FC2ブログ

サンオリーブ  神奈川  肉料理

11PC140018ステーキ用の肉
どうだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…と言いたくなるような肉だ。
A5の中でも最上位クラスの和牛ステーキ肉である。
冷めても固くならない頑なさだ。
柔らかな口当たりととろけるような甘みと旨みを含有したサシ。
こんな素晴らしい肉を食べさせる店がある。



22PC140017裏の入り口
サンオリーブというのだが、こういう良いものはひっそりと人知れずに食わなくてはならない。
僕のように屈折していると、悪いことをしているような気になるからである。
で、そういう人のために、この店ではステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きを食べる場合、密かに裏口から入って上階に行かなくてはならない。



33PC140021肉
今日はすき焼きにする。
8,000円のコースだ。
飲み台を入れれば、僕の場合、15,000円くらいになる。
しかし、素晴らしい肉である。
僕は子供の頃、肉はほとんど食べさせてもらえなかった。
毎日、鯵の煮つけとかマグロの血合いの塩焼きとかばかり食べさせられてきた。
これはこれで大好物ではあるのだが。
そもそも、「すき焼き」なんていうものの存在を知ったのは、丸美屋の「すき焼きふりかけ」と出会ってからだった。



44PC140024すき焼き
では、早速出汁に潜らせてと。
香ばしい、実に香ばしい。
葱の香りもいいな。



55PC140025すき焼き2
卵を漬けて食う。
駄目だこりゃ。
ホッペが落ちて戻らん。
やっぱ肉はウメエ。
涙が出てくる。
初めてすき焼きを食ったのは、就職をした年の伊勢佐木町は「荒井屋」でやった忘年会であった。
こんな美味いもんがあるとは。
もっとも、あれは一定のこだわりがあり、「牛鍋」というのであるが。
「すき焼きふりかけ」の味とは違うということも初めて判った。

しかし、ここの肉は素晴らしいの一言に尽きる。
実に、肉は柔らかく旨みがあり、脂は甘く、至福である。
この店は川窪商店という15号線(第一京浜)沿いの肉屋さんが経営している。
が、この肉屋、只者ではなくて横浜食肉市場の仲買の資格を持っていると聞いた。
だから、自ら素晴らしい肉を選ぶことが出来るのだ。



66PC140029ステーキ
これがステーキ。
実は、今日はすき焼きコースかステーキコースかしゃぶしゃぶコースの3択であった。
僕は、本当はしゃぶしゃぶが好きなのだが、協調性があるためみんなの言うすき焼きに従ったまでだ。
しかし、ステーキも食べたかったら、向こうのお客さんが恵んでくれた。
親切な方がいらっしゃるものだと思ったら、知り合いだった。
仕方ないので、大ぶりのすき焼き肉をさっと茹でてあげた。
ちょっと損した。






77サンオリーブ(神奈川)0707300057
これが表口だ。
神奈川県横浜市には、「横浜」駅と「神奈川」駅というのがある。
「横浜」はご存じ、鉄道各社の乗り入れる大きなターミナル駅だ。
一方「神奈川」駅は、京急「横浜」駅の隣にある、各駅しか止まらないしょぼい駅だ。
その駅からすぐの宮前商店街。
櫛の歯が抜けたような商店街だが、何軒か味のある店がある。
その一つがこの店だ。
昔は、ここらが舟揚げ場だったそうだ。
1階は、とんかつ・ランチなど、2階はすきやき・しゃぶしゃぶ・ステーキ、というふうに分かれている。
では、次に1階のコーナーに。




88PC140027ワイン
まずカツから行ってみよう。
でも、その前にまずワインなぞ飲もうか。
って、バックはしゃぶしゃぶ肉ではないか。

DIEGO DE ALMAGRO
4,800円。
高いな。
スペインはヴァルデペーニャスのアルマグロにある、世界でも最大規模の大手ワインメーカー「フェリックス・ソリス」によるワインだ。
市販だと1000円ちょっとくらいか。
しかし、このワイン、只者ではない。
実は、「高級品」か「安物」かを見分けるテレビ番組の中で、多くのグルメ芸能人が十数万円のフランスワインより美味いと答えたといういわくつきのワインらしい。
グルメ芸能人と言ってもそのレベルである。
けっこう飲みやすくグイグイ言ってしまい、記憶をなくしてしもた。


99 071004 ヒレカツ 画像 038
ヒレカツの単品。
豚だ。
700円。
馬車道の勝烈庵も好きな店だが、肉自体はこっちのがはるかに美味いな。
ソースは勝烈庵のはご飯にかけても食いたい。
しかし、ここの肉には甘ったるいソースは合わないか。
肉自体に甘みがあるからだろう。



1010サンオリーブ(豚カツ定食)0707300055
これは、ランチの豚の腿のカツ定食。
850円。
キャベツ・マッシュポテト・みそ汁がつく。
また、揚げ物かよ、胸が焼けるぜ、とのご批判耳に痛うございます。 
が、このカツが凄い。



1111サンオリーブ(豚腿豚カツ)0707300052
アップするとこうだ。
まず、でかい。
これを食べて、年寄りの僕には夕飯が食べられないほどだった。
次に、もたれない。
衣も薄くて、旨味がある。
そして、肉が美味い。
夜はこれで一杯飲んでいる。



1212 10710010008
これは串カツ。
これは本来ならソースをベッチャリと漬けてビールを飲むのに適している。



1313PC140030メンチ
メンチカツ。
肉汁たっぷりのジューシーなカツだ。
メンチカツサンド大好き人間なので、パンが欲しくなるなあ。
ソースをたっぷりかけて食べたい。


1414 0710120007
次はボイルウインナソーセージ。
自家製かどうかは聞き漏らした。
マヨネーズが何とも言えない。
実は僕はマヨラーに近い種に分類されている。



1515 0710120011
これは、ポークソテー。
二枚重ねになっているのだ。
これだけ食べれば僕も豚も満足であろう。
ポークソテー好きとしては、嬉しい量だし質だ。
美味いぞ。



1616 071004 牛生姜焼き 画像 037
コレは、和牛の生姜焼き。
これも美味しい。
脂身のないロースか腿か。
コレは、定食で900円。
横浜中のカツや生姜焼きを食べ歩いたわけではないが、コスパ高い。

いずれにしても、ぜひ上で食いたい。
しゃぶしゃぶだ。
ステーキだ。
すき焼きだ。
できれば、2人前は食いたい。
年に1回は食べたい。
金がない。


食べログへ
サンオリーブ




関連ランキング:とんかつ | 神奈川駅反町駅横浜駅


スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

鳥芳 野毛 串焼き

11鳥芳(野毛)s-
ここの店は、いつも混んでいる。
常連さんで賑やかなのだ。
カウンター席は、直角のV字になった、ライトウイングとレフトウイングがある。
それぞれ5人掛けくらいか。
ライトの前が魚のケース、レフトの前が肉のケースとなっている。
魚好きな僕の席はいつも、大抵ライトウイングだ。
よく、お前は右翼だといわれる。

ご主人は、一見、大企業のエグゼクティブの風貌。
紳士だが、ベランメエ調だ。



22鳥芳(ベーコン)0609200063s-
つまみは…。
まずはベーコンでも。
コレ、高いんだよね。
赤い色の付いていないやつだ。
僕は子供の頃から鯨のベーコンが大好きだった。
醤油に酢を足して辛子を混ぜて作るタレにつけて食べる。
この食感と風味。
よく舌を噛んだ。
酒飲みの食いもんだ。
小学生の頃から食べていたな。



33鳥芳(南蛮・トマト・アサリ)s-
さて、次は、僕のお気に入りの「南蛮焼き」。
一番右のだ。
ここでも右翼か。
これは美味い。
実に美味い。
牛のハラミを店の秘伝特製のタレに漬けて焼く。
3本も4本も食べちゃう時がある。

一番左はトマト巻き。
僕の友人で串焼きを食べつくしたヤツが、トマト巻きはここが一番美味いという。
どうやら、超薄いバラに秘密がありそうだ。



44鳥芳(焼き物)0609200059s-
左から、アサリ、ササミ、平貝、南蛮焼き。
アサリは良い剥き身を仕入れてきて、一粒一粒串をご主人が打つ。
こういうのは酒の肴に実にいい。
ササミは中はレアだ。
要は串になった鳥刺しだ。
山葵がポイントで美味しい。。
平貝は大好物だ。
香ばしくて甘い。
貝はちょっと炙ったほうが美味い。
新鮮だし、磯の香りがいい



55鳥芳(ビーフシチュー)s-
その他にビーフシチューがある。
いわゆるフォンドボータイプではなく、トマト味の昔懐かしき風味。
これは、いつもあるわけではない。
あれば、ラッキーだ。

魚も時々の新鮮なものを置いている

肉も魚も食べられる
そして、痛風ガードのホッピーと、3拍子そろったお気軽な店だ

常連さんが多いので、敷居が高いと感じる人はいると思うが、僕は大抵酔っ払っているので平気だ。
とにかく何を食べても美味しいし、ご主人もいい味を出している。
野毛の中では好きなお店だ。


食べログへ
鳥芳




関連ランキング:焼き鳥 | 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

『天康』 葉山 天麩羅

ダイビングの後は、海水で塩分を取り過ぎになることから、体内塩分の総量規制をするためにビールをたくさん飲まなければならない。
しかし、車なのでそうもいかず、お茶や水を飲んで食べることが楽しみとなる。
ということで、葉山でのダイビングの後の楽しみは、安くて美味しいランチを食べることである。



11DSCF0073.jpg
『天康』は、天麩羅屋さんである。
逗子から御用邸に向かい葉山大道を左折して横須賀方面に向かい、葉山郵便局を右折、しばらく行った右側にある。
おしゃれな店構えなので、「実はイタリアン」でも驚かない。
教会だとしても驚かない。
特に僕の場合、懺悔をしなくてはならないことがたくさんある。
この店は2階にある上、入り口が道路と平行になっているため、わかりにくい。



22天康(店内)0612300031
けっこう葉山らしくおしゃれな店内である。
黄色い張り紙は、パート・アルバイト募集であった。
右手が入口で、左手がカウンターだ。
ご主人は、銀座「天一」の横浜店長だった方だそうだ。
昼は、天丼と天ぷら膳がある。どちらも2,000円だ。



34天康(天丼)0612300037
では、天丼を。
ゴマの香りが香ばしい天麩羅だが、決してしつこくないし、もたれない。
配合している油がいいのかもしれない。
汁はサッパリしている。
濃い味に慣れた場末の江戸っ子としては、お上品な葉山の味はやや物足りないか。
しかし、体のためには良いので、頑張る。



46DSCF0063.jpg
これは、てんぷら膳の天麩羅。
塩で食べるのが、僕のお気に入りである。
ここの軽い油もともかく、驚いたのは素材のよさだ。
アナゴもキスも、実に新鮮だ。東京湾と相模湾という豊饒な海が近い極上の幸せ。
キスなどは間違いなく刺身でいける上物でもある。
また、揚げ方もいい。
アナゴはじっくり揚がっていて香ばしく、キスはさっと揚がってシャキッとしていて身に甘みがある。



57DSCF0066.jpg
これは、天麩羅膳の最後に出てくるかき揚げの天丼。
天茶とどちらがいいかと聞かれる。
天丼か天麩羅膳かでいつも迷うので、両方行くためには、天茶でなくて天丼だ。
具は、プリプリとした小海老。
甘くて美味しい。 



610DSCF0071.jpg
最後に、自家製シャーベットもお口直しにうれしい。
今日はイチゴを使ったものだ。
?、天麩羅に氷のものって、食い合わせ悪くなかったっけ。
アイスクリームの天麩羅があるのだから大丈夫だとは思うが。


応対も感じ良く、帰りに天かすもいただいてきた。
この天かすと安い赤身マグロと一緒にヅケにして、熱いご飯に盛って、刻み葱を添えると美味いんだな、これが。

食べログへ

天康




関連ランキング:天ぷら | 新逗子駅逗子駅東逗子駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

万紫味支店 逗子 居酒屋

11DSCF0095.jpg
「ましみ」という。
「万」は万人、「紫」は醤油のこと、「味」は味だそうだ。
そういう店なのだ。
土曜日に昼から空いている店を逗子で探していた。
たいてい飲み屋というのは役所のそばにあるというのは、田舎では鉄則だ。
で、探した。
すぐ見つかった。
この店、市役所の前にある。
で、土曜日は15:00から空いているらしい。
やはり、入るとこういうところの居酒屋特有の煙草の臭いが染み付いてはいるが、昼だからか最後までだれも客は煙草を吸っていなかった。
日頃は逗子市役所の役人で煙がモウモウに違いない。



22DSCF0087.jpg
では、まずはおしんこ。
ダイビング後のビールは美味い。
いろんな説があるが、減圧症になりやすいという。
飲みすぎると脱水症状になるとかなんやかんやだ。
今のところ平気だ。
水を飲みながらビールを飲むわけにはいかんしのう。

味の素はかかっているが、漬かり方が丁度いい。
美味しいぞ。



33DSCF0086.jpg
では、ジンタの空揚げ。
大好物だ。
ジンタは、鯵の子供のこと。
ジンダとも言うらしいが、東京ではジンタ。
腹がまったく割れていない。
鍛えていないデブというわけではない。
活きの良い証拠だ。
食べる。
美味いぞ。
ビールが進む。


44DSCF0088.jpgwidth="440" height="330" />
切り方はイマイチ。
食べてみる。
オーッ、活きが良い。
脂も乗っていて、こりゃ美味い。

ちょっと、この店甘く見ていた。
だって、普通のオヤジが普通に飲んでいる地元の店だとずっと思っていた。
だから僕がいるのだが。



55DSCF0089.jpg
で、鰹がお薦めという。
まったく臭みがなく、脂が乗っていて美味い。
毎週土曜日はここで昼から飲もうかなという気になる。
実にユッタリ気分だ。

お客さんを見ると、カウンターで一人飲みの品の良い常連さん風、二人で経済情勢を語っているオヤジども、母親と思われるお婆さんを連れているその娘とおぼしきやや若いお婆さん。
といった感じだ。
だれもタバコは吸っていない。
まったりとした良い午後だ。



66DSCF0091.jpg
〆にこれだ。
要はメンチカツなんだが、ハンバーグカツという名前なのだ。
メンチとハンバーグなんてパン粉が入るか入らないかくらいの違いなのでそう変らないが、美味い。
パン粉が入っているとは思わないが。
単に店のこだわりだと思う。
これ、実に美味いぞ。
絶対食べるべし。
指の持ち主は食べてはいけない。

って、期待しないで入ったのだが、ここかなりのレベル。
ただ、酒がやや高いなと思う。
しかし、また、来たいと思う逗子の店だ。


77DSCF0093.jpg
こんなのあった。



食べログへ
万紫味 支店




関連ランキング:居酒屋 | 新逗子駅逗子駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック