FC2ブログ

八ったん 川崎 牛たん

牛たん好きだ。
しょこたんも嫌いではない。

まあ、ところが、なかなか美味しい牛たんにめぐり合うのは至難の業だ。
前に仙台で食べたのは美味かったなあ、と遠い昔を懐かしむばかり。
年は取りたくないのう。
で、牛の舌に舌鼓を打ちたく、川崎にやってきた。

画像1
京急川崎で降りて、市役所通りの一本蒲田寄りの道を海方面に歩く。
二つ目の四つ角、砂子一丁目の信号を左折。
三つ目の角を右折するとこの看板が見える。

画像2
“八ったん”という。
川崎における牛たんの名店だ。
横浜には手ごろな美味い牛たん屋がない。

実は、横浜にも一軒美味しい店があるが高いのだ。
1串3,200円!!!
ユニクロでダウンが買える。
一生に何回も行けない。

一方、大衆の街川崎は安いが、僕と肌も雰囲気も合わない。w
でも、美味いものがあるなら、と遠征した。

画像3
この日は、ちょうど糞な”オーシャンズ”を観た帰りだ。
むかついた映画にパンフレットまで買ってしまってはいけない。
あっ、観る前に買ったのだった。
仕方ない。

画像4
牛タンが出来る前に軽く前菜。
長ネギとしし唐焼き。

こんなんで、パンフレットを読みながら、カウンターでビールを飲む。
また、ムカついてくる。
お酒は楽しく飲まなければいけない。
店では、お母さんと息子さん?がてきぱきと動いている。

画像5
で、煮込みを頼む。
こりゃ美味い。
まず、肉の質がいい。
牛すじ、しかもそれの良いところをじっくりと煮込んでいる。
シャキシャキだ。
味噌味も品がよく、こんな煮込みを出す店は多分めったにない。
これで、600円。

画像6
で、酒に切り替えた。
煮込みと葱・しし唐焼きで一杯は美味い。

十分に堪能した。
さて、そろそろお勘定をしてもらおうか。
と、ここで帰ってはいけない。
牛たんを食べていなかった。

画像7
牛たん焼き、1600円。
この量でこの値段は安い。
見ていると、これとご飯を注文して食べてはサッと出て行く人が何人かいる。

冷蔵庫から出した、白い綿の布で包んだ、あらかじめ一口サイズに切って積み上げた塊の牛たんを、一枚一枚はがしながら、お母さんが網で焼く。
肉に厚みがある。

さて、味はというと。
シコシコとして歯ごたえがある。
甘みがあってタンパク。
こりゃ美味いよ。
塩味がついているのでこのまま食べながら酒を飲む。

画像8
〆はこれ。
オックス・テール・スープ。
メニューには、牛尾スープとある。

丁寧に取られたスープで、雑味のない実に上品な味。
肉もシャキシャキで美味しい。
かなりのレベルの食い物だ。

すごく満足で、この時点で不機嫌解消。
で、次はご機嫌で山ちゃんへ。
さらに、寿司まで食ったような記憶があるが、この辺になると意識下の世界だ。

牛 たん 牛 たん 牛 たんたん…と牛たんゲームには勝ったことがない。
根本的には、やはり頭が悪いのだと思う。

ちなみに、ここの店のホームページで、案内図のポイントとなっているのはラブホテルであるところが川崎らしくて良い。(http://hattan.tokyowalk.net/map.html)

食べログへ↓

八たん 牛タン / 京急川崎駅川崎駅港町駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト

揚子江 関内 中華料理

関内に隠れ家的中華料理店がある、と友人に教えてもらった。
「揚子江」という。
HPで確認をしたら、かなりこだわっている店のようで、とりあえず揚子どう?と…、ランチに何度か行ってみた。
美味しかったので、夜のコース5,000円で予約しB級グルメ仲間と行ってみた。

画像1
何て書いてあるのかさっぱり分からないが、さすが、そこが中国2,000年から5,000年くらいの歴史。
「酔毛蟹」というのだけは読める。
上海蟹を紹興酒で酔っ払わせて食べるやつのことか。
僕が食べたら酔っ払い同士の共食いだ。
哀れな蟹。
残念というか幸運というか、5,000円コースには上海蟹はつかない。

画像2
まずは前菜か。
左上から。
大根と茄子の和え物。
香りが良いぞ。

下左は、なんとクラゲの傘の下の部分だそうだ。
プニョプニョして柔らかい。
味付けは薄いしょうゆ味。
面白い感覚だ。

下右は、羊羹。
本物の羊羹である。
と言っても、虎屋謹製ではない。

要は羊肉の煮こごりのようなもの。
面白い食感だ。
羊羹とはもともとはこの料理のことらしく、中国帰りの日本の僧侶が小豆を使った日本の羊羹にアレンジしたそうな。
彼らは、肉食は禁じられていたので、代用品となったわけだ。
じや、中国では羊食べたのか?という疑惑が沸いた。
しかし、これ、まったく別物で、随分な代用品だ。
きしめんとサナダムシ以上の差はある。
こんなことなら、僕だったら僧侶を辞めている。
たまには、ラムステーキも食べたいし。
もともと門前払いか。
羊のヒレ肉を使っているとのことだが、さっぱりと癖がなく、美味しい。

画像3
いろいろきのこと芝エビ炒め。
驚いた。
エビがプリプリとして食感の良いこと。
火の通しが絶妙なんだろう。
そして、甘くて美味しい。

画像4
上海蟹カニ味噌と豆腐の煮込み。
上海蟹とは、チュウゴクモクズガニという淡水の蟹である。
学名は、Eriocheir sinensis (H. Milne-Edwards, 1853)。
あっ、ダイビングの記事ではなかったか。
中国蘇州市にある陽澄湖のものが有名だが、近年日本でも養殖がされているようだ。

うーん、濃厚だ。
上海蟹は、食べるところはあまりないが、この味噌はたまらない。
醤油と香料で上手に味を引き出している。

画像5
鶏肉の唐揚げ。
鶏は下味がしっかりしている。
餡は、甘からず絶妙。
普通の鶏の唐揚げとはまったく別物で、いくらでも、食べられそう。

画像6
青梗菜と春雨の炒め。
これは、青梗菜の若い根っこの部分だけを使ったものだそうだ。
硬くはないがシャキシャキとしている。
味もさわやかな香りが鮮烈だ。

画像7
これは何だ?とご主人に言われた。
ちょっと考えて、ゲンゲ?と応えた。
富山県で有名な深海性の魚だ。
寒天質のプリプリとした柔らかい食感で、汁物や鍋物に人気がある。
「おっ、よくご存知ですね」と言われたので当たったかと一瞬喜んだが外れだった。

実は、サメの鰭…つまりフカひれに近い部分の肉のピリ辛煮だそうな。
醤油味でピリ辛に煮込んだ逸品だ。
プリプリクニュクニュの独特な触感。
サメ特有のアンモニア臭はまったくなく、初めての世界だ。
なかなか良いものは手に入りにくいらしく、珍しいものを食べられて今日はラッキーだった。
これで冥土への土産話がまた一つ出来た。

画像8
具無しスープそば(光麺)。
池袋の有名なラーメン屋のものではなく、こういう名前のソバらしい。
香りのよい醤油ベースのスープだれに麺と葱を絡めてある。
麺自体にはそんなにコシはなく普通。

画像9
マンゴプリン。
さっぱりとした後味だ。

ここの中華料理は実に洗練されている。
まず、ありがちな油っこさがない。
そして、素材の良さを引き出して、それを脅かすような味付けはしていない。
まさに、甘さやくどさを抑えた、普通のいわゆる中華にはないものであった。
また、季節や食感を楽しめるような素材の使用とそのような調理がなされていた。
そういう意味では、ぜひ一度来店してみて欲しい店である。

以下は斥候で行ったランチ。

画像10
鶏肉とピーマンのピリ辛炒め。

画像11
エビとトマトの卵煮。

画像12
豆腐と蟹の炒め

画像13
黒酢の酢豚。

これにご飯とスープとデザートが付いて1,000円だ。
この店、禁煙にしてくれると嬉しいのだが、ご主人も暇だとテレビを見ながら一服している。
その辺だけは、街の中華料理屋と変わらない。(笑)

食べログへ↓

揚子江 上海料理 / 日本大通り駅馬車道駅関内駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


キンパイ酒店 横浜 立ち飲み

画像1
横浜駅の東口を出て、郵便局と崎陽軒の間にある通りを高島町方面に行くとすぐ左にある。
酒屋がやっている立ち飲みである。
看板の絵がレトロだ。
最近、とんと見かけないタイプのオッサン。
僕好み。

画像2
入って左側にレジスター、右側にビールなどが入った冷蔵ケースがある。
レジスターの後ろで、店番のオヤジさんが居眠りをしていた。
咳払いをひとつして、金盃の大吟醸生酒を出した。
灘は金盃酒造の兵庫県産山田錦100パーセント使用の生酒だ。
精米歩合40パーセントまで研ぎ澄ました大吟醸。
立ち飲みだから許される贅沢だ。
コップを渡される。
ワンカップの空き瓶だ。
この落差が凄い。
で、席を探す。
空いているので「団体席」に立った。

画像3
人心地ついて、店内を見やる。
店内の至る所に張り紙がしてある。
よっぽど口うるさい店主なのか、よっぽどひどい客ばかりなのかはわからない。
「大人が示す人間の生きる道」
「冷房中開けるな」
「立ち飲み屋で長居長話はしない」
書いてあることは、至極まっとうなことである。

画像4
最近は、立ち飲み屋に集団で押し寄せ長居をし、あげくの果ては大騒ぎする手合いも多い。
今風の、若者が多い立ち飲みやなら別にかまわない。
しかし、このような酒屋の立ち飲みは、酒店の脇で飲ませてもらうものなのだ。
だから、一人静かにグビッと茶碗酒をあおったり、仮に会話をするにしても静かに飲んでいる他のお客さんには迷惑をかけないよう大声は出さないものなのである。
酒屋の立ち飲みは、疲れた僕のようなサラリーマンのオジサンにとっては、自分の内面を見つめ、今日一日の生活を静かに省みて明日への糧とする、安価な聖地のような場所なのである。
この張り紙を見て、金払わせて酒を飲ませておいてなんだ、とお怒りの人もいるだろう。
でも、かわいそうな孤独なオジサンたちに静かな場所は残しておいてほしい。

画像5
では、つまみなんぞ。
チーズ鱈。
好きな食い物だ。
酒もグビグビすすむ。

画像6
このオッサンたちも静かに飲んでいた。
店主の教育が行き届いているようだ。
まだ、店主は居眠りしているが。
ちなみに、ここはトイレを貸してくれないので、近くの川に行くしかない。


食べログへ

キンパイ酒店 立ち飲み居酒屋・バー / 横浜駅新高島駅高島町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


登良屋  (とらや)  天婦羅  伊勢佐木町

関内駅北口を下りて伊勢佐木町通りを下る。
ちょっと行って、右側に”富士そば”があるので、右折。
すぐ右手に見える。
裏通りにこの店はある。
隣は、野毛おでん。


良き横浜、良き伊勢佐木町を残している店の一つだ。
創業は昭和33年。
先代が立ち上げて、今は二代目がやっている。
名前の由来は、店主のお爺さんが「登良吉」だったそうな。
また、店主のお父さんは、横浜の牛鍋の老舗「荒井屋」の三男だそうな。
三日住めば”はまっ子”といわれているから、それこそ生粋の”はまっ子”である。
天麩羅と美味しい肴をだす浜の老舗である。


まずは、ビールとお通し。
お通しは、アオリイカのゲソ。
季節のものである。
嬉しいな。
ダイビングでは、あちこちに卵の房が見つかる。
美味しそうな親も近くを乱舞している。


お店は、入って左がカウンター、右にテーブル。
さらに、その右手と奥にも小上がりとカウンターがある。
ここは、小上がり。
ちょいと落ち着いた雰囲気で、まあ、一杯いかが?、あら、お強いのネ。
柳家三亀松師匠が出てきそうな雰囲気である。


まずはこんなものをつまみながらチビチビやる。
トコブシである。
これの煮たのは江戸の昔から酒の肴と決まっている。
実によい味と歯ごたえをしている。
僕の大好物だ。
いくらでも食べちゃうが、痛風の素の肝も食べ過ぎちゃうのでチビチビと。
柔らかさといい、味付けといい、実によい仕事だ。
こいつら葉山にはザクザクと山ほどいるんだよな。


やはり、旬のものを食わなきゃならない。
これメジ。
美しい。
メジマグロである。
本マグロの子どもで、秋口ともなれば東京湾口にも回遊して来る。
身は柔らかいが、実に清冽な美味い魚である。
赤みに味があり脂はあってもしつこくない。
メジは大好物だ。
やはり、大好物名物が並ぶ店はよい店なのである。
ご覧の通り切り身も大きく、満足。


これは芝海老を束にして挙げたもの。
一束700円で二束。
実は、後ろに1,100円の天婦羅盛り合わせが隠れている。
アジ、アナゴ、ナス、カボチャ、アスパラが入っている。
これだけじゃ寂しいので、別に芝海老を頼んだ。
芝海老は甘みがあって、味があって、本当に美味しい海老である。
車海老と並んで、それこそ江戸前だ。
実に美味い。
こんなんで、クイッと日本酒を一杯。
こりゃ、至福だ。


アナゴが美味しかったし、旬のキスも食いたい。
で、追加。
アナゴもキスも間違いなく東京湾だ。
アナゴは、コクがあり味がある。
いくらでも食える。
キスはホクホク。
完璧地物の味だ。
久々に美味しいキスを食べた。


そして、最後にさっぱりと。
車海老の塩焼きだ。
甘みを引き出すにはコレに限る。
至福の一時である。

ゆったりとした時の中で、美味しいものをのんびりと食べて飲んだ。
仕事の話でも和やかな中で弾む。
これに、ビール2本に日本酒3本、2人で一万円でおつりが来る


食べログへ↓

登良屋 天ぷら / 関内駅伊勢佐木長者町駅桜木町駅

夜総合点★★★★ 4.0


かずみ 奄美大島 名瀬 郷土料理

奄美大島は名瀬の夜、何を食おうかと迷った。
ここに来て豚骨ラーメンでは芸がない。
鶏飯じゃ腹がいっぱいになって酒が入らない。
明日もダイビングだし、だったら飲まなきゃいいではないか、という声が耳に痛うございます。
で、郷土料理と島唄なんぞと。

画像1
郷土料理 かずみ
という。
電話をして予約をした。
5分くらいで行くと伝えると、常連さんが出迎えてくれた。
お礼を言うと、実は、たまたま煙草を吸いに出たと言う。
店内禁煙だったのか。

画像2
では、3,000円の料理のお任せを。
黒糖焼酎は一杯500円で別料金だ。
最初はモズク。
こちらで食べるモズクは、何でこんなにクタッとしていないで締まっているんだろう。
歯応え良し香り良し美味しいな。

画像3
これは烏賊を煮たもの。
よく出し汁を吸って食べ易い。
かといって、塩辛くもない。
味付けは優しい。

画像4
鰹の刺身。
南の島の鰹は脂がない。
江戸っ子なのでこれはこれで好きだ。
といっても、大森の場末の江戸っ子だが。

画像5
これ、奄美ではトビンニャという。
ダイバーは、マガキガイと呼んでいる。
ダイバーだけではなかった、標準和名だった。

塩茹でしたものを、爪があるのでこれをつかんでクルリとやると身が出てくる。
この爪を刀に例えてチャンバラガイともいう。
大好物である。
これをクルンクルン剥きながら焼酎を飲っているといくらでも飲んじゃう。
しかし、海の中でのこの貝の生態を知っている。

画像6
葉山にもいる。
この貝は眼が可愛いので、これを見たらちょっと食べるのに抵抗があるかも。

画像7
これは芋の茎を炒めたものである。
芋は田芋といい、サトイモのようなものらしい。
味付けはシンプル。
想像通りの味であった。

画像8
この方、満本 実 さんという。
奄美大島でも有名な奄美三味線の引き手である。



奄美三味線は沖縄のものと形などは同じだが、哀愁を帯びた裏声を駆使するような唄が奄美では多いせいか、弦は細く音のキーは高いそうな。
また、ピックというかバチは、割り干しのようなものを使っていた。
ご覧のとおり、非常に笑顔の素敵な楽しい方であった。


画像9
では、ゴーヤの味噌炒め。
The 酒の肴 である。
酒の写真がない。
注いで来てもらうのでビンが写せなかった。
美味かったのは、黒糖焼酎の「まんこい」だった。

画像10
これはハンダマという野菜である。
葉っぱの表は緑なのだが、なんと裏は紫色という変わった野菜だ。
茹でるとヌメリが出てきて、栄養たっぷり。
鹿児島県の発表によると、カルシウム量がほうれん草の3.9倍、ポリフェノールが玉ねぎの1.7倍あるそうだ。
基本的には野菜は好きではないのだが、こういう機会でもないと食べないので食べた。
味はこんなものか。

画像11
さあ、いよいよクライマックス。
満本さんの伴奏で、店主の西和美さんが島唄を歌う。
西さんは、奄美大島の島唄の唄者で、1985年には奄美民謡大賞を受賞された方だそうだ。




この画像は、和美さんの師匠の坪山豊名人との掛け合い。
いいなあ。
異国にいるような雰囲気だが、妙に里心をくすぐるものがある。
満本さんとは、掛け合いで何曲かやってくれた。
グラスを持つ手も止まってしまった奄美の夜だ。


画像12
豚足と油揚げを炊いたもの。
ここの料理は、薄味なのだが味付けのしっかりしたものである。
出汁がちゃんと効いているのだ。
美味しいです。
でも、もうかなりギブアップ。

画像13
うー、さつま揚げだ。
僕はおでんを食べるときは必ず頼む。
これ、大好物だ。
いつも食べている、紀文や浜藤とかのさつま揚げよりも魚の風味があっていいな。
腹一杯だが、ついつい食べてしまう。

画像14
アカウルメの唐揚げだ。
今回の奄美行では、これあちこちで食べた。
これ、いわゆるグルクンである。
和名はタカサゴで、沖縄県の県魚だが、奄美ではかなりポピュラーに食べられている魚である。
海の中で見ると、もつと青っぽくて黄色い線が鮮やかだ。

このさっぱりとした味わいは捨てがたく、刺身でも塩焼きでもgoo!!
これで本当にギブアップだ。
申し訳ないが、テーブルに並んだ料理全ては、全部食べ切れなかった。

奄美を訪れたら、またぜひとも立ち寄りたい店である。
美味しい料理と酒、心に染み入る唄と奄美三味線。
すっかり満喫してしまった。
これで、焼酎3杯飲んで、4,500円は絶対にお値打ちだ。
絶対に行くべし。

食べログへ↓

郷土料理 かずみ 郷土料理 / 奄美市その他)

夜総合点★★★★ 4.0


CAFÉ REGEND カフェ・レジェンド 関内 ビストロ

以前は仕事帰りの一杯は、ここが多かった。
何故か。
まず、残業をすると腹が減ってる。
腹減らしの部下などを連れて行った日には、いくら金があっても足りない。
したがって、量が多くなくてはならない。
でも、美味しくないと僕は嫌だ。
そして、空いていた。
そういう条件をすべて満たす貴重な店だ。
         
画像1
一見お洒落な雰囲気だ。
僕はお上品なので、こういう店専門である。
オヤジたむろす煙草臭い焼き鳥屋などには絶対行かない…
こともないが。

尾上町の交差点の馬車道側。
一本裏路地にひっそりと佇んでいる。
知らないと、すーっと見逃してしまいそうだ。
僕は当初夜間専門のカットサロンだと思っていた。
      
画像2
店内はカウンターのみ。
居抜きで買えば、そのまま立飲み屋にもなる。
10人も入れば一杯になってしまう。
落ち着いた空間である。
       
画像3
さて、まずはビールを。
仕事帰りのビールは美味い。
この野菜は、ハーブ漬けになっていて、カウンターに座るとドッと出てくる。
こんなのをポリポリと摘みながら料理をまつ。
      
画像4
ハッシュドポテト。
でかい、厚い。
コンビーフにポテト、目玉焼きが乗る。
僕の好きなものの三点セットだ。
      
画像5
ソースなんぞをつけて食べる。
美味い。
実に美味い。
僕は普通のルーのカレーにソースをかけて食べるのが好きである。
気分によっては、醤油のときもある。
作った人の気持ちが分からないやつ、とよく言われる。

だいたい量が多けりゃ多少味は仕方ないかな、って思う。
ところがここは違う。
一品の量が2人前程度ある上に、実に高いレベルの味だ。
一人で黙々と仕事をされるシェフは、Tプリンスホテルに長らく勤務されていた方なのだ。
半端ではない。
      
画像6
こだわりのワイン。
結構サービス価格ですよ、って言われた、が、それなりの値段だ。
いつもは、せいぜい2,000円程度のワインしか飲んでいない僕にはもったいない。
どうせ、そんなに味がわかるわけではないし…。
ここでは、ハイボールも日本酒もある。
       
画像7
コレ、フォアグラのグラタン。
カウンターなので、手際良く作る調理の過程がよく見える。
ここでは、落とした食材を拾ってそのままフライパンに入れる、なんていう舞台裏技は使えない。
当たり前か。
しかし、たいしたもんだ。
パパパッと作っちゃう。
いわゆるキッチンスタジアム的な環境である。
      
画像8
こんな感じ。
焼き色が香ばしいし、なんとも蕩けるようなチーズにフォアグラの濃厚な味が絡み付いてくる。
こりゃ美味いぞ。
カップの底に残ったのまで、パンでこそぎ落としてしまった。
最期は直接舐めてしまった…。
      
画像9
ワインが進む。
ここのグラスはでかい。
僕はでかいグラスが好きだ。
日本酒など、お猪口なんざ、まだるっこしい。
紹興酒もコップ酒である。
だから、翌日たいてい二日酔いだ。
      
画像10
牛の頬肉シチューを頼んだ。
これが付け合せの野菜。
彩が綺麗だ。
       
画像11
これがシチュー。
ドミグラが香ばしい。
肉が美味しい。
かなり腹いっぱいだ。

コレで、2人で9,000円。
ワインのボトルを頼まず、日本酒かハイボールにするなら7,000円程度。
いつも言ってるが、つまらん店に2軒も3軒も行くなら、こっちの店だ。
仕事の疲れも吹っ飛ぶ。
多少お金も吹っ飛ぶ。

ちなみに、ここのランチは珠玉。
美味しくて量は山のようだ。
会議のある午後の爆睡は必至。

最近は、混んでいて、絶対に予約すべしです。

食べログへ↓

カフェ・レジェンド フレンチ / 関内駅馬車道駅桜木町駅

昼総合点★★★★ 4.0


プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック