FC2ブログ

八ったん 川崎 牛たん

牛たん好きだ。
しょこたんも嫌いではない。

まあ、ところが、なかなか美味しい牛たんにめぐり合うのは至難の業だ。
前に仙台で食べたのは美味かったなあ、と遠い昔を懐かしむばかり。
年は取りたくないのう。
で、牛の舌に舌鼓を打ちたく、川崎にやってきた。

画像1
京急川崎で降りて、市役所通りの一本蒲田寄りの道を海方面に歩く。
二つ目の四つ角、砂子一丁目の信号を左折。
三つ目の角を右折するとこの看板が見える。

画像2
“八ったん”という。
川崎における牛たんの名店だ。
横浜には手ごろな美味い牛たん屋がない。

実は、横浜にも一軒美味しい店があるが高いのだ。
1串3,200円!!!
ユニクロでダウンが買える。
一生に何回も行けない。

一方、大衆の街川崎は安いが、僕と肌も雰囲気も合わない。w
でも、美味いものがあるなら、と遠征した。

画像3
この日は、ちょうど糞な”オーシャンズ”を観た帰りだ。
むかついた映画にパンフレットまで買ってしまってはいけない。
あっ、観る前に買ったのだった。
仕方ない。

画像4
牛タンが出来る前に軽く前菜。
長ネギとしし唐焼き。

こんなんで、パンフレットを読みながら、カウンターでビールを飲む。
また、ムカついてくる。
お酒は楽しく飲まなければいけない。
店では、お母さんと息子さん?がてきぱきと動いている。

画像5
で、煮込みを頼む。
こりゃ美味い。
まず、肉の質がいい。
牛すじ、しかもそれの良いところをじっくりと煮込んでいる。
シャキシャキだ。
味噌味も品がよく、こんな煮込みを出す店は多分めったにない。
これで、600円。

画像6
で、酒に切り替えた。
煮込みと葱・しし唐焼きで一杯は美味い。

十分に堪能した。
さて、そろそろお勘定をしてもらおうか。
と、ここで帰ってはいけない。
牛たんを食べていなかった。

画像7
牛たん焼き、1600円。
この量でこの値段は安い。
見ていると、これとご飯を注文して食べてはサッと出て行く人が何人かいる。

冷蔵庫から出した、白い綿の布で包んだ、あらかじめ一口サイズに切って積み上げた塊の牛たんを、一枚一枚はがしながら、お母さんが網で焼く。
肉に厚みがある。

さて、味はというと。
シコシコとして歯ごたえがある。
甘みがあってタンパク。
こりゃ美味いよ。
塩味がついているのでこのまま食べながら酒を飲む。

画像8
〆はこれ。
オックス・テール・スープ。
メニューには、牛尾スープとある。

丁寧に取られたスープで、雑味のない実に上品な味。
肉もシャキシャキで美味しい。
かなりのレベルの食い物だ。

すごく満足で、この時点で不機嫌解消。
で、次はご機嫌で山ちゃんへ。
さらに、寿司まで食ったような記憶があるが、この辺になると意識下の世界だ。

牛 たん 牛 たん 牛 たんたん…と牛たんゲームには勝ったことがない。
根本的には、やはり頭が悪いのだと思う。

ちなみに、ここの店のホームページで、案内図のポイントとなっているのはラブホテルであるところが川崎らしくて良い。(http://hattan.tokyowalk.net/map.html)

食べログへ↓

八たん 牛タン / 京急川崎駅川崎駅港町駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト

ラグーン 川崎 洋食 -贅沢な病院食-

画像1

川崎駅東口を下りて、さいか屋が面する大通りを海方面に向かう。
新川橋交差点の左角にある病院が「総合新川橋病院」である。
ギリシャ神殿ではない。
病院の食堂というと、たいていは味気なくそんなに美味しくはない。
また、学食や会社の食堂を思い出してしまう。
あまり良い想い出はなかった。
しかし、驚くなかれ。
この病院の食堂は、見晴らしの良い最上階8階にある、安くて美味いフレンチレストランなのだ。
“食堂”と言ってはいけない。

画像2       

さて、本日のランチ。
1,050円が、黒豚のロースト、ローズマリー風のソースである。
1,575円が、オキタカベのポアレ、トマトのなんちゃらソースである。
スープはコーンポタージュ。
デザートは、桃のムースだ。

画像3       

突き当りには庭園もある通路を抜けて店内へ。
さすが、病院。
手すりやスロープが設置してある。
もうすぐお世話になる。
スロープの脇には、ワインが無造作に箱に入っていた。

画像4       

では、サラダ。
手作りドレッシングがさわやかだ。
野菜がみずみずしい。

画像5       

コーンスープ。
懐かしいシンプルな味だ。
あまり僕はコーンスープは好んでは食べないが、これなら美味しい。
後味が良い。

画像6       

これが豚さん。
ローストした豚のコクにはトマトか。
リブ肉は脂もあって、良い肉で美味しい。
トマトソースがさわやかだぞ。

画像7       

これは、オキタカベだそうな。
ウメイロのことである。
伊豆七島などでは良く獲れる魚だ。
淡白な白身で、刺身にもなる。
ただ、ソースなどの味で食べたほうが風味があって美味しい。
絶妙のソースだ。
トマトとハーブが絡み合って、素敵なハーモニー。
骨ファンの方には申し訳ないガ、食べた後の残骸は割愛させていただく。

画像8       

ランチなので、一応デザートがつく。
桃のババロア。
桃の餡も美味しい。
僕は、野菜ともに果物は滅多に食べないが、宮古島産完熟アップルマンゴー、木で熟してもいだ佐藤錦、そして、福島産の腐りかけの桃は満腹でも食べる。
何?贅沢?
ミカンはすっぱいし、コタツもないので滅多に食べない。

食べログへ
プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック