FC2ブログ

さつき 石垣島 郷土料理

11PC190015.jpg
やいま家庭料理と称している。
やいまの人たちが普通に食べている料理を出すということだ。
こっちの人は、普通に良いもんを食っているんだなあ…ということだ。
市役所から、離島ターミナル方面に向かった横筋の通りにある。

けっこう探すのに手間取ったが、何とかたどり着いた。
途中、猫とヤモリしかいなかったので、道を尋ねたくても尋ねられなかった。
ここ、地元の人が通う、コストパフォーマンスの高い店らしい。

          
22PC19001635KB.jpg
入ると店は広い。
椅子席とカウンターと宴会用小上りがたくさんある。
カウンターではオッちゃんが話して飲んでいたが、やいま弁なのか理解できなかった。
酔いのせいだけではないようだ。
耳が遠いのかもしれない。
たぶん、ダイビングのせいだ。

       

33C190020.jpg
メニューの表紙。
デザインがちょいと粋だ。
この箸は好きだな。

       

44PC190018.jpg
では、オリオン生。
凍りつくような美味さだ。
凍っているではないか。
沖縄ではオリオンに限る。
横浜で飲んでもそんなではないのは、気の持ち様か。

店は、いつのまにか一杯になっている。
僕らと、隣の中年オヤジと若い美人女性のカップル以外は、どうも、やいま人のようだ。
しかし、隣がどういう関係なのか悩んでしまい、僕たちの会話は上の空だった。

    

55PC190026.jpg
では、刺身から。
左から、きはだ (まぐろ)、コブシメ(でかい甲烏賊)、めばち (まぐろ)、シマダコ(南のほうに棲んでいるタコ)、イラブチャー (アオブダイ)。
合っているかな?
確認をしていないのでかなりいい加減。
味と活きは普通だ。
ただし、アオブダイは身がコリコリしていた。
新鮮。

       

66PC190032.jpg
長命草の豆腐和え。
この草、島ごとで呼び名が違うらしい。
和名は、ボタンボウフウという。
ボタ雪暴風雨と覚えれば忘れないかもしれない。
でも、ボタ雪暴風雨は出てきても、その先の正式名称は出てこないと思う。
僕の記憶術なんてこの程度のもんだ。
漢字は、牡丹防風らしい。

コレ、万病に効き毒消しにもなるという。
ビタミンEなどの抗酸化作用のあるものを多く含み、一株食べると一日長生きするとも言われている。
今更手遅れか。
与那国や波照間じゃ雑草のように生えているらしい。
明日葉みたいなもんだ。
苦いんだよなぁ。

       

77PC190022.jpg
これがメニューの中身。
アカヒトデのような赤いマークがお薦めのようだ。
モズク酢、ジーマミ豆腐、ラフティ、やいま牛のタタキなど…。

    

88PC190036.jpg
じゃ、やいま牛のタタキ。
筋っぽいが、味のある牛だ。
サシのとろける様な脂と旨味があるわけではなし、赤みの良いところのような甘みと柔らかさがあるわけではないが、なんも加えない普通の牛食ってる、っていう感じの味。
シンプルで、けして悪いもんじゃない。

       

99PC190037.jpg
揚げ出しジーマミ豆腐。
ジーマミって、ピーナッツのことなんだが、コクがあって美味い。
でも、揚げ出しにしてもしつこくなく美味しい。
ビールが進むがそろそろ切り替える。

       

1010PC190024-2.jpg
では、飲み物変更。
メニューを。
石垣島は、請福酒造の直火請福・やいま、八重泉酒造の八重泉、高嶺酒造所の於茂登、そして、菊の露…あれ、こりゃ宮古島だ、久米仙もある。

    

1111PC190040.jpg
じゃ、於茂登。
こりゃ美味しい。
香りが良くてまろやかだ。
角がないから、リラックスできる酒だ。
僕もこの酒のようにいつになったら角が取れるのだろうか。

於茂登岳に思いを馳せ、酔いは石垣上空を駆け巡るか。
こちらで言えば、大衆酒場といった感じの店で、気軽に飲むには悪くない。
寿司は未食。


食べログへ
やいま家庭料理 さつき




関連ランキング:沖縄料理 | 石垣市


スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

ガーデンパナ 石垣島

僕は調味料が好きだ。
ビンをズラッと並べておくだけでもいい。
これを見て幸せな気分になるし、酒の肴にもなる。
なるかそんなもん。

かと言って、しょっちゅう料理を作っているわけでもない。
飲んで潜って仕事してじゃ、そんなに体はもたない。



11DSCF1101.jpg
前から、この調味料を愛用している。
チャンプルの素。
無添加で、ハーブとスパイスと塩が入っている。
にんにく・生姜・レモングラス・月桃・島桑・唐辛子・ウコン…。
炒め物などで重宝している。
これ、ガーデンパナという石垣島のメーカーで作っているということは知ってはいた。



22DSCF1045.jpg
車で、石垣島は川平湾に向かって走っていた。
途中、崎枝辺りで、たまたまチラッとみた看板に ”ガーデンパナはこっちですよん” というような文字が見えた。
まさしく、なんと愛用の”チャンプルの素”を作っている会社ではないか。
で、感慨深くて寄ってみた。



33DSCF1048.jpg
門をくぐるとなかなか素敵な前庭だ。
ハーブガーデンはこっち、店はこっち、
という行き先表示がしてある。
あと、歩いているおじさんもいる。
どうもここのご主人らしい。
盗撮をしたわけではなく泥棒でもなく、ご挨拶した後に立ち去る姿である。



44DSCF1051.jpg
で、店の中に。
感じのよい素敵な奥様がいらした。
とても泥棒の奥様とは思えない。
泥棒ではなかった。
ドライフラワーにアイボリーの壁、そして、洒落たライティング。
商品が整然と並んでいる。




55DSCF1047.jpg
奥様に、”チャンプルの素”を愛用していることや、たまたま通りかかってこのお店を見つけたことなどをお話した。
ハーブティーと自家製ハーブを乗せた軽食をいただいた。
美味しい。
これは、バジルソースだ。
朝取りした無農薬のバジルをすぐに加工するという。



66DSCF1046.jpg
たくさん並んでいる。
どれを買っていこうか悩んでしまう。
僕は、仕事での判断はかなり速いが、たいてい誤る。
買い物の判断はかなり遅いが、たいてい変な物を買ってしまう。
どうせなら全部、といきたいところだが、帰りの荷物が重い。
でも、品選びも楽しい。



77DSCF1055.jpg
ここが、自前のハーブ園。
名蔵湾を見下ろす。
バジルは、ここで採れる。
ただ、自社生産で限りがあるので、【プレミアム・限定生産品】とのこと。



88DSCF1056.jpg
こんな素敵な庭がある。
ブランコに乗りたかった。
芝を転げまわりたかった。
でも、本当は座ってビールを飲みたかった。



99DSCF1094.jpg
これをお土産にした。
スイートバジルとタイバジルがブレンドされている。
これに、松の実、くるみ、マカデミアナッツ、胡椒、ニンニクなどがふんだんに入っている。
もったいなくて、まだ食べていない。
絶対、パスタだ。



1010DSCF1097.jpg
こんなのも一品。
これで肉や魚介類を焼いてみたいなあ。
美味いだろうな。





1111PC220423.jpg
では、石垣島に来たのだから、やはり代表的な調味料を。
なかなか小粋な店に仕上がっているが、あの辺銀食堂である。
中途半端な時間にもかかわらず、一階は、満席だった。
さて、お目当てのラー油を買って帰ろう。



画像1212DSCF1083.jpg
石ラー。
濃厚である。
ブームは去ったとはいえ、なんと最近近くの高級スーパーで1,000円もしていた。
暴利。

食べログへ↓
ガーデンパナ




関連ランキング:その他 | 石垣市


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

A&W 石垣島 ハンバーガー

僕は、ほとんどハンバーガーを食べない。
なぜなら、年なのでお肉をあまり食べてはいけないのだ。
それと、学生時代に「マクドナルド」で、一生分ビッグ・マックを食べたからだ。
ほとんど、飯はマックか「吉牛」か「いもや(量か多くて安い天婦羅屋さん)」だった。
今の体形の基礎はこの時代に作ったものだ。

でも、酒はそこそこ飲んでもいいのだ。
なぜなら、ちゃんと痛風の薬を飲んでいるからなのだ。
じゃ肉を食っても平気か。

マックが物珍しかった時代であった。
なにせ、1971年に銀座に第一号店が出来たのである。
万博の翌年だ。
こんな美味いもんがあるのかと、感動したもんだ。


1PC190041.jpg

石垣島で、A&Wに入った。
超久々のハンバーガー。
酔い覚ましに、ルートビアも飲みたかった。
それと、酔っ払った威勢だ。
酔っ払った威勢は、時として人生を誤ることがあるのであまりしない方がいい。
とにかく、ラーメン屋は見つからなかったし、腹が減ったので、入った。
沖縄ソバ屋ならともかく、ラーメン屋なんてあるわけない。


2PC190043.jpg

遅かったので、店内は空いていた。
ちょうど、クリスマスのチキンの予約受付中だった。
これが欲しいといったらクリスマスまで待てとのことだった。
また来るか。

この店、マックやモスに比べると知名度はイマイチ。
今では、日本じゃ沖縄にしかないからであろう。
しかし、どうも横須賀基地の中にはあるらしい。


3PC190045.jpg
で、モッツァバーガー、400円。

ビッガーパティとシャキシャキ野菜にフレッシュトマト2枚!!
特製モッツァソースを通常の3倍!!!
だそうだ。

単語の意味がわからないヨ。


4PC190049.jpg

ガブリっと食らいついた。
美味いぞ。
滅多に食わないが、そんなにハンバーガー嫌いじゃない。

5年ぶりくらいにハンバーガー食べた。

嘘ばっかしであった。
マックのテキサスバーガーを、つい先日酔っ払った威勢で食べたような記憶がある。
また、酔った威勢か。
あっ、ニューヨークバーガーもフロリダバーガーも食べたような…かすかに思い出した。


5PC190054.jpg

おーっ、キャラクター商品もたくさんある。
お土産にTシャツでも買っていこうかと悩んだが、どこで着るんじゃ、と思ってやめた。
まだ、理性があった。

しかし、買わなかったことについて、ずっと後悔していた。
でも、買っていても後悔していただろう。
めんどくさい性格だ。

ルートビア飲むの忘れた。

食べログへ↓

A&W 石垣店ハンバーガー / 石垣市)

夜総合点★★★☆☆ 3.0



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

一力 石垣島 おでん

石垣島の繁華街を散々歩き回って、酒を飲んでいた。
なかなか、面白い街だ。
みんな夜遅いし、僕と趣味が合う。
石垣の人は、翌日ちゃんと仕事をしているのだろうか…。
僕はろくに仕事なんかしていないが心配になる。
人の心配はさておき、翌日もダイビングだということを、ある一点からプツンと完全に忘れてしまうところが僕の良いところでもあり欠点でもある。
で、〆は…、と思っていたら、暖簾があった。

画像1
    

石垣島の繁華街、美崎町の北側の通りを渡った大川の路地を入った左側にある。
なかなか渋い構え。
ピピピッときた。
チビ太に劣らない、おでん好きな僕を呼ぶ。
あいかわらず行き当たりバッタリで知らない店に入ってしまったが、この店、実は「メンガテー」と並ぶ石垣島を代表するおでん屋さんだったのだ。
ビギンがデビュー前に通っていた店でもあるらしい。
  
入ると左がカウンター、右がテーブル席である。
客はみんなカウンターにいたのでテーブル席に荷物を置く。
異質なのが入ってきた、という感じの雰囲気が伝わってきた。
そうだろう。
見たこともない顔なのに、スェットの上下にサンダルと毛糸の帽子だ。
寒かったのだ。
隈取りとサングラスはしてこなかった。

画像2


で、餃子が出てきた。
この餃子、バカ美味。
草がシャリシャリとアクセントになって爽やかでいい。
草は野菜とも言うらしいのだが。
品が良く美味しい餃子なのだ。
ラー油で食べた。
美味いラー油だ。
「ラー油も美味しいですね」
と言ったら、「普通の市販のだ」と言われた。
先に餃子を褒めるべきだった。

画像3
    

カウンターの、僕の左側に座っているIT系と思しき男性は、話し好きでいろいろとこの街の話をしてくれる。
僕の右隣に座っている教員風の女性は、昨年から八重山の舞踊を習っているらしく、その楽しさを語ってくれた。
やはり、その土地の地元で飲む、ってこういうことなんだろうな。
やっと、椅子がお尻に合ってきた。
目の前には宝の山「おでん」だ。

画像4
    

当然注文は好物のソーセージとはんぺん。
そして、まあまあ好物のテビチ。
それまで、散々食べて飲んできたのだが、非常にさっぱりとした出汁でいくらでもまだまだ食える。
テビチは旨味があり、ソーセージは大好物の完全なアメリカンタイプ…ってどんなだ???
高血圧注意報の僕にとって、塩加減はバッチリだし美味しい。
かなりのレベルのおでんだと思う。
ここは通いそうだ。
って、石垣島だった。

画像5    


酒瓶が並ぶ。
最初からここでも良かったかも。
常連さんばかりのようだが、なんか居心地がいい。
相手はそうは思っていないかもしれない。
が、そんな良い店だ。
酔いもかなり回ってきたのでそろそろお開き。

明日は二日酔いと船酔いのダイビングだろうな、と
薄れていく記憶の中でそう思った。
良い子のダイバーは真似をしてはいけません。

食べログへ
プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック