FC2ブログ

ベイスターズ 3タテ おめでとう

11 20170605_174941836

僕は巨人ファンである。
しかし、巨人という球団は親会社も含めて良からぬ球団だ。
年老いた妖怪そのものの独善的オーナー、それに頭が上がらない忖度集団の取り巻き、野球を知らないフロント(やっとGMが鹿取に交代したが。)、能力のない現場監督や指導者、人気と実力が一致しないタレントか何かと勘違いした選手たち。
自称、球界の盟主だの常勝軍団だの紳士タレだの、ホント馬鹿タレかと思う。
選手の内部育成が十分に出来ず金にあかして略奪してきた外様ばかりに頼る盟主、何十年も常勝していない常勝を義務付けられた軍団、賭博常習犯や浮気の慰謝料として暴力団に1億円支払う紳士たち。
良いところがない。
しかし、56年間ファンでもあるし、さらに恥ずかしいことだが政府御用達メディアでもある讀賣新聞を35年間取り続けている。
実に恥ずかしい。
長年連れ添った嫌な婆さんだが、今更別れるにも別れられない、といった関係なのかもしれない。
カミングアウトしてしまった。

で、横浜はJR桜木町駅とMM線の馬車道駅の間くらいにある弁天橋。
そこには、ベイスターズの筒香が仁王立ちしている。
去年、そしてWBCでの活躍は素晴らしかった。
いかに巨人ファンであろうと、相手が敵でも素晴らしい選手は応援したくなるし、素晴らしいプレーには拍手を送りたい。
今シーズンは、ヤクルトの山田とともに未だ不満足な成績ではあるが、これから夏場に向けてガンガン調子を取り戻してほしいと思う。
ヤクルトも、もっと頑張れ。





22 20170603_142310101
最近、ベイスターズとソフトバンクの交流戦などに行ってしまった。
今時流行らない日光浴を兼ねて、ビールを飲みに行っただけだが。
三塁側のダグアウトの上辺りにいたのだが、斜め右後ろに居座っているヤツがベイスターズファンで斜め左後ろに居座っているヤツがソフトバンクファンらしく、勿論こいつらはお互い知り合いでもなさそうだが、昔のビートルズの録音のような唄と演奏の分かれたステレオによる後方からの応援合戦の五月蝿いこと五月蝿いこと。
自軍の攻撃中はズーっと、でかい声で叫びメガフォンをパカパカならしている。
イニング毎交互にやられるので、こっちは休む暇がない。
もう少し野球を静かに集中して観られないのかねえ。
鐘や太鼓で、野球を観に来たのか、ストレスを発散しに来たのか踊りに来たのか唄いに来たのか静かに飲んでゲームに熱中している人の邪魔に来たのか、よく分からない観客よりは多少良いにしても。
そういう意味では大リーグのように、打つまでは、ミットの音とバットの音しか聞こえない試合環境はいいなあとつくづく思う。
せめて内野席くらい、静かに飲みたいではないか。





33 20170605_175119724

弁天橋からみなとみらいを望む。
ベイスターズ、巨人を3タテ、おめでとう。
スポンサーサイト

三線

P1090002.jpg

BIGINという沖縄のバンドがある。
「島唄」って知ってるよ、と言ったら、別のグループの曲だと言われた。
BEGINは「三線の花」という曲を唄っている。
「柔らかな愛しさで この胸を突き破り 咲いたのは三線の花」というかなり大仰で、柔らかいのに突き破るという、よく考えると恐ろしい殺人花のことを唄った歌詞だが、良い唄だ。
Youtubeで聴いていたら、最後の方に、北朝鮮による電波ジャックのような台詞が入っていた。
朝鮮人が声を被せてYoutubeにアップしたのか、と思って他のを聴いてみたら、みんな入っていた。
どうやら琉球の言葉だったみたいだ。
あの国でYoutubeを見ている人がいるかどうかは定かではない。
似ているなと思ったこと自体、自分の至らなさ・無知さをひどく痛感した。
でも、似てるな。

実は、三線を習い始めた。
半年たった。
「三線の花」は練習曲のひとつである。
本当は涙が出るくらい感動的な曲だ。
始めた動機は、

①沖縄が大好き。
僕のブログでもお分かりの通り。
そのわりにはBIGINをよく知らなかったし、琉球言葉を朝鮮語と間違えるし、と言われた。
ネーネーズは知っとるぞ。

②一応ギターが弾ける。
ベンチャーズの下手糞コピーであるが。
しかし、ギターでチョーキングなどに最も使う薬指を、三線では使ってはいけないお約束事があったとは。
僕は、かつて薬指の魔術師と言われていたのだが、スプリットを封印されたヤンキースの田中投手のようなものである。
例えのレベルが違い過ぎた。

③いずれ老人ホーム慰問で、三線を弾きながら「島育ち」や「島のブルース」を唄い、超高齢化社会に貢献し、お年寄りに喜ばれたい。
どちらの曲も、沖縄ではなく奄美大島を唄ったものだったみたいだ。
僕が慰問される日もそんなに遠くはない。

まあ、理由は何であれ、始めちゃったものはしょうがない。
しかし、元々が不器用な上、ギターの癖が抜けきれず、えらく苦労している。
ホントに上手くならんな。
老人ホームデビューはいつの日か。
まあ、なんくるないさぁー。

カフー リゾート フチャク コンド・ホテル 沖縄本島 恩納村

11●PA280280
貧乏なので、沖縄でのダイビングでは安い宿に泊まる。
どうせ、ホテルでの滞在時間は極めて少ないし、寝られて器材が干せてカメラやライトの充電用コンセントがあって、酒が飲めればそれでよろしい。
十分すぎるか。

しかし、つい魔がさすこともある。
なんとリゾートホテルに泊まってしまった。
たまたま期間限定アウトレットツアーを見つけたのだ。
恩納村にあるカフー リゾート フチャク コンド・ホテル。
長くて、未だ、通しでこのホテルの名前を言えない。
言えても、舌か下唇を嚙む。
そこのインフィニティプールから見た夕日。




22●PA280293
だんだん陽の沈むのをプールに浸かりながら見ていた。
実は海の塩を落としていたのだが。
露天風呂で夕陽を見ながら一杯やれたらいいのにと思ったが、こんなところに温泉はない。
か。
横浜は寒くて嫌だな。
安いツアー探して、また沖縄行ってくっか。
巨人がキャンプやってるし。





33●PA280305

プロフィール

chromodoris

Author:chromodoris
ダイビングと海遊び、街歩きとグルメ、自然観察と庭いじり、魚釣りと素人料理、そして映画と音楽の日々。プレ前期高齢者が日々に翻弄されながら、人生の仕舞に向けての彷徨いを綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック