
ということで、この辺で完全に記憶が途切れていた。
これが何の酒だったのかわからない。
ドライ・マティーニ、オリーブ抜きで!!!
ではないか。



88P7270148.jpg
窓から、吉田町の通りが見える。

食べログへ
Bar Fortune




関連ランキング:バー | 桜木町駅関内駅日ノ出町駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック